ペットボトルで家づくり!パナマの「リサイクル村」が話題に

様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?

パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、すでに120戸もの「ペットボトルハウス」が建てられていて、村と呼べるくらいの規模になっているそうです。

1万本のペットボトルで建てた
リサイクルハウス!?

5e2a5d537059e41836b36dd98517f61e0addb253

プロジェクトを始めたRobert Bezeauさんは、世界中で年間2.66兆本消費されているペットボトルをなんとかリサイクルできないかと考えました。写真の家には、1万本以上のペットボトルが使われています。

39b076592c3094d212e0c6e28f9e662b321b3621

まず、ペットボトルはワイヤーゲージの中に入れられ、鉄筋で補強。アーチ状など、様々な形状に対応できます。

9c9cd5bec4160a6ed659aad3a676ac866f8c6619

フレームが出来上がったら、セメントを塗り、

479c8d1c959594938b1e091e4b2c4a40e5bea391

このようにペットボトルハウスが仕上がっていくというわけ。

意外なメリットも!

4c04a1d12a239bcbcc10c482b4c6d1e3b920675f

じつはペットボトルで作る家にはたくさんのメリットが。例えば、中は空気で満たされていて、室内を適温に維持できるのでエコフレンドリー。

また、意外にも耐震性が高く、ローコスト。水害の多い国では、洪水に見舞われた時に臨時のイカダとしても使えます。

4bb532d04da706f886bcab91238d2850aa8ab8b0

先進国であっても、ペットボトルの再利用には手間と費用がかかるもの。しかし、「捨てるくらいなら家を作ろう」と、まずは自分たちの手で出来ることからリサイクルを始めた彼ら。今後はこの技術を広めるトレーニングセンターの設立も検討中だとか。

Licensed material used with permission by Plastic Bottle Village
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
スウェーデンのアウトドアブランド「FJALLRAVEN(フェールラーベン)」。そのアイコンである「Kanken(カンケン)」は、1978年の誕...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
気象の変動が激しいサハラ砂漠では、意外にも豪雨が続くことも多いそうです。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報告では、この水害により難民キャンプ用に設...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
ペットボトルは、耐水性や耐久性など、あらゆるポイントで優れています。なのに、あまりにも身近な存在すぎて、ただのお手軽なモノと見られがち。『PET-ART』...
渦の中を泳ぐ、ひとりのマーメイド。海をイメージして撮影されたこの写真には、なんと約1万本ものペットボトルが使用されているそう。カナダに住む写真家のボン・ウ...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
米・カリフォルニア州に住む7歳の男の子リヤンくんは、なんと3歳の頃からリサイクル活動を続けているらしいのです。地球のことをサスティナブルに考えている、とい...
世界中から観光客が訪れる有数のリゾート地「モルディブ」を目指して、一人のアクティブガールが海を渡りました。彼女の名前はAlison Teal、ハワイ生まれ...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
「Wikkelhouse」は、少なくともその寿命が50年以上と謳われているコンテナハウス。雨に強く、100年ほどは暮らせるとも。カンタンに運べるうえに、た...
以前、ビル・ゲイツが排泄物からつくった「水」を飲む動画を公開し話題になりました。様々なリサイクル事業が技術的に進歩している証拠でもありますが、その他にも汚...
備えあれば憂いなし。サバイバルが必要なシチュエーションなんて、さずがに人生の中でも想像できないだろうけど、この方法、知っておくだけで、何かとアウトドアシー...