誰でもできる!スマホで「3Dホログラム」を表示する方法が、楽しそう

テクノロジー系の裏技を紹介する人気YouTubeチャンネル「Mrwhosetheboss」から、簡単ながらも、驚きのテクニックを紹介しましょう。

まずは、以下の5つの動画をチェック!

01.
クラゲ

02.
蝶々

03.
リング

04.
花火

05.
お化け?

 

見てわかるとおり、これらはすべてスマホの画面に表示された映像を立体にしたもの。やってみたくなったでしょう?

必要なものは、それほど多くありません。

01.方眼紙02.CDケース03.テープ/(グルーでも可)04.ペン05.ハサミ06.スマホ07.ナイフ/(カッターでも可)

まず最初に、方眼紙に図形を描いて切り取り、台形の型紙をつくります。
寸法は上底1cm×高さ6cm×下底が3.5cm。

次にCDケースの面の端を折って、小さなプラスチックプレートにします。

 

作った台形の型紙に合わせて、プラスチックケースをカット。

 

切り取った4枚のプレートをテープなどで接着し、ピラミッドのような立方体を作ります。

 

あとはテープで固定して、スマホにのせるだけ!
明かりを消したら…。

 

もちろんこれには、3Dホログラム用につくられた特殊な映像が必要になりますが、YouTubeで「Pyramid Hologram Screen Up」と検索すると、たくさん出てくるのでご安心を。友達をアッと言わせるために、こっそり試してみてはいかが?

Licensed material used with permission by MrWhoseTheBoss

17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
マイクロソフト社の開発チーム「Interactive 3D technologies(I3D)」が発表した「ホロポーテーション」は、ホログラムをリアルタイ...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
大人気のラテアートですが、もう「描く」のは古いのでしょうか。もはや、彫刻とも言えるほど進化した3Dラテアートを紹介しましょう。きゃー可愛い!チョコレートソ...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
「触れられる、タッチできる、3D映像を日本人がつくりだした!」というニュースが、今海外でとても話題になっています。下の動画を見るとわかりますが、空中に映し...
いったい、この現象を誰が説明できるだろうか?スマホの着信音が鳴った瞬間、それまで縦横無尽にせわしなく動いていたアリたちが、一糸乱れぬ動きでスマホの周りを回...
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
たった1日。スマホを触らずにいるとどうなるのか。ライターのBlair Thillが具体的に自身の体験を記録しました。内容は、電池切れになったときに起きるよ...
トルコのグラフィックデザイナー「Tolga Girgin」さんが描く文字は、なんと紙からジャンプして飛び出てきそうな3Dカリグラフィー!影の印象を上手く利...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...
もしも、スマホを盗まれてしまったら?画像や個人情報を見られてしまうなど、様々なリスクが予想されます。オランダに住む映画学校の学生、Anthonyさんも過去...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...