嫌いな人に「馬糞」を送りつけるサービスがあるらしい・・

「復讐してやる」とまで本気で思わなければ、こんなの無縁のサービス。でも、必要としている人にとっては、この上ないお返しができてしまう。しかも、その手を汚すことなく。

仕返しは「馬糞」のプレゼント

working

この冗談みたいなトンデモないサービス「Shitexpress」は、アメリカを中心に実際に運用され、すでに“ウンマン人”が利用しているとかいないとか。公式ページから、ウンチ(現在は馬糞のみ)、任意でコメントが記入できる添付メッセージシール、送付先、決済方法を選べば、あとはShitexpressがあなたに代わって匿名で、直接相手の自宅に届けてくれるサービスだ。ご丁寧にラッピングの仕方まで選べるという。

最大の利点は匿名性

スクリーンショット 2015-10-01 10.47.18

そもそも、贈り主は絶対に秘密の「匿名性」が大前提。でなければ、ただの嫌がらせですから。復讐を完璧に遂行するための施作が、ビットコインもしくはPayPalによる決済方法。つまり、クレジットカード決済による「支払い証書もなくそう」という念の入れよう。あなたのブラウザにさえ細心の注意を払っていれば、誰もあなたの計画を知る由はないということ。

ちなみに、料金は一律16.95ドルで世界どこへでも、送料無料で届けてくれるらしい。

もしも、誕生日のプレゼントが
馬糞だったら・・・!?

gc1_lq

例えば、バースデープレゼントで復讐。自由記述のメッセージカードに皮肉を込めて。こんな感じに。

「最近、お忙しく活躍されているそうですね。ちょっとでも、ストレスを和らげるお手伝いができたらと思い、こんなプレゼントにしてみました。まだ、しっとり湿った馬のウンチを送ります。気に入ってくれると嬉しいです」

誕生日のほか、クリスマスプレゼント、年賀状、ハロウィンなど、添付できるカード型のシールも豊富。

この、どこまで本気や冗談なのか微妙なサービス、利用するか否かはあなたの選択。復讐心に走る前、送りたい相手を「クソヤロー!」と本気で思っているかどうか、いま一度、心に問いかけてみては。

Licensed material used with permission by Shitexpress

幼稚園以来、じつに30年ぶりの再会を果たしたカップルが、アメリカ全土で話題となっています。ただの再会では誰も騒ぎませんよね。じつは彼ら、マッチングサービス...
先日、シアトルに初のリアル店舗としてオープンした書店が、大きな話題となったAmazon。次なる注目の取り組みは、アメリカ、イギリス、イタリアに続いて4ヵ国...
FacebookやTwitterにおいて、自分は一体どのように見られているのか。SNS全盛の今だからこそ、気になっている人も多いのでは?ここで紹介するのは...
スイス企業の驚くべきサービスが今話題になっている。その内容は遺骨をダイヤモンドに配合し、記念品にすると言うものだ!遺骨に含まれる炭素を取り出し、人工的に高...
世の中には、人から嫌われないで周囲の人から重んじられることを願って行動するあまり、逆に人から軽んじられ、バカにされている人がいます。今回は、書籍『バカに見...
オーストラリアのワインコミュニティーサイト「The Wine Wanker」によると、カンタス航空はこの夏、国際線など一部の長距離フライトで、希望のあった...
パーティや飲み会の場で話の中心にいる人を見たとき「自分もあんな風におもしろくなれたらなぁ」と思ったことがあるかもしれません。「The School of ...
郵便屋さんと聞けば、制服を着た配達員がポストに手紙を届けるーー。当たり前の光景ですが、フィンランドでは庭の芝刈りまでしてくれちゃうみたいです!郵便会社「P...
Happy Birthday to you〜♪Happy Birthday to you〜♪Happy Birthday dear my home〜♪Ha...
洋服を決めるときは試着、新しい食材を買う際には試食、車を購入する前には試乗──。何かを判断する前には「試す」という行為があるべきなのに、こと住まいにおいて...
端的に言いましょう。DeNAとヤマト運輸が実用化を目指すこの「ロボネコデリバリー」は、スマホで受け取り先と時間を自由に設定できるサービス。欲しいときに欲し...
商店街の衰退が叫ばれている昨今、魚屋も例外ではありません。夕食を焼き魚や刺し身にしようと思った時、魚屋ではなくスーパーへ……という人が多いのでは?そんな中...
赤ちゃんにどんな名前をつけるかは、楽しみでもあり悩みどころでもありますよね。命名サービスをインターネットでも見かけますが、29,000ドル(約320万円)...
時代が変わっても、そこだけ時が止まっているかのような場所があります。たとえばコインランドリー。一度でも利用したことのある人ならば、あの狭小空間で洗濯機や乾...
個人的に、大きな荷物を抱えたまま観光することほど、ストレスフルなことはない。「何度か訪れていて土地勘がある」または「バックパックを背負っている」。そんな状...
「The Wall Street Journal」によると、2016年1月17日に開催された「Digital Life Design」において、ヨーロッパ...
日本で「出前」と言ったら、やはり寿司やピザが王道なのだろうか。さいきんでは、イタリアンやフレンチ、エスニックなど、レストランまで足を運ばなければ食べられな...
「仕事が忙しすぎて、部屋の掃除や洗濯ができない…」「大きな本棚を買ったんだけど、思ったより組み立てが難しくて…」普段の生活で、こういった“ちょっとした困り...
コインを投げれば、願いが叶うー。世界には、そんな伝説が伝わる場所がいくつかあります。最も有名な観光地のひとつといえば、イタリアにある「トレビの泉」。映画『...
日本で行われる結婚式は、和式・欧米式が一般的という印象があります。しかし、装いだけでなく催しの内容まで見ると、地域によっても個性はバラバラ。それが海外とも...