「あなたは、自分のルーツを知っていますか?」DNAテストの結果に驚愕

「あなたは何人ですか?」と聞かれたら、多くの人は迷わずに答えられるでしょう。また「嫌いな国はありますか?」という質問にも、少し考えるかもしれませんが、ほとんどの人は答えられるのではないでしょうか。

でも、自分のルーツは意外なところにあったりするものです。旅行会社の「Momondo」は、67人のDNAを検査して、自分のルーツを知ることができるキャンペーンを行いました。いったいどのような結果になるのでしょう。

誰もが「自分は何人か」
知っている

Def1d7d7531aff8f023cb1e9de10b7224938f025

「私はイングランド人です。自分の国に誇りを持っている。嫌いな国はドイツだな。どうも馬が合わない」

697fd922ef151d109220db74999616425d022f8a

「私は100%アイスランド人だよ、絶対にね。だから僕は君より優秀だし強い。世界の中でも、とくに重要な人種だと思っているよ」

20889034c7883ec20975f6f6c22f105be16114be

「私はスコットランドのケルト人。母の結婚式の写真は、ケルトの民族衣装でした。嫌いなのはトルコ。トルコ人が、というわけではなく、トルコ政府が本当に嫌いなんです」

誰もが「自分が何人か」という問いにはスッと答え、嫌いな国もある。さて、ここからは唾液を採取して、DNA検査に移ります。

自分の「ルーツ」は
どこにあるの?

F835cfd2cbae743e23bbd3611cf2741c8d098750

2週間後、検査結果が配られました。

94cc4418dc6f9dab2a138c6aa47ae06f3fd4ded96a60502ec6f90a8400d25b4e54556fbf653ab422

そこに記されていたのは、自分で思っていたよりずっとたくさんの国の名前。

D17d0cce5257f42d6b10e247ca34599ceebd929c

「30%はイギリス。そして5%は…ドイツ人だって!?」

Dd7d746c15fa22a51eb42db5c083f4f64f593278

「東ヨーロッパ、スペイン、イタリア、ポルトガル、ギリシャ…まじかよ」

自分で思っていたよりもたくさんの国の血筋が入っていること、また自分が「嫌い」とまで言った国のDNAも含まれていることがわかり、戸惑う人も。

でもみんな、嫌悪感を露わにするのではなく、どこか拍子抜けしたように苦笑しています。

そして、参加者の中に
本人も知らない血縁関係が…

開封が終わったあと、主催者から衝撃的な事実が告げられました。

「じつはDNA検定の結果、この中にあなたの“いとこ”がいることが判明しました」

82195e17099dbe64b996e6b6858af53c0455163c

おそらく、生まれて初めて出会ういとこ同士。

「知ってた!?」

「いや、全然知らなかったんだ。僕だってドキドキしてるよ」

081dc60e445237dd36748c426b3344d421b86ff4

そして主催は、こう質問したのです。

「ここに書かれている国、すべてに行ってみたいですか?」

あなたの「遠い親戚」に
会いに行ってみませんか?

参加者たちの答えは「もちろん!」。最初にお伝えした通り、キャンペーンを実施した「Momondo」は、旅行会社。

この「The DNA  Journey」は「Let's Open Our World」というプロジェクトの一環として企画されたもの。世界規模で調査を行い、各国の大使館と連携し、旅行をより価値あるものにするためのものだそうです。

残念ながら、世界は偏見に満ちています。でも本来、民族や国境は、人が考えているよりもずっと曖昧なものなのです。生物学的な事実として、人類はお互いに親戚同士だとも言えるでしょう。

そう考えると、今まで候補にも上がらなかった見知らぬ土地でも足を運んでみたくなりませんか?

Licensed material used with permission by momondo
ビール会社が、より美味しい一杯を求めるのは当然のこと。ただし、ここで紹介するプロジェクトは、かなり異質なものと言っていい。なぜなら、ビールそのものではなく...
僕がキューバに訪れた時には、よく中国語で話しかけられた。また、アメリカでは韓国人に間違えられることが多かった。見た目が似ているからだろう。その度に、どこの...
これまでにも何度となく、コーヒーの隠れざる効能を紹介して来たTABI LABO。適度な摂取は健康に良いという事実が、次々と明らかになっている。そしてまた、...
これは簡単な図形のテスト。3択の問題を全11問答えていくと、あなたがどのくらい几帳面な人間なのかが分かってしまう、と診断コンテンツメディア「Playbuz...
順番に表示される美しい「15枚の写真」と「3色の選択肢」。それぞれの中で、1番印象的に感じる色を選ぶだけで、あなたにどんな才能が眠っているかが分かるらしい...
「日本人女性は世界でモテる」という噂、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、どうやら日本人女性の『女子力』は先進国でも最低レベルと認識され...
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
得てして、カルチャーのルーツを探ってみると、とても小さなものから始まっているもの。何度目かのブームが再燃しているとも言われているスケートボードのルーツも、...
世界中を美談として駆け巡っている、イギリスのお話を紹介。主人公は、11歳の少年ベンくん。5歳で自閉症と診断された彼は、昨年、普通の学校から特別養護学校へと...
あなたは美しい森の中にいます。太陽はキラキラと輝き、風があなたの頬を気持ちよくなでています。さて、ここから質問に入りましょう。あなたは誰かと一緒に森の中を...
「Higher Perspective」で話題になった心理テストは、たった5分であなたの今の状況が分かるというもの。当たってる?当たってない?と、友だちと...
「あなたはお酒に強いですか?」 これ、頻繁に耳にする質問ですが、よく考えると何を以って判断していいのか分からないですよね。でも、そんな曖昧なものを「数値」...
人体には、想像できないようなとてつもないミラクルが詰まっているようです。ここでは、「I Heart Intelligence」の記事から、人間のカラダにま...
「暗記なんてもう古い!だってGoogle先生に聞けばいいじゃないか!」そんなセリフを心の中で叫びつつ、多くの人がしぶしぶテストのためと暗記を続けているかも...
何かと話題に上がることが多い、アメリカとメキシコの国境。ここで紹介したいのは、メキシコ側の国境付近で生まれ育ち、アメリカに移住したYonathanとJor...
いまから登場するのは、一見同じ色に見える3つの四角形。でもよく見ると、そのうちのひとつだけ微妙に色の明るさが異なっているのです。これは、診断コンテンツ系メ...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
日本人男性の20人に一人、女性の500人に一人が色覚障がいを持っていると国立遺伝学研究所は発表しています。ただし、その程度は人によってさまざま。生まれつき...
サリーとグローブを身にまとい戦う女性、勢いよくクロールをするおばあちゃん、人種を問わず一緒に汗を流すダンスチーム…。この動画は一体なに?宗教・年齢・人種と...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...