救援物資を運び、そのまま消えてなくなる「紙飛行機」ドローン

もう紙飛行機は、教室のなかを飛び交うだけのものではなくなりました。テクノロジーの進化により、人を助け、命を救うというのです。

救援物資を遠隔地や危険地帯に届け、知らない間に消えてなくなる。

そんな新しい紙飛行機が、米・サンフランシスコの研究機関「Otherlab」で開発されている「The APSARA gliders」。

紙で作れる「ドローン」

82160839d5dcd8352ed94429c7e9790b4ef1c4ac

ラジコンタイプのドローンはすでに市場にたくさん登場しているので、遠隔操作で何かを飛ばすこと自体に抵抗感はだいぶ無くなってきました。

でも、プロペラなどの動力が必要なドローンでは、バッテリーを中心とした、重くて高価な機械を搭載する必要があり、遠隔地への支援後、回収するために大きな経費がかかるという課題があります。

それを解決するのが、この「紙飛行機」タイプなのだそう。

299940670a9748792be7836990407c7e8a1cb9cb

厚紙で作られたステルス戦闘機のようなこのグライダーは、約900グラム以上積載でき、血液やワクチンを、紛争や道路の断絶で到達するのが困難な地域に届けることができるのだとか。

指定したポイントに
着地できる

530cefb76e7ffdb68d064751ac5819ef2c596114

さらに、GPSを備えた小さな電子デバイスでコントロールでき、グライダーのように滑空して、目標点から半径約10メートルに着地するように開発。

バッテリーやモーターなどが必要ないため、その分、積載量を増やすことができると言います。小さな電子機器ゆえに発熱も微量なので、熱に弱い物質も運べるという二次メリットも。

そして、ゴミにならずに
自然に還る

一方でグライダータイプなので、当然ですが物資を届けたあとに飛んで戻ってくることはできません。しかし、目標地点でゴミになり、残骸が散乱するようなことだけは避けなければなりません。

その点、この「The APSARA gliders」は、きのこ由来の生分解性の厚紙で作成。それにより、環境を汚すことなく、この問題を解決しているそうです。

数日のうちに胞子によって分解され、跡形もなく土へ還るのです。また、厚紙は現地で組み立てることもできるので、かさばらず大量に持ち運ぶこともできます。

1fdf41726b57c60da2a210be036d541d1db30d40

研究チームによれば、カリフォルニア州をカバーできるほどの運用能力が見込まれると考えていて、たとえば

前もって配送座標を設定した数百個の「The APSARA gliders」を輸送機に積み、医療用品を必要としている場所へ落下させる

というのが、ひとつの運用例となりそうです。

Licensed material used with permission by Other lab
噴火や土砂崩れ、洪水が起きたら、どのエリアが危険なのか?どこが安全なのか?「状況をきちんと把握できる正確なマップ」がなければ、救援活動を行うことができませ...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
テクノロジーは日々目覚ましい進歩を遂げていますが、じつは釣りの世界にも新しい風が吹いています。例えばマグロ。通常マグロを釣るなら船に乗って沖に出なければい...
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
空撮は、まだ一般的とは言えずとも、グッと身近なものになりつつあります。多くのフォトグラファーや映像作家にとって、ドローンは「表現の幅」が広がる大きなきっか...
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
1億──。これは、いまだ世界中に眠ったままの地雷の数。さらにいうと、この負の遺産のせいで、毎日10人もの一般市民が死亡・負傷する事態となっている。この状況...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
なんとも貴重な映像が、ドローンによって撮影されました。舞台は北極。驚くべきことに、映っているのは約2,000頭ものシロイルカの群れです。しかもこの撮影、ど...
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
「The Flir Duo」は、可視光と熱探知のセンサーがどちらも利用可能な、世界で初めてのアクションカメラです。大きさは41×59×29.6mm、重さは...
これまでにも幾度かドローン技術を使った「植樹」のチャレンジが話題となっていましたが、、米オレゴン州でついに、本格的なビジネスとして動き出しているようです。...
そのサイズ、わずか2.2cm×2.2cm!重さはたったの7グラム!驚異的にスリムなミニドローン「SKEYE Pico Drone」がとにかく凄いんです。め...