日本人男性の20人に1人。「色覚障がい」を見分けるテスト

日本人男性の20人に一人、女性の500人に一人が色覚障がいを持っていると国立遺伝学研究所は発表しています。ただし、その程度は人によってさまざま。生まれつきの人もいれば、後天的な人もいます。
普通に生活している中で、自分で見えない色があることに気づくのは難しいことです。「Little Things」のライターPhil Mutz氏による色彩テストは、そんな色を見分ける力を確かめるもの。
あなたには何が見えますか?

どんな生きものが見えますか?
色彩テスト11選

ここからは早速、色彩テストを紹介します。それぞれのイラストがどんな生きものに見えるか、6つの中から選んでください。正解は、記事の一番下にまとめてあります。

01

th_スクリーンショット 2015-09-21 15.21.55

1カメ
2蝶
3馬
4ネコ
5サメ
6何も見えない

答えは記事最下部にあります!以下同様。

02.

th_スクリーンショット 2015-09-21 15.22.22

1シカ
2魚
3象
4イヌ
5トカゲ
6何も見えない

03.

th_スクリーンショット 2015-09-21 15.22.32

1鳥
2ネコ
3ネズミ
4サメ
5ヘビ
6何も見えない

04.

th_スクリーンショット 2015-09-21 15.22.42

1ネコ
2魚
3サイ
4クマ
5トカゲ
6何も見えない

05.

th_スクリーンショット 2015-09-21 15.22.54

1ライオン
2ウサギ
3ヤギ
4クモ
5鳥
6何も見えない

06.

th_スクリーンショット 2015-09-21 15.23.05

1バッファロー
2牛
3ネズミ
4象
5鹿
6何も見えない

07.

th_スクリーンショット 2015-09-21 15.23.19

1カエル
2トカゲ
3ヘビ
4カメ
5魚
6何も見えない

08.

th_スクリーンショット 2015-09-21 15.23.30

1ヘビ
2リス
3トカゲ
4馬
5鳥
6何も見えない

09.

th_スクリーンショット 2015-09-21 15.23.39

1ネコ
2イヌ
3魚
4コウモリ
5シマリス
6何も見えない

10.

th_スクリーンショット 2015-09-21 15.23.48

1ヘビ
2魚
3サイ
4ヤギ
5カニ
6何も見えない

11.

th_スクリーンショット 2015-09-21 15.23.57

1象
2ロバ
3アライグマ
4魚
5ヤギ
6何も見えない

気になる答え合わせ
正解はこちら!

イラスト01:2番の蝶イラスト02:4番のイヌイラスト03:1番の鳥イラスト04:4番のクマイラスト05:2番のウサギイラスト06:5番の鹿イラスト07:4番のカメイラスト08:2番のリスイラスト09:4番のコウモリイラスト10:1番のヘビイラスト11:4番の魚

Licensed material used with permission by Little Things

いまから登場するのは、一見同じ色に見える3つの四角形。でもよく見ると、そのうちのひとつだけ微妙に色の明るさが異なっているのです。これは、診断コンテンツ系メ...
これは簡単な図形のテスト。3択の問題を全11問答えていくと、あなたがどのくらい几帳面な人間なのかが分かってしまう、と診断コンテンツメディア「Playbuz...
ペンシルベニア州に暮らすIanさんとLarissaさんMurphy夫妻。夫のIanさんは、交通事故の影響で脳に重い障がいを抱えています。この動画は、献身的...
「日本人女性は世界でモテる」という噂、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、どうやら日本人女性の『女子力』は先進国でも最低レベルと認識され...
あなたは美しい森の中にいます。太陽はキラキラと輝き、風があなたの頬を気持ちよくなでています。さて、ここから質問に入りましょう。あなたは誰かと一緒に森の中を...
世界中を美談として駆け巡っている、イギリスのお話を紹介。主人公は、11歳の少年ベンくん。5歳で自閉症と診断された彼は、昨年、普通の学校から特別養護学校へと...
「あなたはお酒に強いですか?」 これ、頻繁に耳にする質問ですが、よく考えると何を以って判断していいのか分からないですよね。でも、そんな曖昧なものを「数値」...
精神疾患はなかなか理解されにくい部分も多い病気です。ここで紹介するのは、海外のマンガサイトに投稿された作品。鬱や不安に悩むひとりの女の子が主人公で、それぞ...
「暗記なんてもう古い!だってGoogle先生に聞けばいいじゃないか!」そんなセリフを心の中で叫びつつ、多くの人がしぶしぶテストのためと暗記を続けているかも...
頑張っている人が近くにいると、不思議と自分も頑張れるもの。でも、一体なんででしょうか?そんな疑問を基に実際に調査をしたのは、ブリュッセル自由大学のKobe...
厚生労働省の調査によれば、12歳以上の日本人のうち48.1%が日常生活でストレスを感じているそうです。そして、その解決の方法として、食事から見直そうという...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
「ディジュリドゥ」という楽器がある。オーストラリアの先住民族アボリジニが、数万年前から儀式などの伴奏に用いてきた世界最古とされる管楽器だ。そして、日本を代...
文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。フランクフルト在住のHisai Toruさん...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
「あなたは何人ですか?」と聞かれたら、多くの人は迷わずに答えられるでしょう。また「嫌いな国はありますか?」という質問にも、少し考えるかもしれませんが、ほと...
チューブ型列車システム「Hyperloop Alpha」は、テスラモーターズのイーロン・マスクが考案し、2013年にオープンソースとして発表した新しい長距...
ノースウェスタン大学で行われた調査の結果、クリエイティブな人ほど、注意力散漫な人が多いことがわかったそう。同大学のHPによれば、生理学的には初めての証拠と...
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられているーー。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネ...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...