日本で一番ぐっすり眠れる「真っ黒な飛行機」とは?

日本で一番ぐっすり眠れる飛行機。もちろん国内線なので、せいぜい2時間弱のフライト。でも、その飛行時間を最高に贅沢な“ウトウト”気分にさせてくれるのが、ここで紹介する航空会社。しかも、エコノミークラスのハナシです。

その正体とは、エグゼグティブなビジネスマンに圧倒的な支持を受ける航空会社スターフライヤー。この感動を、彼らだけのものにしておくのはもったいない!自分好みのホテルを選ぶように、飛行機にもこだわれば、旅はさらにワンランク上に。
恋人同士はもちろん、家族旅行にもオススメしたい。この特別感、使わない手はない!?

01.
寝心地に自信があるから?
始発はナント、朝5時30分!

150824_star_09

いくらなんでもちょっと早過ぎ?と、思うでしょうが、機内環境に絶対的な自信があるからこその、この時間(北九州→羽田便の場合)。出張慣れしたビジネスマンは機内での〜んびり過ごして、いざ目的地に着いたらスイッチオン!加えて、早朝便に乗るメリットって、ビジネスマンだけのものじゃありません。旅先で朝早くから動けるので、旅行者にとってもこれっていいことなんです。
さらに、羽田発→北九州行なら、最終便が22時55分。これなら、時間ギリギリまで東京を観光できるし、仕事終わりの一杯だって楽しめますよ。

02.
黒いのは機体だけじゃない!
機内だって、ラグジュアリーな
モノトーンで統一

スターフライヤーがエグゼグティブなビジネスマンに支持されているーーその理由は色々ありますが、最もわかりやすいのはコレ。ブラックを基調としたラグジュアリーな機内です。
「それって、雰囲気だけでしょ?」と思ったアナタはちと早計。ホテルのラウンジを彷彿とさせる空間は、最高にムーディー。当然、カップルの旅行にもマッチするし、家族で搭乗してもリッチな感じがアリアリ。それに、なにも色だけじゃないんですよ、高級感は!

03.
シートは革張り
まるで高級車のような座り心地

150824_star_10

エコノミークラスの座席って、なんだか背中の辺りがかたくて落ち着かない…なんて経験ありませんか?その点、スターフライヤーは全席革張りシートを採用。まるで、プライベートオフィスのような安定感、高級車のような体を包み込むような座り心地が◎。さらに、可動式のヘッドレストが、首の後ろを支えてくれるから、ほとんど疲れ知らず!?

04.
体格がどっしりしている人も
これなら窮屈にならない

150824_star_03

他社の同機が最大180席のところ、スターフライヤーは150席に設定。という、太っ腹っぷり。飛行機に乗るときのマイナスポイントって、座席が窮屈でつらいってこと・・・。だと思いますが、これなら、大人の男性だって余裕で足を伸ばせます。
なぜこんなに気が利くのかというと、顧客アンケートをもとに、あえて座席数を減らし、シートピッチ(座席間隔)を広げたから。
「座席が窮屈」という回答が圧倒的で、その声を元に設計したというわけです。くつろぎ感を優先したので、ついつい深い眠りにつけそう。さらに、足元にはフットレストまで付いていて◎

05.
国内線のエコノミー
クラスでは珍しい!?
タッチパネル式液晶モニター

150824_star_04

機内エンターテインメントにも注目!国内線のエコノミークラスでは珍しい、全席にタッチパネル式の液晶モニターを搭載。ハードだけでなく、ソフトだって充実しています。オーディオ、ビデオで合計20チャンネルあるから、退屈知らず。ビデオチャンネルなら、グルメ、お笑い、アニメもあって、大人も子どもも笑顔になれちゃいます。
快適なシートでぐっすり眠るか、音楽や映像を楽しむか。それは、アナタ次第!

06.
仕事や旅の準備もバッチリ

USBポート、AC電源を完備

150824_star_06

さらに、USBポートとAC電源まで!実はこれってあるとうれしい設備。新幹線であれば窓際席のみだったり、ファーストクラスでも付いてなかったり…。
スターフライヤーなら、USBポートとAC電源を完備(一部を除く)。と、準備がいい。だから、スマホの電池がもう残りわずか、うっかりパソコンの充電をし忘れたってときでも、焦ることはありません。そうそう、旅行先なら、デジカメの充電にも使えますよ。

07.
到着後もジャケットは
パリッ!

