素材は11本の使用済みペットボトル。あの「Kanken」から、究極にエコなリサイクルバッグが登場!

スウェーデンのアウトドアブランド「FJALLRAVEN(フェールラーベン)」。そのアイコンである「Kanken(カンケン)」は、1978年の誕生以来、世界中のファンに愛され続けているデイパック。飽きがこないシンプルなデザインと抜群の耐久性が人気の秘訣でしょう。

そんな同シリーズに、このたび最高にエコなファミリーが仲間入り!

95%をリサイクル素材で製造

Medium 394c5c8aced0d02b781b858bb9022d67b3837b46

そもそも従来のKankenも、サスティナビリティという観点では環境負荷の少ないプロダクト。しかし、この「Re-Kanken(リカンケン)」は、それを超えるデイパックとして新たに開発されたもの。

なんとコレ、たった11本のペットボトルの生まれかわりなんです。ボタン、ジッパー、バックル以外の95%がリサイクル素材で作られており、最終的には、Re-Kanken自体も再生利用可能。

しかも、染色方法も革新的。「SpinDye®」という染色技術を用いることで、高価ではあるものの、75%の水、67%の化学薬品を削減できるそう。

おなじみの
ロゴマークだってエコ

Medium 3fa6268941497fffabe4a740b8c03cdaf8974e85

従来のKankenでは反射板の素材を使用していたロゴマーク。リカンケンでは本体と同色の刺繍にしワントーンでまとめ、最大限リサイクルできるような工夫が。

Medium 456666f35f9afbbfd706aba954e7d6805f10513d

11色と豊富な
カラーバリエーション

Medium 9b7973959d6212ccdd525c9c828c97b0a22162b9

16リットルのRe-Kanken、および7リットルのRe-Kanken Miniは、ともに11色展開で、8月1日(月)発売予定。前者が11,880円(税込)で、後者は10,800円(税込)です。

素材調達、製造工程、そして未来(使用後)。どの時点を切り取っても環境に優しいデイパック。気になる人はぜひチェックしてみて。

Licensed material used with permission by FJALLRAVEN
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
子どものころ、すごく幸せだった「おやつの時間」。でも、いつからか私たちは、お菓子に対して“罪悪感”を感じるようになってはいませんか?こんな状況に疑問...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
「GOOSE ISLAND(グースアイランド)」は1988年にシカゴで誕生した、アメリカ中西部最大のクラフトビールブランド。こだわりのホップ...
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
米・カリフォルニア州に住む7歳の男の子リヤンくんは、なんと3歳の頃からリサイクル活動を続けているらしいのです。地球のことをサスティナブルに考えている、とい...
以前、ビル・ゲイツが排泄物からつくった「水」を飲む動画を公開し話題になりました。様々なリサイクル事業が技術的に進歩している証拠でもありますが、その他にも汚...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
アニマルプリント柄をおしゃれに取り入れるのって、結構難しいもの。どうしても雰囲気が甘くなりがちだったり、チープな印象がつきまとう。こうしたイメージを払拭す...
渦の中を泳ぐ、ひとりのマーメイド。海をイメージして撮影されたこの写真には、なんと約1万本ものペットボトルが使用されているそう。カナダに住む写真家のボン・ウ...
タイの水掛け祭り、ソンクラーンフェスティバルをテーマとした「ウォーターラン」が話題となっているここ数年。暑い夏を乗り切るためには、やはり「水」を使ったアク...
「Wikkelhouse」は、少なくともその寿命が50年以上と謳われているコンテナハウス。雨に強く、100年ほどは暮らせるとも。カンタンに運べるうえに、た...
このたび、セイコーエプソン株式会社が開発したのは、使用済みの紙を原料として新しい紙を生産する小型製紙機。オフィスで完結できる、小さく、新しい資源サイクルを...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
紀元前から使われている、歴史ある素材「紙」。身の回りにも当たり前のようにあふれていますが、基本的に木の繊維からできているため、大量消費は環境破壊につながる...