フェスの雰囲気が家でも楽しめる!ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015に参加してわかった、イマドキの音楽の楽しみ方って?

音楽の楽しみ方って、ずいぶん変わったと思いませんか? CDが生まれたのは、今から33年前の1982年。CDプレイヤーやコンポにディスクを入れて家で楽しむのが当たり前でしたが、今は音楽をデータで持ち運ぶ時代。定額制の音楽配信サービスも人気です。
とはいえ、いつの時代も“いい音”を楽しみたいという需要はなくならないもの。「じゃあ、本当にいい音ってどんなもの?」
その答えはフェスにありました。

フェス人気が顕著に!
音楽は“体験する”ものに

音楽がデータになった今、CDが売れなくなって音楽業界は縮小しているように感じますが、一方でリアルサウンドを楽しむフェスをはじめとするライブイベントは絶好調です。
これって、音楽の楽しみ方が内から外に向かっているということかも? 

というわけで、『本当にいい音はなにか』を求め、人気の夏フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」に参加してみることにしました。

リスナーは、もっと
「いい音で聴きたい」
と感じている

年々来場者を増やしている「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」。参加当日の来場者はなんと6万人超。音楽を楽しむためにこれだけの人が集まるなんて!しかも4日間の内、たった1日でこの人数なんです。
彼らに「なぜフェスに参加するのか?」と直球の質問をぶつけてみたところ、返ってきたのは…

「ライブでしか味わえない、
リアルな音を楽しみたい!」

という熱い思い。やはり生音は究極の音楽! 耳だけでなく、音楽をカラダで感じることができるのが、フェスの魅力のようです。

ロックインジャパンフェス2015

同じ音楽を愛する人たちと一緒に楽しむフェスや、気のおけない友人と過ごすときに聴く音楽など、さまざまなつながりが生まれることで、音楽はより楽しくなっていく。
わざわざ遠いところからフェスに参加する人たちは、音楽の楽しみをいろんな人たちと共有するために足を運んでいるんですね。

でも、フェスに行くことでしか「本当にいい音」を楽しむことはできないのでしょうか?

「本当にいい音」を追求するBOSEブース
小さなスピーカーで、
ミニフェスが楽しめた!

ロックインジャパンフェス2015「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」をサポートしているのは、「本当にいい音」を追求する音響メーカーのBOSE。
会場で展開されていたブースでは、フェスでリアルな音楽を楽しんでいる人たちに、日常でもその醍醐味を味わってもらうため、どこでもフェス気分が味わえるミニスピーカーを試聴することができました。

ロックインジャパンフェス2015

小さいボディなのに驚くほどのパフォーマンスを発揮するこのミニスピーカー。置いたところが小さなフェス会場になるとは、ブースでの体験者たちの声。

これさえあれば、日常の音楽ライフにフェスの楽しさを混ぜることができるのかもしれませんね!

参考:Bose社の製品ページはコチラ!

音楽をもっと楽しく、身近に!
「どこでもフェス」が
これからのキーワード

ロックインジャパンフェス2015 音楽の楽しみ方は変わっても、「本当にいい音」を聴きたいという気持ちは変わることがありません。レコードがテープになり、CDになり、データになり、次は何になるのかわかりませんが、きっと今よりもっといい音を求めていくのでしょう。

フェスで体験する音楽が至上のものだとしても、音楽は特別なものではなく、私たちの生活に欠かせない身近なものです。だからこそ、日常的にいい音を楽しみたいですよね。フェスを日常でも体験したいなら、これからの音楽の楽しみ方は「どこでもフェス」がキーワードになるのかも!?

Sponsored by Bose 

「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...
夏はもうすぐそこまで来ているし、野外フェスのシーズンはもう始まっている。ライターのChris Riotta氏は「ELITE DAILY」で、音楽フェスが人...
とても不思議で、とても自由なフェスだった。フェスなのに、中心がない。ステージもなければ、売店もない。木で組まれた大きな不死鳥がシンボルのように浜辺に立って...
音楽フェスの楽しみ方は人それぞれ。超ノリノリではしゃぐのも良いし、静かに音楽を楽しむのも良い。今回紹介する男性の場合は、こうだ。  頭を振りすぎて脳震盪を...
子役から長年俳優として活躍してきた小橋賢児さん。現在、国内最大級のダンスミュージックフェス「ULTRA JAPAN」のクリエイティブ・ディレクターを務める...
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上...
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
2014年の初上陸以降、日本中のダンスミュージックファンを熱狂の渦に巻き込んできた「ULTRA JAPAN」が2016年の開催を決定!12月20日(日)1...
2015/09/19(土)〜09/21(月)の3日間、お台場で開催される「ULTRA JAPAN」。盛り上がること間違いなし!な、このイベントですが、ただ...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
場所はグアテマラ。世界一美しい湖と呼ばれ、その湖底にはマヤ文明の古代都市が沈んでいるとも言われるとんでもないロケーションにて開催されるのが、年末年始4日間...
来る8月17日からアメリカはオレゴン州にて「Oregon Eclipse 2017」が開催。これはオレゴンの大自然の中、音楽やアートに囲まれて1週間にわた...
10月22日(日)から、東京・渋谷で実に1ヵ月にわたって「RED BULL MUSIC FESTIVAL 2017」が開催される。まだその全貌は明らかにさ...
この「宙フェス」を簡単に説明すると、星空の楽しみ方を一堂に集めた野外イベントで、2014年から開催。アートやサイエンスはもちろん、宇宙にまつわる雑貨を揃え...
もしも、無人島でシネマフェスが開催されるとしたら…。極上の自然に飛び込んで、その夜は映画に酔いしれる。じつはそんな体験をカタチにした「MUJINTO ci...
今年で3年目を迎える「コロナ サンセットフェスティバル」。波音と音楽と極上のサンセット、さらにはおなじみコロナビールで楽しむ大人のビーチフェス(20歳以下...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
静岡の西伊豆の離島で開催される「MUJINTO cinema CAMP」は、無人島でキャンプをしながら映画を楽しむフェス。その最大の特徴は、参加者も含めて...
本日、2015年2月22日でTABI LABOは1周年を迎えました。昨夜は、前夜祭としてパーティーを開催!本当にたくさんの方に祝っていただきました!ありが...