「地雷のない世界」を目指して開発中のドローンに、支援が殺到!

1億──。これは、いまだ世界中に眠ったままの地雷の数。さらにいうと、この負の遺産のせいで、毎日10人もの一般市民が死亡・負傷する事態となっている。

この状況の中、「10年以内に世界中のすべての地雷を撤去すること」を目指して立ち上がった企業が、オランダのMine Kafon社。たしかに、彼らが開発中のこのドローンさえあれば、そんな未来も決して夢物語ではないかもしれない。

従来の20倍の速度で
爆破処理が可能

Bdfc910535143b68877a6e81b0cba693cd1b0b79

こちらがその、地雷処理ドローン「Mine Kafon Drone」。人や犬による従来の作業と比較して、20倍高速で撤去が可能だそう。さらに、彼らが負傷するリスクも低下するうえ、安価で済むなどポジティブなことばかり。

それでは、実際の地雷処理プロセスを紹介しよう。大きくわけて、以下の3ステップを踏むことになる。

ステップ1
「3Dマッピング」

C26187a1a09a678b10848aedf44674e7eaf58d35

まずは、危険なエリアを飛行し、GPS機能を用いて3Dマップを作成。

ステップ2
「地雷探知」

A211ed4b936ec36d2b43158384abbb00a57818b3

地雷をセンサーによって探知し、場所を特定。

ステップ3
「爆破処理」

92deb02bac61d7aa3946b4b1e90bd88c070677d7

ドローン下部に取り付けた専用アームを用いて爆発物を地雷の上に投下し、処理。

世界中から
賛同の声が相次ぐ

8fd3d9a8f2a99e519826c2a9f74ef5ac52aecaecCf0fa73cf974dd0b45e65bbf68abb427d78c79e0

「Mine Kafon Drone」は、現在クラウドファンディングサイト「kickstarter」にて資金調達中。期限まで2週間以上を残しながらも、目標金額の70,000ユーロ(約790万円)に対して、倍近い135,000ユーロ(約1,500万円)以上が集まっている。それはこの開発が賞賛に値することの何よりの証明になるはずだ。

Licensed material used with permission by Hassani Design BV.
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
テクノロジーは日々目覚ましい進歩を遂げていますが、じつは釣りの世界にも新しい風が吹いています。例えばマグロ。通常マグロを釣るなら船に乗って沖に出なければい...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
噴火や土砂崩れ、洪水が起きたら、どのエリアが危険なのか?どこが安全なのか?「状況をきちんと把握できる正確なマップ」がなければ、救援活動を行うことができませ...
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
そのサイズ、わずか2.2cm×2.2cm!重さはたったの7グラム!驚異的にスリムなミニドローン「SKEYE Pico Drone」がとにかく凄いんです。め...
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
これまでにも幾度かドローン技術を使った「植樹」のチャレンジが話題となっていましたが、、米オレゴン州でついに、本格的なビジネスとして動き出しているようです。...
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
もう紙飛行機は、教室のなかを飛び交うだけのものではなくなりました。テクノロジーの進化により、人を助け、命を救うというのです。救援物資を遠隔地や危険地帯に届...
「Ayers Rock Resort」によって撮影されたこの映像が、これまでに見たことのないウルルの表情を教えてくれると話題に。というのも、ウルル=カタ・...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
なんとも貴重な映像が、ドローンによって撮影されました。舞台は北極。驚くべきことに、映っているのは約2,000頭ものシロイルカの群れです。しかもこの撮影、ど...
日本が誇る絶景「富士山」を舞台とし、20台を超えるドローンの編隊飛行、三味線の生演奏、そしてMIDIコントロールされた1万6,500個のLEDライトが一斉...
空撮は、まだ一般的とは言えずとも、グッと身近なものになりつつあります。多くのフォトグラファーや映像作家にとって、ドローンは「表現の幅」が広がる大きなきっか...