なでしこ澤穂希選手が結婚!過去には「恋人よりサッカー」だったことも

昨日2015年8月11日、日本女子サッカーの第一人者、澤穂希選手が30代の一般男性との結婚を発表。所属するINAC神戸の公式HPには、入籍報告の直筆メッセージが掲載されている。

「いつもお世話になっている皆様へ    突然ではありますが…この度、私、澤穂希は、2015年8月8日に30代の一般男性と入籍した事をご報告させていただきます。 彼とは10年来の友人であり、昨年末からお付き合いをさせていただき、今年に入り結婚を意識するようになりました。    私の良き理解者であり、何事にも一生懸命に全力で取り組む彼の責任感の強さに惹かれました。    お相手は一般の方なので、顔写真や名前の公表は控えさせていただきますことを何卒ご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。    これからもお互いを思いやり、支え合いながら二人で明るい家庭を築いていきたいと思います。今後ともよろしくお願い致します」

同選手が日本女子サッカー界にもたらした偉大な功績は、いまさら振り返るまでもないはずだ。今回は、「ピッチ外の澤穂希」に焦点を当てたい。

彼女が他の女子アスリートと違うのは、恋愛を比較的オープンにしていることだろう。思い返すと、米プロリーグに挑戦中の2001年には、年上のアメリカ人男性との恋の噂が世間を賑わせた。

報道によると、その彼とは結婚を前提に付き合っていたようだ。同棲もしていたというから、本当に結婚は間近だったのかもしれない。

しかし、世間にその事実が知られた後でも恋愛に対してオープンであり続けた彼女。その姿勢は、女子アスリートにおいては少々特異なものに見えた。

その後、所属していたアトランタ・ビートが経営難による活動休止を発表すると、彼女は「結婚」と「サッカー」の狭間で揺れ動いた末に日本に帰国。サッカーを辞めて彼と結婚しようと考えていた時、相手にこう言われたそうだ。

「サッカーをやめたら後悔するだろ?専業主婦は似合わないし、サッカーを続けてほしい」

きっと、普通のアスリートならここで現役を引退していてもおかしくなかったはず。なぜなら、現在では「なでしこ」が一つのムーブメントになってはいるが、当時の日本女子サッカーの存在感はあまりにも希薄なものだったから。

しかし、一人の女性としての幸せを捨てサッカーを選んだ彼女。結果論かもしれないが、その選択が後に日本中に勇気と感動を届けるゴールを生み出すことになった…とは言い過ぎだろうか。

それほどまでにサッカーを愛し、サッカーに生きた彼女がついに結婚を決めた。これは、サッカー選手である前に、一人の女性である彼女が次のステージへ上がる決断をしたことの表れなのかもしれない。

Reference:INAC神戸 レオネッサ

2015年12月16日(水)、今シーズン限りでの現役引退を表明したINAC神戸レオネッサ所属の澤穂希。翌日に行われた会見には、女子サッカー界を牽引してきた...
スポーツをすると、カラダがスッキリとして気持ちも爽快になるものです。もしそんな気持ちを、恋人同士で共有することができたら素敵じゃないですか?「Elite ...
「普通のサッカーなんて退屈だ」そんな強気な発言とともに、まったく新しいスポーツを開発してしまった男たちがオーストリアにいる。競技の名は「アルパインサッカー...
ポルトガル、ウェールズ、ドイツ、フランスとベスト4が出揃い、ますます目が離せなくなってきた「UEFA EURO 2016」。連日寝不足気味で出勤している、...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
とあるサッカークラブが発表した両親へのメッセージが、全米で大きな反響を呼んでいます。本人たち以上に親が熱を上げ、過剰な期待が子どもたちへのプレッシャーに…...
元サッカー部、もしくは今もサッカーを続けている男性とお付き合いをしている女性に質問です。彼はどのポジションですか?「Elite Daily」によると、サッ...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
結婚を決意するのってどんな時?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。映画のストーリーや両親の経験談だろうか。たとえば、こんな話を聞いたことがある...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
4年に一度開催される、サッカーの祭典。各大陸予選を勝ち抜いた32ヵ国が世界一の座をかけて争う云々かんぬん……とわざわざ書かなくとも、ワールドカップについて...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...
彼氏のことが大好きで、今すぐにでも結婚したいけれど、彼氏からは何もアプローチがないと悩んでいる女性は、少なからずいます。彼氏にとって理想の女性になるにはど...
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
「早く結婚したい」と思っているけど、なかなか良い男性に振り向いてもらえない…という女性のみなさん。男性陣の赤裸々な告白が良いヒントになるかもしれません。「...
付き合って9年目。そろそろ結婚も視野にいれはじめていて、相手にその気があるか確かめたい。でも、どうしたらいいか分からない…。と、困っているあなたにご紹介し...
現地時間9月11日、オランダ・ロッテルダム。この日行われたフェイエノールト対デンハーグの一戦には、上位対決という意味合いの他にもう一つの注目ポイントがあっ...
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
近年の日本は、晩婚化が進んでいるといわれています。女性の社会進出はもちろん、結婚するよりも独身の方が、生活がラクに感じる。という人も多いはず。それでも、や...