ドレスコードは白!秘密のディナー・パーティー「ディネ・アン・ブラン」が今秋、日本初開催決定

世界最大規模のシークレット・ディナーパーティーをご存知ですか?参加者全員が真っ白な装いで、公共のど真ん中で楽しむフランス発の大人のパーティー。「ディネ・アン・ブラン」がついに、東京にやってきます。日時は10月3日(土)ただし、会場は…不明!?謎だらけの“秘密の夜”の全容をご紹介!

15081408

ドレスコードは「白」。上下白の洋服と言うだけでなく、靴もカバンも身につけるもの全て白で統一。さらには椅子、テーブル、カトラリーまで、とにかく全部が白づくし。これが「ディネ・アン・ブラン」第1のルール。

さらに、このユニークなパーティーの特徴がこちら。テーブルセッティングをはじめ、食事も飲み物も、基本的には参加者自らが全部用意するというもの。さすがに、料理までは真っ白の必要はないようですが。ちなみにドリンクは、ワイン、スパークリングワイン、日本酒(世界初!)、お水の4種類のみ許可されています。これが第2のルール。
※日本では一部、食事・飲み物のケータリングや、テーブル・椅子のレンタルもあります。

そして、3つめのルールはパーティーが行われる当日ギリギリまで、開催場所が秘密にされていること。唯一、伝えられる情報は「公共の場所」ということのみ。参加者たちは、当日指定された場所に集合し、そこから会場に向かうそうです。
これぞ、完全シークレットパーティーたるゆえん。つまり、現時点ではまだ「会場はココ!」と、誰も知らないという訳。

 dinerenblanctokyo150814-02

Diner en Blanc 2013 Paris photo Anastasia Rufin_MG_9156 のコピー

さて、公共の場とひとくちに言っても、これまで実際に開催された会場を聞けば、誰もが頭にイメージできるような、名だたるスポットばかり。
例えば、発祥の地パリでは、エッフェル塔の前広場や、ノートルダム大聖堂前が白一色に染まりました。シンガポールはセントーサ島で。先月7月末に開催されたNYでは、ウェイティングリストに35,000人以上が応募。選ばれた幸運な人々がハドソン川沿いの公園を占拠しました。

もともと、このパーティーは1988年、フランス人男性フランソワ・パスキエさんの個人的なディナーパーティーから始まったそうです。
長らくパリを離れていたパスキエさんは、友人たちとの再会の場にパリ郊外の「ブーローニュの森」を選びました。あまりにも久しぶりなため、お互いを識別しやすいように、全身白のコーディネートを約束。この、数人で始まったドレスコード「白」のエレガントなパーティーが口コミで広がり、パリの人々に浸透していったようです。現在では、毎夏およそ15,000人が参加する一大イベントに。

Diner en Blanc 2014 Chicago photo Ronald Leon Hale HD04 のコピー

Diner en Blanc 2014 New York photo Eric Vitale Photography HD 111 のコピー

そうそう、最後にもうひとつ「ディネ・アン・ブラン」独特のルールがあります。イベント終了後は、参加者みんなで後片付け。ゴミはしっかり持ち帰り、会場を元の状態に戻すこと。ドンチャン騒ぎのパーティーではありません、こちらは品位とマナーを重んじる、大人のためのディナー・パーティーですから。

是非参加したい!という方は、オフィシャルサイトから。ウェイティングリストに登録をして、あとは幸運の招待状が届くの祈ろう!

「ディネ・アン・ブラン東京」
公式ページ:tokyo.dinerenblanc.info
Facebook:Diner En Blanc - Tokyo
Twitter:DinerenblancTYO

Licensed material used with permission by Diner en Blanc

いよいよ、世界最大のシークレット・ディナーパーティー「ディネ・アン・ブラン」の日本初開催が20日後に迫りました!みなさん、真っ白のドレスの用意は大丈夫です...
ドレスコードは「ツイード」。まるで、1920〜30年代のイギリスにタイムスリップしたような錯覚におちいる自転車イベントが、2009年より毎年ロンドンで開催...
自宅のクローゼットの中を思い出してみる。1枚、2枚、3枚……プリントTも合わせると、ちゃんと使えるレベルのものが計9枚あった。すでに一週間まるまる過ごせる...
まだライターとして駆け出しのころ、毎日決まって白シャツを着る編集者に鍛えられた。怒鳴られるたびに視線が下へ下へと降りていくぼくは、いつからかその編集者の日...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
「はじめて夢中になったオモチャが、LEGO®でした」。自分自身がそうだったという人もいれば、子供や兄弟、甥っ子や姪っ子が、時が経つのも忘れるほど遊んでいた...
米国版『GQ』において「2010年のベストバーガーオブザイヤー」に、また『TIME』では「史上もっとも影響力のある17のバーガー」に選出。ア...
『スパイダーマン』『アイアンマン』『キャプテンアメリカ』…。いくつになっても気になってしまう、マーベル映画。そんな、いつ何時でもワクワク心をくすぐってくれ...
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
そうそう、こうやって食卓には色鮮やかな赤ワインを用意して、と思ったら…。え、ワインじゃないの!?これは、紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」と呼ば...
歯垢を除去。歯周病予防。息さわやか、などなど──。歯磨き粉においてそんな特徴は、もはや当たり前。じゃあ一体、何で差をつけるべき?そんな問いに対するイタリア...
日本に上陸するやいなや、瞬く間に圧倒的な地位を築いた「ICE MONSTER(アイスモンスター)」。新食感のかき氷を求める長蛇の列は、オープンから1年が経...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
「まっしろ」にこだわるのもいいけれど、今こんなアレンジが流行っているみたい。ね、かわいいでしょう。しかも、どうしても地面に擦れることでついてしまう汚れを目...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
フランス人なら、誰もが一度は口にしたことがあるシューケット。シュー生地にパールシュガーが散りばめられた小さな焼き菓子は、大人から子どもまで大人気。フランス...
オーストラリア・シドニー発祥のパイ専門店「パイフェイス」が日本に初上陸し、話題沸騰中。この可愛い顔した“ニクい”ヤツ、決して侮ることなかれ。全16種類!日...
「クロナッツ」、「フローズンスモア」、「クレームデュラコーン」、これまで数多くのメディアがどれだけドミニクアンセルベーカリーを紹介しても、ユニークすぎるお...
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...
これをどう体験するか(味わうか)は人それぞれですが、思索にふける夜のお供にもってこい、なんて気がしてしまいます。あえて言うなら“哲学の飴”。「車いすの物理...