荒廃する三重県の森林・・・解決策は「露天風呂」って、どういうこと?

伊勢の源流にたたずむ三重県・大台町。
野鳥やシカが住む里山、カジカガエルの鳴き声が響く川、ほかでは見られない風景がここにはあります。 しかし今、近代化の流れで若年層はどんどん都市部へ。大台町でも過疎高齢化による森の荒廃が問題となっています。

これを解決すべく立ち上がったのがNPO法人みやがわ森選組(しんせんぐみ)

NPO法人みやがわ森選組(しんせんぐみ)林業、農業を通じて地域の活力向上を目的とした活動をしている。おもに産官学連携事業(大学生の農業インターンシップや林業就業支援、移住支援、森林体験など)や各種体験プログラムなどを実施・運営。

彼らは現在、森の中に露天風呂を作る「森林入浴計画」というプロジェクトを進めています。

森のなかに「露天風呂」
そのメリットって?

onsen

▪️間伐が木々の成長につながる

木々が成長してくると森のなかが混み合います。すると、隣同士で枝葉が重なり合うようになり、それ以上枝葉を広げることが難しくなってしまいます。つまりは、お互いに成長を阻害してしまうのです。

しかし、一部の木々を抜き去ることで、枝葉を広げる空間ができます。すると、残された葉はより多くの光を浴び、健全に成長することができるのです。
間伐は森の再生につながるのです。

▪️満点の星空が広がる露天風呂。ここから広がる森の魅力

さらに、夜になれば空には満点の星が現れます。自然光の下で露天風呂につかるなど、都会では絶対にできませんよね。この貴重な体験を求めて人も集まってくる。
人と森と星をつなぐ場を作ることで、森の魅力が伝播していくのです。

森と水

また、温泉は心を癒してくれたり、疲れを解消してくれたりと、我々人間にとって最高のリフレッシュ方法でもあります。

間伐木

豊かな生命を育み、栄養豊かな水を生み出し、海の生き物さえも育て、人間の生活を支えてくれている森。
そこに人々の憩いの場、露天風呂をつくることは、森の魅力を伝える最良の方法なのです。

現在、NPO法人みやがわ森選組(しんせんぐみ)は露天風呂作りに必要な費用をREADYFORで募集中。森への恩返しの意味を込めて、ぜひ協力してみては?

btn_readyfor_150423

大自然の中で、ハンモックに揺られると気分も癒されますよね。そもそもハンモックとは、寝ている間に動物や害虫に襲われる危険性から身を守るためにネイティブ・アメ...
普通に考えれば、冬に泊まる宿は暖かいほうがイイに決まってます。それでもあえて、極寒体験を売りにしているホテルがこちら。北欧などではよく見かけるアイスホテル...
「星野リゾート 青森屋」は、青森県三沢市の広大な自然の中に位置する宿。素材の味を最大限に引き出した心温まる“おもてなし料理”のほか、四季折々の風情が楽しめ...
夏に非常に暑くなることから、「中国三大ボイラー」とも言われる都市のひとつ、南京。この南京の暑さを有効活用して造られた、2018年に完成するビルは、まるで森...
大人になってから、森林公園に行く機会ってほとんどない。もし、行ったとしても癒しを求めて散歩をしたり、健康を維持するためにランニングしたり、子どもの頃みたい...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
福井県池田町は、かつて林業の町として栄えた町。しかし、今では森林資源の利用が減少の一途をたどっているのだそう。こうした状況の中、木や森の新たな価値を創造す...
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...
もし自分が病気か事故で一度死にかけて、その後「第二の人生」を送れるチャンスを得たとしたら、何をするだろうか。アメリカのカリフォルニア州に、病気で命を落とし...
カフェで美味しいごはんを食べてリラックスした後に、本格的なお風呂でさらに心地よくなれる。しかも、気分によってはそのまま宿泊だってOK。そんな贅沢な体験がで...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。そもそも、安藤百福センターとは...
どこにでも持ち運べるし、4人まで入浴可能。お風呂を持ち運ぶって、できそうでできませんでした。持って行ったってお湯が沸かせないものですから。でも、これなら問...
7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計、しつらえ...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
真冬の海に何時間も浸かり波を待つサーファーたち。いくらウェットスーツの防寒性能が向上しているとはいえ、濡れた体で陸に上がれば、寒さが身にしみます。そんな波...
自宅にいながら世界のどこかを旅したり、物語の主人公になってゲームの中に登場する。現実ではない別の環境を人工的につくり出すその「没入感」において、ヴァーチャ...
スウェーデンが福祉大国で、しかも平等主義であることは知っていました。だとしても、今回の発表には「まさかここまで…」と驚かされたのと同時に、またひとつ、この...
南アルプスのふもとにある、大間ダムによってせき止められてできた人工の湖。ここでは、自然の景色とはひと味ちがった絶景が「夢の吊り橋」から楽しめます。全長90...
盆栽や苔玉など、ひと昔前では「古臭い」「敷居が高い」とされていた緑にポジティブな視線が注がれている昨今。すでに完成したものを購入するのではなく、自分たちで...
北イタリア、ベネト州に暮らすブルーノ・フェリーニさん。彼は発明家であり、自ら「エコパーク」と名付けた、森の中の遊び場をたったひとりで創りあげた人物です。森...