「終電まであと1時間・・・本気で集中する!」と決めたときに聴きたい音楽って?

たまった仕事を残業して片付け始め、なんとか目処がついた頃。ふと時計を見ると、終電まであと1時間と少し…。「今から1時間、ゼッタイ集中する!」
そんな「ここぞ!」というタイミングで、集中するために音楽を聴くのは効果的。力強く応援してくれたり、疲れを癒してくれたり、ときには迷いを吹き飛ばしてくれることも…。

01.
集中できなくても大丈夫!?
ウルフルズ「明日があるさ」

j_ULFULS(C)UNIVERSAL MUSIC LLC

いきなり「明日があるさ」なんて、集中するのを諦めろってこと!?いえいえ、そうじゃないんです。不思議なもので、集中しようと気負えば気負うほどできなくなってくるもの。

だから最初は、明るい歌で気楽にスタートするのがオススメ!考えすぎないことが大事です。

02.
理由はないけどワクワクする
ゲスの極み乙女。
「ロマンスがありあまる」

ゲスの極み乙女。(C)unBORDE/WARNER MUSIC JAPAN

逸る気持ちを抑えて気楽になったら、次にやるべきなのが「この時間を楽しもうとする」こと。人間は楽しくなければ何事も続けられませんから。
ゲスの極み乙女。の音楽は、不思議なメロディーが特徴的。特にこの歌を聴いていると、理由もなくワクワクしてきます。いや、ワクワクするのに、そもそも理由なんていらないのかも。

03.
頑張るあなたに愛をこめて
EXILE「Yell」

j_EXILE(C)2007 AVEX MUSIC CREATIVE INC.

だんだん体がノッてきたんじゃないでしょうか?ワクワクし始めると、積極的に楽しもうとするので集中力も増してきます。ですが、ここで無理に気合を入れるのはまだ早い。

「結果を出さなければ…!」とがんばってみたところで、絶対にいい結果を出せるとは限りません。もちろん集中すべきタイミングはありますが、がんばり過ぎないのも重要。優しく支えてくれるこの曲で、自分にYellを送りましょう。

04.
集中力MAX!
Superfly「Alright!!」

j_Superfly(C)WARNER MUSIC JAPAN

ワクワクしながら気持ちを高めたら、ここで一気に爆発!歌詞通り「五感を奮い立たせ」ながら、全力で目の前のことにTRYしましょう!きっといつもの何倍ものパワーで、仕事も勉強も片づけられるはず。

集中力って、そんなに長くは続きません。一度湧き上がった力が残っている内に、一気に進めてしまうのをオススメします。

05.
野良猫のように気まぐれ
安藤裕子「のうぜんかつら」

j_ando(C)cutting edge

気持ちが穏やかになってきたところで、少しずつリラックスに向けてシフトチェンジ。気まぐれな女の子に振り回されるようなイタズラ心に満ちたこの歌は、集中したい時間とリラックスしたい時間を切り替えるのにピッタリ。

思いどおりにならないことが続くと疲れてしまいますが、ときには野良猫のような気まぐれさがアクセントになるでしょう。

06.
肩肘張らないでOK
YUKI「JOY」

YUKI(C)Epic Records Japan

かわいい歌声とダンサブルなリズムに心もウキウキ。じっくり仕事に取りかかるとき、こんな一定のリズムが心地良く感じたり

そろそろ残業も後半戦へ。でも、そんなときにトラブルはやってくる…!?

07.
スランプ脱出ソング♪
秦基博「ひまわりの約束」

j_hata12(C)Ariola Japan

さっきまであんなに集中できていたのに…。急にスランプに陥ってしまうのは、そんなにめずらしいことではありません。そんなときも大丈夫、秦基博がこう歌ってくれます。

「そばにいたいよ 君のために出来ることが 僕にあるかな」

優しすぎて、泣いてしまうかも…。

08.
緊張と緩和
手嶌葵「テルーの唄」

j_teshima(C)YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS

ジブリのアニメ「ゲド戦記」挿入歌として有名ですね。とてもさびしい歌詞なのですが、人間の本質を垣間見るような気持ちになれます。

集中が切れてだらけてしまいがちなときにこの曲は、真っ直ぐな歌声に背筋が伸びながらも、優しい歌声でリラックスもでき、心地よい集中力を保てるのでオススメです。

09.
集中しすぎたら青空を見よう
THE BLUE HEARTS「青空」

j_THE-BLUE-HEARTS(C)Tri-m,Inc.

広くてキレイな青空を見ていると、自分が抱えていた悩みがちっぽけなものに感じられませんか?

今はもう夜…窓の外に青空は見えないけれど、視野が狭くなってきたなと気づいたら、THE BLUE HEARTSの『青空』を聴きましょう。同じことですから。

10.
GReeeeN「花唄」

GReeeeN(C)UNIVERSAL MUSIC LLC

うまくいかないこともあったけど、全力を尽くしたとハッキリ言える。今自分が出せる力をすべて出し切ったのであれば、きっともう大丈夫。あとには大きな花が咲いているはずです。

もうすぐ終電。
さぁ、そろそろ帰らなきゃ。

今なら「31日間無料」で
dヒッツを楽しめる♪

時代もジャンルもバラバラなこの歌を、ひとつずつ揃えるのは大変…でも邦楽を多く取り揃えた音楽配信サービスの『dヒッツ』なら、カンタンにプレイリストをつくれて、いつでも聴くことができます。 しかも今なら初回31日間無料で体験可能!
もちろんこの記事で紹介したプログラムも、実際に聴くことができます。しかも、この記事には載っていない曲が追加されているかも!?ぜひお試し下さい♪

※プログラムの曲順はランダムとなります。

btn_rnttdocomo_151109_2

Sponsored by dヒッツ

勉強や仕事中、音楽を聴きながらの方が集中できる、という人がいます。半ば自己暗示でしょ?と思うかも。ですが、「Mic」の記事によれば、どうやら音楽が脳に与え...
普段耳にしている音が、どれだけ聴覚に影響しているのか。具体的に考えたことはあるでしょうか?WHO(世界保健機関)が行った調査から、恐ろしい結果が発表されて...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
音楽が心にもたらすメリットは、様々なところで語られていますが、「I Heart Intelligence」に掲載された記事は、それをまとめて紹介したもので...
音楽好きにとっては、すごくいい時代だと思う。ビジネスとして見たら、音源が売れないとかいろいろ課題があるのもわかってるけれど、いちリスナーとしてはこんなに楽...
ただただ楽しいから「音楽」を聴くって、思っている以上に素晴らしいことなのかも。米メディア「Little Things」で紹介されたJohanna Silv...
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の...
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
普段何気なくやっている行動が、あなたの幸せを遠ざけている。そう指摘するのは米メディア「Power of Positivity」。がむしゃらに働いたり綺麗好...
ついに、こんなものまで…。お洒落なキャットハウスや猫のためのワインなど、猫のための贅沢アイテムが次々と出てきますが、今回はなんと「猫のための音楽」が完成し...
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
音の無い世界で生きる人たちがいる。耳の聞こえない聾(ろう)者たち。彼らに楽器が奏でるメロディーや歌声は聞こえない。しかし、決して音楽の無い世界に生きている...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
動画冒頭に登場するのはリズミカルにバスケットボールを操るユニフォームの男性。なんだかものすごいテクニックを持っていそうな予感。次の瞬間には周辺からメンバー...
新進気鋭の四人組ロックバンドOKAMOTO’S。彼らがリリースした六枚目のアルバム『OPERA』に対し、その世界観を同名の小説で表現する異色のプロモーショ...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...