ノーベル賞の大村智教授は、特許権の一部を放棄し、10億人を救っていた

ノーベル医学・生理学賞を受賞した、大村智・北里大特別栄誉教授の「人間力」が話題になっている。受賞理由となった「イベルメクチン」の開発はもちろんだが、彼の魅力はそれだけでは語れないようだ。

特許権の一部を放棄
薬剤を無償提供し
10億人を救った!

F1ae017ffb378821f7419eb6c4d5a46530d6be67

1987年10月のニューヨークタイムズ紙には、メルク社がイベルメクチンを元にした治療薬「メクチザン」の無償提供を開始したニュースが掲載されている。

当初、年に1度の投与で済む劇的な効果を持つ動物薬として大きな注目を浴びたイベルメクチンだが、人間にも応用できることがわかり治療薬「メクチザン」が開発された。その後、世界保健機構(WHO)を通じてアフリカや中南米、東南アジアなどに無償・低価格で提供され、沖縄を含む熱帯地域に住む人々述べ10億人以上を風土病などから救った。が、なぜ無償提供が実現したかというと大村氏だ。

2012年6月に発行された日本私立大学協会発行の教育学術新聞によれば、同氏はメルク社との契約の際に特許ロイヤリティを受け取る契約を交わしている。が、発明通信社は「大村博士らが治療薬の商用利用で得られる特許ロイヤリティの取得を放棄し、無償配布に賛同したために実現した」と書いている。

つまり、彼は10億人の人々を救うために特許権の一部を放棄したのだ。

とはいえ、受け取った特許料は
250億円以上

Eb7b5044367df247a247c1ec8a258c938e1a66ed

もちろん、それ以外については特許ロイヤリティが北里研究所に支払われる契約のため、1990年頃から数えても250億円以上の収入があったという。それまでは経営に苦しんだ時期もあったが、特許による収入を元に研究所の経営も立て直し、研究助成や研究所運営、病院建設に役立てられたそうだ。

さらに、2007年には故郷である山梨県韮崎市に私費で韮崎大村美術館を建設。自身が所有していた1500点以上の美術品を寄贈した。建設費だけでも2億円、展示品は総額5億円以上にも及んだと朝日新聞が伝えている。その他にも、朝日新聞の医療サイトapitalでは、近くに温泉施設やそば屋を寄付したことが報じられていた。

朝日新聞には大村氏のコメントがある。

「この美術館は、若い人たちへの投資でもある。大勢の人が訪れる施設にしたい」

「私は微生物の力を借りただけ」

多くのメディアによって大村氏の人間性を表わす「名言や格言」が紹介されている。なかでも、NHKで紹介されている以下のコメントにはその謙虚な姿勢が表れている。

「私の仕事は、微生物の力を借りているだけで、私自身が難しい事をしたわけでも偉いわけでもありません。私は、微生物がやってくれた事を整理しただけです」

ニューヨークタイムズ紙でも「私は微生物の力を借りただけ」と言葉を変えて紹介されており、国内でももちろん話題だ。

行動が表わす彼の「人間力」も相当なものだが、数々の発言から見える誠実な人間性も多くの支持を得る理由の一つ。ノーベル平和賞を受賞してもいいのでは?なんて声が上がるのも、なんら不思議なことではない。

「言葉は人の生き方を決める」。そう語るのは、ノーベル生物学・医学賞を受賞した大村智さん。彼は周りから「メモ魔」と言われるほど、本やテレビを見ていて感銘を受...
2015年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智さん。彼には人の話、本やテレビで感銘を受けた言葉、自ら思いついた言葉を「腹中有書」と題した備忘録に書き留...
2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智さんは、北里大学の特別栄誉教授であり、学校法人女子美術大学名誉理事長として、81歳になる今も教育に携わっ...
2015年9月18日。日本人医師、木俣肇氏がイグノーベル賞を受賞した。この賞は「笑える」「考えさせられる」研究が対象に選ばれるノーベル賞のパロディ版。一部...
あなたは、自分の息子に好きな相手ができたことを打ち明けられたとき、どう答え、何をアドバイスしますか?ここで紹介するのは、ショーン・アッシャーさん編集の『注...
2015年10月6日に発表されたノーベル賞のプレスリリースで、東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長がノーベル物理学賞を受賞したことがわかりました。岐阜県にあ...
ホロコーストを生き延び、平和に至るまでの苦しみを長く世界に訴えかけてきた、ノーベル平和賞作家のエリー・ウィーゼル。2016年7月2日、彼はNY・マンハッタ...
12月10日に行われたノーベル賞授賞式の場に姿はなかったものの、晩餐会に向けた受賞スピーチ(代読による)で、世界の人々を魅了したボブ・ディラン。2016年...
ノーベル賞受賞者本人に連絡がとれない!そんなことあるの?って感じがするけど、ミュージシャンである彼を知っている人たちからすると、“らしさ”を感じたり、今回...
イギリスで三人の子どもを育てるRachelさんがFacebookに綴った投稿が、大きな話題を呼んでいます。内容は、次男に与えられた「皆勤賞」を断った理由で...
バクテリア、昆虫、ウシ、ヤギ、植物、星、そして銀河。この世に存在するありとあらゆるものになれるシミュレーションゲーム「Everything」。その予告編映...
2016年2月16日(日本時間)に発表された、第58回グラミー賞の「ベスト・オペラ・レコーディング」に、小澤征爾が指揮を担当したサイトウ・キネン・オーケス...
20世紀史上、最も深い考えを持っていた理論学者。彼のことをそう形容しているのは米メディア「Higher Perspective」だ。アルベルト・アインシュ...
米・製薬会社「Turing Pharmaceuticals」社が、エイズの治療にも使用されている薬品を大幅に値上げし注目を浴びている。同社は60年以上にわ...
第58回目のグラミー賞授賞式で、テイラー・スウィフトが2度目の「年間最優秀アルバム」を受賞しました。女性アーティストとして史上初の快挙となります。そのほか...
中国、春秋時代の学者で儒教の祖でもある孔子は、欧米でもとても知名度が高く、人気があります。その秘密は、真理を問う言葉の数々。処世術やリーダーシップにおいて...
このたび、トロント・ブルージェイズからフリーエージェントとなった川崎宗則が「ムネノリ・カワサキ賞」を受賞しました!…と言われてもピンとこない人がほとんどの...
2015年8月、ケニアのサバンナで密猟によって毒矢を打たれた、雄のゾウと2頭の雌ゾウが、人間に助けを求めてやってきたと「The Mind Unleashe...
2016年2月29日(日本時間)に行われたアカデミー賞授賞式で、俳優のレオナルド・ディカプリオが「主演男優賞」を受賞しました。これまで5度ノミネートされた...
数多くの候補者のなかから、特別に優秀な人材だけがそのチャンスを掴むことのできる職業、それが宇宙飛行士。地球を遥か離れた宇宙に飛び立つのは、人類の中でもほん...