「この中でお医者さんはいらっしゃいますか?」飛行機で急患を救った男性。実は...大統領だった!

2015年10月26日、南米・ウルグアイからフランスへと向かう飛行機の中で、17歳のフランス人少女が重篤なアレルギー発作を起こした。乗り合わせていた2名の医師によって救急処置が施され一命を取り留めたが、なんと彼女を救ったのはウルグアイのタバレ・バスケス大統領とその主治医だったそうだ。

ウルグアイ大統領が
急患を救った!

MercoPressによれば、少女はアレルギーがあるピーナッツ入りのスナックを気づかずに食べてしまい、発作を起こして呼吸困難に陥った。母親が助けを求めると機長が乗客へとアナウンス、医師はいないかと呼びかけた。

機内にはウルグアイの医師でもあるバスケス大統領と彼の主治医がいた。処置に向かった2人は少女に薬を飲ませようと試みたがうまくいかず、静脈注射によって治療を行った。同席したバスケス氏の主治医は地元紙Busquedaにこう語ったそうだ。

「喉がほとんど閉まっている状態でした。処置がなければどうなっていたかわかりません。かなり深刻な状態でした

救急処置の甲斐あって少女の容体は安定し、飛行機は進路を変える必要もなくパリへと無事到着した。The Telegraphには「娘の命を救ってくれた」との母親のコメントも紹介されている。彼女は空港に到着後、2人の医師へとお礼を伝えた。

バスケス大統領が飛行機内で急患の対応をするのはこれで3度目。これまでにも喘息の発作に見舞われた乗客などを救ったことがあると報じられている。

2015年3月にウルグアイの新しい大統領に就任した彼は75歳。世界一貧乏な大統領として知られ任期を満了したホセ・ムヒカ前大統領の後任だ。BBCによれば、11月2日までフランスに滞在した後、日本へと公式訪問する。

喘息(ぜんそく)が完治できるかもしれない。「サウサンプトン大学」の最新の研究調査で喘息の根本的な原因とみられる遺伝子が発見されたからだ。これまでの吸入ステ...
沖縄の人口の1割は、何が起きても救助されない沖縄の人口の約1割は、たとえ重体で命の危険に晒されていたとしても救助されない。医師がいないため、助けに行くこと...
2017年1月に任期を迎える米オバマ大統領。多忙な業務のなか、日々日課にしているワークアウト時に聴くSpotifyプレイリストが、アメリカ版「WIRED」...
「政治にお金は必要ないんです」。どの政治家からこのセリフを聞くよりも、現実味があるのは、もしかしたらこの人物をおいて他にいないでしょう。“世界で最も貧しい...
年末年始、飛行機に乗り遅れそうになって焦ったりしませんでしたか?たとえば、まだチェックインの最中なのに「フライトまであと5分」という最終の搭乗アナウンスが...
次期大統領候補も選出され、いよいよ任期が残り2ヶ月余りとなった現職のオバマ大統領。報道によれば、ホワイトハウスを出た後の住居がようやく決まったそうです。慣...
 12月24日、ホワイトハウスより毎年恒例のオバマ大統領夫妻による、クリスマスメッセージが公開された。任期中最後のサプライズ演出なのか、ミシェル夫人の振り...
私たちは、色々な「違い」を持って生きています。ただその「個性」についての発言は、時に人を傷つけてしまうこともあります。たとえ、そのつもりはなくとも、です。...
飛行機のセーフティビデオといえば、淡々と安全事項が流れていくイメージがありますよね。飛行機に乗り慣れている人は、あの単調な映像に飽きてしまって、見るのが億...
もう紙飛行機は、教室のなかを飛び交うだけのものではなくなりました。テクノロジーの進化により、人を助け、命を救うというのです。救援物資を遠隔地や危険地帯に届...
「もし大統領になったら、どんな問題を解決したいですか?」。人気動画「0-100」は、0歳から100歳までに同じ質問を投げかける企画。このたびの問には、貧富...
大統領退任まで、残すところ1ヶ月あまりとなった12月16日(つまり今日!)、Netflixにてバラク・オバマの青春時代を描いたオリジナル映画『バリー』(原...
「皆が誇れる大統領に」──、接戦を制した共和党候補のドナルド・トランプは、勝利宣言で高らかにこう表明した。アメリカを二分した今回の選挙を象徴するように、両...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...
「昨日飛行機に乗ったら、同じ便にアヒルが座っていたんだ」なんてツイートをしても誰にも信じてもらえなさそうですが、じつはこれ、ウソのような本当の話。マーク・...
「Oui on Peut!」英語に訳せば(Yes we Can)、聞き覚えのあるフレーズはもちろんあのバラク・オバマの名文句。そのキャッチフレーズを添えた...
大統領選挙中からトランプ氏が訴えていた、アメリカとメキシコの国境に壁を建設するという主張。現実離れして聞こえますが、当の本人はいたって本気でその必要性を訴...
ここは、カリブ海にあるセント・マーチン島マホビーチ。真隣に空港があるので、人々の真上をジャンボジェット機が通っていき、吹き飛ばされるぐらいの風が起こるそう...
アメリカ国内だけでも11,000以上の店舗数を誇るスターバックスが、11月1日より新たなデザインのカップでの提供を始めました。おなじみウェービーヘアのサイ...
いつの間にか飛行機に潜り込み、気づいたときには大空を飛行中―。そんな人騒がせなネコちゃんに、世界が釘付けになりました。舞台は仏領ギアナの航空学校。今だから...