空間作りのプロが教える。心の底からリラックスできる家づくり「4つのポイント」

profile_keizo八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に講演活動や執筆活動を行っている。

私はこれまでにたくさんの家づくりをお手伝いしてきましたが、常に住む人が安らげるということを大切にしています。リラックスできる家に住んでいれば、家族も自然と幸せになっていくのです。ここでは、心の安らぎを引き寄せる空間について、4つの方法をご紹介します。

01.
「いちばん集いたい場所」は
リビングルームにする

Y

思春期の子供が外から帰ってきて、家族のいるリビングルームを通らずに自分の部屋にこもってしまう現象が取り沙汰されたときに、「リビングルームに階段をつくって、そこを通らなければ自分の部屋に行けないつくりにすればいい」という説はよく言われることです。しかし、玄関から入ってすぐに階段を上って子供部屋に行ける家でも、リビングルームに集まって和気あいあいと団欒する家族はたくさんいます。

「北風と太陽」の寓話ではありませんが、子供が自然と自室から出てくる流れを促す方が、強制的にリビングルームを通らなければ部屋に行けない仕組みを作るより、ずっと効果的です。したがって、家の中でいちばんメインの場所は子供の部屋にするのではなくて、部屋の外に出てきて集いたいという場所にするのがポイントです。

家族にとって本当にいい家づくりを考えるのなら、リビングルームを家の中でいちばん居心地のいいつくりにして、自然と家族が集まりたくなるような場所にすることが大切です。

02.
あえて暗い部屋を
作ることにも意味がある

150902_good-house7_02

全面にガラス窓をつけて光あふれる部屋に住むなどというスタイルは、ごく最近のものです。昔は昼間でも、電気をつけないと暮らせないような家も多かったのです。その反動で現代では、電気を使わなくても明るい家でなければいい家ではないという、これまでの逆に振れている感があります。

その価値観がいきすぎると窓はどんどん大きくなり、部屋全体に光が行き届くようになっていきました。その結果、なぜか妙に落ち着かない空間ができあがります。実は家全体のバランスを考えると、意図的に暗めの部屋をつくることにもちゃんと意味があるのです。

家中どこもかしこも明るい光が降り注いでいたら、逆に息がつけずに疲れてしまうこともあります。明るいだけでは落ち着かないし、休まらないということを知っておきましょう。これは昼間の日光だけではなく、照明にも言えることです。

03.
木材の「香り」は
柔らかいものを選ぶ

150902_good-house7_03

アロマテラピーやルームフレグランス、あるいはお香のように、後から家に加えられる香りもありますが、ここで意識したいのは、家に使われる材木が放つ天然の香りです。

ただ、ひとつ気をつけなければいけないのは、ヒノキやスギなど、アロマテラピーでもおなじみの強い香りを持つ木材は、大人にとってはいい香りだと感じますが、子供には少々きつく感じるときがあるということです。

子供に限らず、匂いに敏感な人には十分注意が必要。家はずっといる場所なので、あまりにも匂いが強い木材を全般的に使うのは控えた方がいいでしょう。比較的安心な香りは、どちらかというと柔らかいパイン、オーク、サクラ、メープルなどです。これを参考にして、使う材料を考えてみましょう。

04.
しまいこまず、捨てず、
「もらってもらう」

150902_good-house7_04

ものをきちんと収納することは、ストレスを解消していく上でとても重要です。そのためには、持ち物が多すぎないか注意する必要があります。

日本の家には、欧米の家に比べて物が2倍から3倍あるといわれています。それなら収納を増やせば解決するかというと、そういうわけでもありません。収納が多ければ多いほど、物が増えていくのです。物が増える体質を改善して初めて、物と心の調和の取れたシンプルな生活が実現するのです。とはいえ、いらないものを捨てようとしても、なかなかうまくいきません。「捨てる」という行為に罪悪感があるからのようです。

そういう人には、ものを捨てる技術ではなく、「物をもらってもらう技術」を磨くことをおすすめします。我が家は「おすそ分けしたいものをここに置いておきます。欲しい方はお持ちください」と書いた段ボール箱に入れて、家の前に置いておくことで、荷物を1/3にまで減らしました。基本的に「もらっていってもらう」という意識をベースにしていくと、罪悪感もなく減りやすいと言えるでしょう。

住む人が幸せになる家のつくり方
コンテンツ提供元:サンマーク出版

「家を建てる」というのは、多くの人にとって一生に1度の大切なイベント。家族全員が納得できる家を建てるためには、どのようなことに気を付ければいいのでしょう。...
モノや情報に溢れる現代社会。何かを手に入れることよりも、手放すことの方が難しかったりします。あなたの家は、ついつい買ってしまったモノで溢れていませんか?じ...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
今まで私はたくさんの家づくりの相談をお受けしてきました。その中で、素晴らしい家づくりをされたご家族・ご夫婦には、特徴的な行動パターンや習慣パターンがあるこ...
東京都杉並区でユニークな家を発見しました。びっくりするくらいにうすいんです!この住宅を設計した水石浩太建築設計室に連絡をすると、その理由が分かりました。な...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
過去の成功体験に溺れたくない。手持ちのカードは捨て続けて、新しいカードを増やしたい。僕が建築家として仕事をする上で、大事にしているのが“新鮮な気持ちで考え...
サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル...
TABI LABOでは、月に一回「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催しています。今回ReTHINKするのは「HOUSE=家」...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
パソコン、スマホ、テレビなど、仕事でもプライベートでもスクリーンを見る時間はどんどん増えていますよね。そんな暮らしの中で「目の疲れがなかなかとれない」とい...
アウトドアが魅力的なのは、なぜでしょうか。自然に触れられるから?美しい風景を眺め続けられるから?食べ物が美味しいから?ノルウェー北部に暮らす5人家族は、2...
家に関して「常識」と信じられていることには、実は誤解がたくさんあります。それに基づいて家を建ててしまうと、住む人を不幸にしてしまいかねません。自著『住む人...
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
「人間は誰にでも温かく、安全な場所で体を休める権利があるはずです。それが、たとえホームレスであったとしても。まるで厄介者のように扱うのではなく、彼らを思い...
家に置けるものは、たったの「108個」だけ。そんなコンセプトの家・マイクロハウスをつくっている会社が福岡にあります。ものを持たない、つまり丸腰であることか...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...