12日間バナナだけを食べた女性。「4つの変化」に、アナタもチャレンジしたくなる!?

栄養カウンセラーでローフーディストのYulia Tarbath氏が、“バナナ島”から12日ぶりに生還し、その体験を語った動画が注目を集めています。12日間、彼女が口にしたのはバナナのみ…。

スクリーンショット 2015-07-18 17.05.50

まず、最初に断っておくと“バナナ島”という表現は、「バナナがたわわになった島」を意味するのではなく、バナナしか食べずに数日間(3週間以内)過ごすことを、指す表現。まるで、その食材しかない孤島に自分が置かれたような環境を形容して、こうした言い回しをアメリカではするんだそう。もちろん、単一の食材であればどんなものでも可能。例えば、リンゴ、マンゴー、ブドウ、柿など、あらゆる“フルーツ島”が存在する訳です。

栄養価が高く、エネルギー効率も抜群。さらにはコストパフォーマンスが良さなどの費用対効果を総合的に考え、Tarbath氏はバナナを選んだそう。もちろん、腹持ちの良さもあったはず。

スクリーンショット 2015-07-18 17.06.30

さて、ルールは単純。一日に身体が必要としているエネルギーをしっかり摂れていることを確認しながら、食べたい分だけ熟したバナナだけを食していくというもの。
このバナナ島チャレンジで大切なのは、普段通りの量と、カロリーをきちんと食べることだと、Tarbath氏は強調します。ダイエット目的で、食べる量を少なくしようなんていうのはダメだそう。それから、必ず十分な水分を摂ること。普段の食生活よりも多めに水を飲むことが肝心のようです。毎日運動をして、しっかりと睡眠をとることも重要。きっちり休息することで、デトックス効果が表れてくるからなんだとか。

スクリーンショット 2015-07-18 17.08.02

さて、気になる12日後の結果やいかに。ここからは、彼女が実感した効果をリストにまとめて紹介します。

01.
消化器官が飛躍的に改善!

もともと、高血糖やホルモンバランスの不均衡に悩んでいたというTarbath氏。バナナだけの生活を続けたことで、消化器官が機能が改善していくことを実感できたんだそう。
Tarbath氏が言うには、普段、お肉や野菜、パスタなど、様々なものをいっぺんに消化することに比べて、バナナのみの生活は、消化器官も省エネで済むからだそう。つまり、消化にかかるエネルギーを抑え、その分、消化後ゆっくり時間をかけて栄養素を身体全体に浸透させていくことができる、という訳。

02.
ストレスから解放され
心が穏やかになった

スクリーンショット 2015-07-18 17.06.10

もうひとつは、仕事や日常のストレスから完全に解放され、精神的に安定したこと。このバナナ生活を始めてみて、ストレスがどこからやってくるかも分からなくなるほど、心のモヤモヤがなくなって、穏やかな気持ちで満たされたそう。自分のことを深く理解するチャンスが得られ、結果的に他人にも優しくすることができたと、周りの世界が開けて見えた経験を語ります。

03.
つやつや肌を手に入れた!

美容液や保湿クリームを使っていないにもかかわらず、お肌がつやつや輝くようになったんだそう。ただ、バナナを食べ続けているだけなのに…これには、Tarbath氏も嬉しい驚きで頬が崩れます。

04.
運動能力が向上
自己ベスト更新!

スクリーンショット 2015-07-19 10.57.00

彼女の趣味のひとつが、エクササイズの一環として取り入れているトライアスロン。ここでもバナナ効果が発揮されました。たった1日で自転車80km、ラン30kmという過酷なチャレンジで、自己記録を更新。バナナのエネルギーが、彼女の潜在的なパワーを引き出したのかもしれません。

さて、「もうバナナは見たくもない!」と、正直な気持ちを吐露するTarbath氏。それでも今回のチャレンジを通してバナナのみで生活した12日間の充実ぶりを動画内でも振り返っています。
ダイエット目的というよりは、肉体と精神のデトックス効果を期待してのチャレンジと言えそうですね。

この12日間のバナナ生活を始める前から、持病のように悩まされていたホルモンバランスの不均衡が改善し、身体の不調がなくなったそう。
こちらはバナナによる影響かどうかは定かでありませんが、不妊も改善、チャレンジの後すぐに、こどもを授かることができたと、自身のブログで喜びを伝えています。

Licensed material used with permission by Yulia Tarbath, Raw Food Lifestyle Coach
www.rawsomehealthy.com

フルーツ専門店や輸入食材を多く扱うスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがありますよね。品種改良によって...
「バナナアートに専念するため、今月初めに仕事を辞めたんだ」と教えてくれたのは、バナナを見たことがないアート作品に変えてしまう、デザイナーStephan B...
日本では、甘いフルーツという認識のバナナ。ケーキやお菓子に使われることはあっても、おかずとして料理に使われることはほとんどなし。でも、南米やアフリカでは主...
歯医者に行かなくても歯を白くできる。そんな裏ワザが「PureWow」に掲載されて話題です。しかも、使うのはバナナだけ。おやつに食べるついでと言ってはなんで...
子どものころ、バナナを耳にあてて「もしもし?」と遊んだことはありませんか?その遊び心を、もう一度味わえるバナナフォンが実現しました。もちろん、ちゃんと“使...
「Go Local(地産でいこう!)」が早くから生活の中に浸透しているハワイで、2014年のオープン以来、大注目を集めている新感覚デザートがあります。メイ...
突然ですが、バナナを食べ終わった後の“皮”をどうしてますか?もし捨てているというなら、もったいない!「I Heart Intelligence」では、バナ...
「The Community Against Preventable Injuries」は、事故や事件、怪我を未然に防ぐために、時にユニークな方法で注意を...
インドネシアの島々で、小腹を空かさせて屋台街をふらついていると、決まって行き着いてしまうのがこの「ピサンゴレン」の前。うず高く山のように積まれ、芳ばしい香...
ニューオリンズの老舗レストラン「Brenann's」が発祥とされる、全米で永きにわたって愛されているスイーツがあります。それが「バナナ・フォスター」、今じ...
さすがは自由の国アメリカ、としか言いようがない!だって、ささっと落書き……いえ、イラストを描いただけのバナナが、9.99ドル(約1,071円)で飛ぶように...
一年中半袖で過ごすことができるタイですが、温かくして食べるデザートが意外に多いんですよね。ここに紹介する「グルアイ・ボッチ」もあつあつのタイ風ぜんざい。調...
ミクロネシアの島々では、バナナの木、またはその繊維を使用して生活に必要な物資を作ってきた。その技術を応用してできたのが、「Kosrae」と名付けられた財布...
「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを幸...
人体には、想像できないようなとてつもないミラクルが詰まっているようです。ここでは、「I Heart Intelligence」の記事から、人間のカラダにま...
豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
 「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを...
世界トップクラスの女性ビジネスパーソン12人に共通している習慣があると「Forbes」で話題だ。第1線で活躍している起業家、デザイナー、ドクター、ジャーナ...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...