150824_star_11

飛行機って上着をかけておく場所がないから、不便だな〜と思った経験、一度はあるはず。スターフライヤーの各座席には、コートフックを完備。これなら、出張や冠婚葬祭なんかのときでも上着がシワにならないし、しかも脱いでからゆっくりくつろげます。それに、機内が冷えて何か羽織りたいってときに、一枚かけておくにも便利です。

08.
眠るなんてもったいない
そんな人には
スペシャルな
コーヒーを

150824_star_07

飛行機のコーヒーって、ホッと一息つけるもの。でも正直なところ、味には期待できないよね…というアナタ。スターフライヤーはちょいと違います。
提供するのは、あの「タリーズコーヒー」が手掛けたオリジナルブレンド。気圧が変化する上空でもコーヒーが渋くならないよう、ちゃんと考えられているんです。おいしさはもちろんのこと、さらに、カップのサイズにまで秘密が。「温かいうちに飲みきってもらいたい」と、5オンスと少し小さめ。しかも、チョコレートまで付いてきます。さすが、サービスがきめ細かいですね〜。

09.
6年連続で
顧客満足度No.1

“新興エアライン”って、料金が安い分、サービスがイマイチなんじゃないの?とか、大手航空会社と違って、社員教育が行き届いてないのでは…?という、保守的なアナタ。
スターフライヤーは「感動のあるエアライン」をサービスコンセプトとし、お客様をしっかりとおもてなし。実は、国内航空では6年連続で顧客満足度「第1位」の評価を受けたスゴい航空会社なんです。(JCSI=日本顧客満足度指数の調査結果による)

サービスがよくって、革張りシートの座り心地も抜群、さらに、おいしいコーヒーのサービス付き…。と、これだけの満足感で、大手航空会社よりお値打ち価格で利用できるのが、スターフライヤー。さあ、特別感のある空の旅に出掛けてみませんか?

btn_star_150902

 

Sponsored by STARFLYER

長い飛行機での移動時間、少しでも眠りたいと思うのは当然のこと。ですが、高度9,000メートルの高さでぐっすりと眠るのはなかなか難しいもの。でも、ご安心。以...
月額固定料金の定額サービスが、ついに飛行機にも!アメリカの航空業界に定額制を導入した企業に、いま注目が集まっています。出張向けではありますが、どれだけ乗っ...
「睡眠時間が短い」あるいは「睡眠の質が低い」と悩んでいるあなた。実際、アメリカでは5〜7千万人の人が慢性的な睡眠障害をかかえていて、体調や寿命に悪影響を及...
ここは、カリブ海にあるセント・マーチン島マホビーチ。真隣に空港があるので、人々の真上をジャンボジェット機が通っていき、吹き飛ばされるぐらいの風が起こるそう...
「昨日飛行機に乗ったら、同じ便にアヒルが座っていたんだ」なんてツイートをしても誰にも信じてもらえなさそうですが、じつはこれ、ウソのような本当の話。マーク・...
飛行機のセーフティビデオといえば、淡々と安全事項が流れていくイメージがありますよね。飛行機に乗り慣れている人は、あの単調な映像に飽きてしまって、見るのが億...
搭乗予定だった便が遅延していることをネットで知り、数時間遅れて空港へ行った3人の女性。到着してみると、他の乗客はみんな一足先に別の飛行機に乗ってしまったと...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...
どれだけ胸が高鳴る海外旅行とはいえ、エコノミークラスの座席で10時間を超えるフライトは、やっぱりしんどい。でも、ビジネスクラスの金額は出せないけれど、横に...
寝不足が続くと、体力は低下するし風邪もひきやすくなるし、ストレスで心が病んでしまったりと、良いことはひとつもありません。ここでは、ライターのJohanna...
いつの間にか飛行機に潜り込み、気づいたときには大空を飛行中―。そんな人騒がせなネコちゃんに、世界が釘付けになりました。舞台は仏領ギアナの航空学校。今だから...
いよいよ、「自家用飛行機」時代の幕開けとなるかもしれない、革新的な航空機開発が大詰めを迎えているようです。それも電動式で駐機場も不要だとか。ここで話してい...
ここで紹介するのは、2015年3月20日に撮影された皆既日食の動画。普段と違うのは、飛行機の中から撮影されたというところ。その珍しい経験を見逃さないため、...
夢に出てくる飛行機には、一体どんなメッセージが隠されているのでしょう。飛行機はチャレンジ精神を表しているのですが、飛んでいる飛行機を見る場合と自分が飛行機...
いきなりですが、飛行機や電車、バスで移動中。眠ったときの「首カックン」は、おきまりの現象。中途半端な目覚めで頭がボケっとしてしまうだけでなく、首を痛めてし...
2015年10月26日、南米・ウルグアイからフランスへと向かう飛行機の中で、17歳のフランス人少女が重篤なアレルギー発作を起こした。乗り合わせていた2名の...
年末年始、飛行機に乗り遅れそうになって焦ったりしませんでしたか?たとえば、まだチェックインの最中なのに「フライトまであと5分」という最終の搭乗アナウンスが...
人間の皮膚のように、ダメージを負っても自己修復する「飛行機」。そんなにわかには信じ難い技術が発表された。英・ブリストル大学の航空宇宙工学研究チームが開発し...
沖縄の人口の1割は、何が起きても救助されない沖縄の人口の約1割は、たとえ重体で命の危険に晒されていたとしても救助されない。医師がいないため、助けに行くこと...
身につける服と同じくらい、いや、それ以上にこだわりたいのが「バッグ」というもの。どれだけ上質なジャケットを着て、シルエットの美しいパンツを履いていようと、...