世界最小「約2cm」のドローン。ハイスペックでめちゃめちゃ安い!

そのサイズ、わずか2.2cm×2.2cm!重さはたったの7グラム!驚異的にスリムなミニドローン「SKEYE Pico Drone」がとにかく凄いんです。

めちゃくちゃ"オモチャ感"が漂う見た目もキュートで興奮しますが、注目するべきはその機能。想像以上にハイスペックです。

とにかくかわいい
まずは見た目に注目

0b0c5023441a642b9dbdf3399e9a05cd8a681cde816e1255315623e20ff00bb33c33c060696c0a9e

ひとつ目の動画で思わず感動してしまったあなた。コントローラーの見た目とめちゃくちゃ簡単そうに見える操作感にワクワクしませんか?

ふたつ目の動画にも要注目。胸ポケに入ってる時点で十分小ささが伝わってきますが、コントローラーの中心部にドローン本体を格納できちゃうなんて、なんて気の利いた構造なのでしょうか!

まだまだこれは序の口。もちろん実際の使い勝手もぶっ飛んでます。

操作性も抜群
一回転も自由自在

621aac9c82becee15d8e7bd78b166723108f95ca

アクロバティックな操作も悠々とこなすバランサー機能は超高性能!初級・中級・上級と3段階のモードが選択でき、上級のヘッドレスモードでは機体の方向を無視した高度な操作が可能になります。

もちろん初級モードなら、簡単な操作でも安定したフライトが可能。LEDライトも搭載しているので、暗い場所でもちゃんと目視できます。


Cd67a674da34d8ab97f97047748ebcbce41fa2a862d6cf02164b65bd1d86237795b255faa0447c30947309afefdf657745f68d3f92afc394d37e2aef2cc00ccec862357402350426c169e0b924198c90

機体はUSB充電式
価格もお手頃

Aa8339ab8eafceb8e334c1dc2d830d5b413dc2e5D64dbc55095e02b8d81872909e25611320fb33f5

本体は30分ほど充電すれば7-8分間ほどの操作が可能です。コントローラーは単5電池2本で稼働。操作できる範囲は最大50メートル先までと見た目からは想像ができないほど広範囲。

しかも、価格が49ドル(約6,000円)と十分手が届く気軽さ。「TRNDLabs」で購入ができ、日本への送料は嬉しいことに基本無料!これを機にドローンデビューしたくなっちゃいませんか?

ちなみに、少し大きめでHD撮影ができるドローンも99ドル(約12,000円)で販売中。気になる人は要チェックです!

2ef3986a009fe151f28b97b4231cb6347270484f
Licensed material used with permission by TRNDlabs
噴火や土砂崩れ、洪水が起きたら、どのエリアが危険なのか?どこが安全なのか?「状況をきちんと把握できる正確なマップ」がなければ、救援活動を行うことができませ...
1億──。これは、いまだ世界中に眠ったままの地雷の数。さらにいうと、この負の遺産のせいで、毎日10人もの一般市民が死亡・負傷する事態となっている。この状況...
これまでにも幾度かドローン技術を使った「植樹」のチャレンジが話題となっていましたが、、米オレゴン州でついに、本格的なビジネスとして動き出しているようです。...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
いま、世界中で話題のガジェットがあります。イギリス発、世界最小のドローン「Micro Drone 3.0」。指でつかめるほどに小さい、このドローン。クラウ...
テクノロジーは日々目覚ましい進歩を遂げていますが、じつは釣りの世界にも新しい風が吹いています。例えばマグロ。通常マグロを釣るなら船に乗って沖に出なければい...
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
「Ayers Rock Resort」によって撮影されたこの映像が、これまでに見たことのないウルルの表情を教えてくれると話題に。というのも、ウルル=カタ・...
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
なんとも貴重な映像が、ドローンによって撮影されました。舞台は北極。驚くべきことに、映っているのは約2,000頭ものシロイルカの群れです。しかもこの撮影、ど...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
空撮は、まだ一般的とは言えずとも、グッと身近なものになりつつあります。多くのフォトグラファーや映像作家にとって、ドローンは「表現の幅」が広がる大きなきっか...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...