「垂直にそびえ立つ森林」が2018年、南京にも!?

夏に非常に暑くなることから、「中国三大ボイラー」とも言われる都市のひとつ、南京。

この南京の暑さを有効活用して造られた、2018年に完成するビルは、まるで森のよう。

都会にそびえ立つ
森のマンション

C71ed6251deaf8905247e663171627656a739c8a

イタリア人建築士のStefano Boeri氏は、ミラノやスイスに続き、南京にもこの「Vertical Forest(垂直にそびえ立つ森林)」を設計しました。高いほうは約200m、低いほうは約100mの高層ビルで、1,100本の木と2,500本の低木が植えられるそうです。

ビル街に鬱蒼と緑が茂る様子は、まさに都会の森といったところでしょうか。

花や紅葉で
季節に合わせて色を変える建築

3e89f0143b0aeca2906efbec6ccc4fe90aa77fc9

夏は緑に覆われていますが、季節が移ろうにつれて木々の色も変わっていきます。色を塗り直したり、はたまたフルカラーLEDを光らせたりすることなく、自然の力で色を変えていくのです。

気になる建物の中身ですが、大きいほうには美術館やオフィス、学校などが入る予定。対して小さいほうにはハイアットホテルに加え、たくさんのショップやレストランが入るそう。

1日60kgの酸素を放出

182f7357bc42527cd4a7aa2756959b0c4bc0f060

植物は二酸化炭素を吸って酸素を放出しますが、この建物全体から生み出される酸素の量は、1日に約60kgほど。ビルといえば人工的な空間の代名詞のようなものですが、ここなら森林浴もできそうです。天空の城ラピュタを想像した人も多いかもしれませんね。完成は2018年を予定しているそうです。

Licensed material used with permission by Stefano Boeri Architetti
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
伊勢の源流にたたずむ三重県・大台町。野鳥やシカが住む里山、カジカガエルの鳴き声が響く川、ほかでは見られない風景がここにはあります。 しかし今、近代化の流れ...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
身近に自然を感じられる暮らし。そんな理想を叶えるための選択肢として、建物全体が緑に囲まれているというのは嬉しいアイデアですよね。スイスに建設予定の117メ...
皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
中国・南京長江大橋で、一人の女性が橋の上から自殺を試みようとしていた。が、たまたまその場を通りがかったバスの運転手はとっさの判断で緊急停止し救助に向かった...
気軽に行ける旅行先として人気の台湾。はじめてなら台北や台南がベター?と思いきや、じわじわと台中ブームが来ているみたい。都会の雰囲気もありながら古き良き台湾...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
コペンハーゲンを拠点とする建築事務所・EFFEKTが、高さ600mにもなる遊歩道のコンセプトデザインを発表しました。樹木で作られた螺旋階段を登れば、雄大な...
トイレットペーパーの製造には、年間約1,500万本の木が使われているらしい。この数字は、森林伐採理由の約15%を占めるとか。とはいえ、僕たちの生活に欠かせ...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
盆栽や苔玉など、ひと昔前では「古臭い」「敷居が高い」とされていた緑にポジティブな視線が注がれている昨今。すでに完成したものを購入するのではなく、自分たちで...
大人になってから、森林公園に行く機会ってほとんどない。もし、行ったとしても癒しを求めて散歩をしたり、健康を維持するためにランニングしたり、子どもの頃みたい...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
インドネシア・バリ島で、この数年間のあいだに大きな変革が起きていたことを知っていますか?2013年、当時10歳と12歳だった姉妹が始めた「レジ袋ゼロ」運動...
未来の車はきっとこうなるはず!そんなイメージをそのまま具現化した車両の開発が進められています。これまでにも、いくつか飛行できる車のニュースはありましたが、...
現在、世界でもっとも高いビルといえば、ドバイのブルジュ・ハリファ(828m)。この数字だけでも相当なインパクトだというのに、さらに約3倍となる2,400m...