「上海」にめちゃくちゃ行きたくなる3分映像!

『Shanghai Forever』に記録されているのは、街角を曲がり、通りを抜け、扉を開けるたびに写る街と人。観光スポットというより、人々の生活に迫った映像だ。

仕事や家事、リラックスする人々の表情が撮影されており、そこにいるかのような錯覚を覚えるほど生々しい臨場感が感じられる。

最後は、夕日を背にした東方明珠塔で締めくくり。目眩がするようなスピード感で数多くの場面を紹介しているが、日が落ちた後に現れるであろう外灘の夜景は言うまでもないということなのだろう。

対象は、あくまで喧騒と混沌の中にある活気ある暮らしぶりである。匂いまで漂ってきそうな作品を見て、現地を訪れたくなった人も少なくないようだ。

Licensed material used with permission by JT Singh
デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
「Shanghaiist」の記事によれば、中国の上海で「高齢の両親を訪問しないと、クレジットカードのスコアに傷がつく」という、仰天法案が2016年5月1日...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
ここは、中国最大のカンフーアカデミー「Shaolin Temple Kung Fu Academy」。動画は、そこで修行を積んでいる36,000人の子ども...
大都市を結ぶ鉄道網の整備が急ピッチで進む中国。その作業現場の風景を収めた、貴重な動画を紹介します。舞台は、鉄道橋の架設工事現場。人手をかけて作業にあたると...
世界中を旅するクリエイターOliver Astrologo氏。これまでに数多くの国を訪れた彼が特別な感情を抱く街──、それがローマなのだとか。ここで紹介す...
ひとくちに「本屋さん」と言っても、いろいろあります。セレクトが魅力的な小さな書店に、品揃え豊富な大型店舗、なかにはお酒が飲めたり、泊まれたりする場所もあっ...
「雄大な自然を目の前にすると、自分の悩みがちっぽけに感じる」なんて常套句があります。とはいえ、正直に告白すると、そんな経験は今までにありません。もしかした...
「今まで行った街の中で、どこがいちばん良かったですか?」「どの国がいちばん好きですか?」街であればベネチアやポルト(ポルトガル)と答えるかもしれないし、も...
海外での抹茶ブームはすっかり定着し、「Matcha」という言葉で親しまれていることは、ご存知の方も多いでしょう。しかしよくよく見てみると、海外の抹茶ラバー...
中国四川省の奥地に、透き通った水が流れる美しい渓谷があります。ユネスコ世界遺産に登録されている九寨溝(きゅうさいこう)。透明度120%コバルトブルーの湖面...
日本の自然をテーマにした動画はよく見かけますが、山陰地方にフォーカスしたものは少ないように感じます。これは「山陰地方の自然と文化の魅力」が、これでもかって...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
関根光才/Kosai Sekine映像作家。CM、ミュージックビデオ、映画などをベースとした映像の演出を手がけ、日本人監督らしからぬインターナショナルなレ...
これは約1,650kmにおよぶ、ベトナム横断の旅の記録。クリエイターOliver Astrologo氏が、ハノイやホイアン、ダナン、フエ、ハロン湾、チャン...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...