WHOが「音楽は1日1時間まで」と警告!世界中の若者に聴覚を失うリスクがあると発表

普段耳にしている音が、どれだけ聴覚に影響しているのか。具体的に考えたことはあるでしょうか?

WHO(世界保健機関)が行った調査から、恐ろしい結果が発表されています。なんと、12歳~35歳の人々のうち、約4,300万人が「音楽」によって聴力を失っているのだとか。

「音楽鑑賞は1日1時間までにするべき」という彼らの警告。ちょっと、厳しすぎはしませんでしょうか・・・。

コンサートを安全に聞けるのは
28秒だけ!?

Ef5a5294ab80e7a843a9f56195d3900651f65767

WHOが発表している「dBあたりの安全な試聴時間」を参考にしてみましょう。音量が大きければ、その分聞ける時間も短くなるようです。

85dB(自動車の車内で聞こえる音):8時間95dB(平均的なバイクの音):47分100dB(自動車のクラクション、地下鉄):15分105dB(MP3プレーヤーの最大音量):4分115dB(ロック・コンサートの大音量):28秒120dB(ブブゼラ、またはサイレン):9秒

コンサートに28秒しかいられない・・・、かなり短い印象。WHOの傷害防止センター責任者であるエティエンス・クリュグ博士はこう語っています。

「戸惑うかも知れませんが、アルコールの消費と同じように、娯楽には多くのリスクが内在しています。完全に絶つことは難しいでしょう。しかし、我々には事実を伝える責任があります」

大きな音を聞く機会が必然的に多くなるナイトクラブやバー、スポーツイベントなどに頻繁に行く人は、より注意が必要だとの指摘。もしも行く場合は、時間を制限するか、耳栓やノイズキャンセリングのヘッドフォンを付けることが推奨されています。

法律での制限も必要?

B3aca0787de6fb0c972bbcbd71649bc466ce2753

クリュグ博士は、音による影響は個人の責任であると認識すべきと語る一方で、クラブなどにも音を遮断した休憩室や、無料の耳栓の設置、音量に制限を設けるなどなんらかの対応を要請する必要があると見解を示しているようです。

音楽の楽しみ方はある程度、個人の趣味嗜好や感覚に基づくものでもありますが、お祭りやイベントでは大きな音の方が盛り上がるもの。認識のレベルなどもあり、リスク管理は難しい部分も多いのかもしれません。

 

普段 から、大きな音量で音楽を聴いているという人、少なくないのでは?また、地下鉄の音でさえ15分ほどが推奨されるということを考えてみても、騒音の溢れた都市部で生活している限り、ある程度のダメージは免れなそうな気も・・・。

そして、多くの人が「危険なボリューム」で音楽を聴いていることが事実としてもあるようで、各デバイスの音量は最大音量の60%ほどに留めた方がいいようです。いつも再生している音楽、どれくらいで聞いていますか?

ハム、ベーコン、ソーセージなどを食べ続けることで、大腸ガンのリスクが増す。2015年10月世界保健機関(WHO)が発表した調査結果に、みな一様の驚きがあっ...
WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
世界保健機構(WHO)は、エボラ出血熱への感染をたった15分でチェックできる新しい簡易検査キットを認可したと発表した。開発はアメリカの企業「Corgeni...
ついに、こんなものまで…。お洒落なキャットハウスや猫のためのワインなど、猫のための贅沢アイテムが次々と出てきますが、今回はなんと「猫のための音楽」が完成し...
スピーカーの前でずっと踊っていた。振動が全身に伝わる感覚が好きだ。これは、そんな人にうってつけのアイテム。“腕に巻くサブウーファー”だ。振動が体に響くだけ...
現在、日本には200万人以上の「若年無業者」が存在する若者が仕事を失いやすく、誰もが無業(無職)になる可能性がある。そして、若者が働けないのは、個人に問題...
健康情報サイト「STETHNEWS」に「コーヒーがあなたを幸せにする」と取り上げられたのが今年4月。2013年の研究で、調査にあたったのは、あのハーバード...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
公私問わず、リスクを負っていかにスピードを重視した判断ができるかは、成功するかどうかの重要なポイントです。そもそも意思決定において考えるべき基準は、「得ら...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
観光庁の発表によると、20代のパスポート取得率は1989年で8.6%、2013年で5.9%。24年間減少の一途をたどっています。これを危惧した成田空港と日...
がん予防として、効果が期待されるもののひとつに「セックスをする」が加わるかもしれない?これは男性に限った話のようですが、ハーバード大学が研究結果を発表。頻...
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
2016年2月1日。「WHO」は、温暖地域を中心に拡がるジカウイルスが、米国で確認された小頭症やギラン・バレー症候群の発症例に強く関連しているとして、緊急...
飲み過ぎると胃に悪い・身体に悪いと言われることも少なくないコーヒーに皮膚ガンを予防できるかも知れない可能性があるという研究結果が明らかになった。アメリカで...
読書の重要性をネットに書くと必ず「読書なんか必要ない」という書き込みをされます。しかし、読書は人生に大切なもの、全てを与えてくれるのです。01.1日を「7...
バリバリ仕事ができる女性っていますよね。そういう人は一体まわりの人とどう違うのでしょうか。その特徴を知り、これを備えることを目指せば自分も仕事ができる女性...
新進気鋭の四人組ロックバンドOKAMOTO’S。彼らがリリースした六枚目のアルバム『OPERA』に対し、その世界観を同名の小説で表現する異色のプロモーショ...
クラウドファンディング「Indiegogo」で発表されて以来、異例のスピードで潤沢な資金を調達した、世界で最も快適と標榜するスマートヘッドホン「Sound...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...