重さわずか17グラムの「セルフィー専用ドローン」。

すべては進化するものだけど、まさかこんなことになるとはね。自撮り棒の登場に目を剥いていたあの頃が懐かしい。

フォトジェニックに取り憑かれた現代人に贈りたい新たな相棒。それがコレだ。

時代は既に
「自撮りドローン」

241e889b22212f91bd6a2178a0b35137d9711532

とうとう自撮り専用ドローンが開発されてしまったのだ。その名も「SKEYE Nano 2 FPV」。幅4cm、重さわずか17グラム。手のひらにすっぽり収まってしまうこの感じ。でもプチサイズなのは本体だけじゃない。

1736da08ba8f9ee40b10afdb4d1bec580aad608c

通常11,299円のこの商品、なんと今なら7,875円まで値下げをされているようなのだ。自撮りのためだけにドローンを飛ばすって時点で十分おもしろいんだけど、カメラ付きのドローンがこんな価格で買えることにまずビックリ。

よく考えたら、普通に便利…

1b9a4fc9a014be9f5c558b996b5638d8552dde75

こうしてみると、もはやラジコンにしか見えない。

これは世界で最も小さい、カメラ付きのドローン。

そして世界初の、手頃な価格の「セルフィードローン」なのだ!

と製作者も自信満々。うん。すごいのはわかる。これで友達にカメラマンを頼まなくても、自撮り感のないお洒落なアイコンや大人数の集合写真も楽々撮れるもんね。しかも手元のスマホとリンクして、操作しながら常に写り具合を確認できるわけだし。

でも、でもだよ?「これ、自撮り以外にもっと有効活用したら?」なんて質問は野暮だろうか?

気になる人は値下げしているうちに、ここでチェック。

99f33d78663790c288c6a13d731fccfe622a9e953a6ca9d8132f6b301966319d545c3dfbef22d3ea298776f8c2f3ff3a1bfc4d60b396efa54e75459eD64bac0e9648989ee3e880548fc534aebebb1d74D425b747b3876324a874ef5f7732fa5276d76f36264bd11460885084203e1a79d1756d470d66be84
Licensed material used with permission by TRNDlabs
「The Flir Duo」は、可視光と熱探知のセンサーがどちらも利用可能な、世界で初めてのアクションカメラです。大きさは41×59×29.6mm、重さは...
1億──。これは、いまだ世界中に眠ったままの地雷の数。さらにいうと、この負の遺産のせいで、毎日10人もの一般市民が死亡・負傷する事態となっている。この状況...
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
空撮は、まだ一般的とは言えずとも、グッと身近なものになりつつあります。多くのフォトグラファーや映像作家にとって、ドローンは「表現の幅」が広がる大きなきっか...
テクノロジーは日々目覚ましい進歩を遂げていますが、じつは釣りの世界にも新しい風が吹いています。例えばマグロ。通常マグロを釣るなら船に乗って沖に出なければい...
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
そのサイズ、わずか2.2cm×2.2cm!重さはたったの7グラム!驚異的にスリムなミニドローン「SKEYE Pico Drone」がとにかく凄いんです。め...
なんとも貴重な映像が、ドローンによって撮影されました。舞台は北極。驚くべきことに、映っているのは約2,000頭ものシロイルカの群れです。しかもこの撮影、ど...
もう紙飛行機は、教室のなかを飛び交うだけのものではなくなりました。テクノロジーの進化により、人を助け、命を救うというのです。救援物資を遠隔地や危険地帯に届...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
噴火や土砂崩れ、洪水が起きたら、どのエリアが危険なのか?どこが安全なのか?「状況をきちんと把握できる正確なマップ」がなければ、救援活動を行うことができませ...
これまでにも幾度かドローン技術を使った「植樹」のチャレンジが話題となっていましたが、、米オレゴン州でついに、本格的なビジネスとして動き出しているようです。...
シカゴのイメージといえば、ミシガン湖に面した高層ビル群がパッと思い浮かぶ。けれど、その固定概念をいい意味で破ってくれたフォトグラファーがいます。「新しい視...