ノーベル文学賞を受賞した「ボブ・ディラン」。…連絡取れず。

ノーベル賞受賞者本人に連絡がとれない!そんなことあるの?って感じがするけど、ミュージシャンである彼を知っている人たちからすると、“らしさ”を感じたり、今回の受賞を快く思っていないのだろうという見方もあるみたい。

13日の発表からこれまで受賞に関する発言を一切行っていない彼に対して、スウェーデン・アカデミーは「静かに待つ」とコメントしている。

ノーベル賞に興味なし?

Dagens Nyheter」によると、選出に携わったサラ・ダニウス事務局長は、10月13日にディランと近しい関係者へ電話した際、「寝ている」と説明され本人に受賞の旨を伝えられなかったそうだ。彼はツアー中で、ラスベガスで開催されていたコンサートに出演する直前だった。とはいえ、ステージ上で受賞に関する発言があったわけではなかった。パフォーマンス後も観客に声をかけることはなく、その場から立ち去ったという。ずいぶんあっけらかんとしている。

この一件について、彼と親しい歌手のボブ・ニューワースは「彼は言いたがりではないし、受賞の事実自体を認めないだろう」と発言、「The Washington Post」に掲載されている。受賞をポジティブに捉える人も多い一方で、歌と詩は別モノであり、ミュージシャンである彼自身、詩人としての受賞を望んでいないのでは?との見解が一部ある。 

答えは…。 

授賞式は、12月10日にスウェーデンで行われる予定。事務局長は「来てくれるだろう」とあまり心配していない様子で、会場に来なかった場合の対策も準備しているとのこと。「The Guardian」には、メールで関係者からフレンドリーな返信を受け取っているとの記載もある。

ノーベル賞受賞の連絡が本人につかないなんて、彼のことを知らずに聞くとビックリするニュースかもしれない。いくつかのメディアは、“答えは風に吹かれている(The Answer Is Blowin In The Wind)”と、名曲『風に吹かれて』の歌詞を引用して紹介している。どんな人物か知っている人にとっては、ちょっとだけ頬がゆるむエピソードだ。どんな展開が待っているのか、楽しみだったりもする。

Photo by Brooks Kraft LLC/Corbis via Getty Images
ノーベル賞受賞者本人に連絡がとれない!そんなことあるの?って感じがするけど、ミュージシャンである彼を知っている人たちからすると、“らしさ”を感じたり、今回...
2015年9月18日。日本人医師、木俣肇氏がイグノーベル賞を受賞した。この賞は「笑える」「考えさせられる」研究が対象に選ばれるノーベル賞のパロディ版。一部...
12月10日に行われたノーベル賞授賞式の場に姿はなかったものの、晩餐会に向けた受賞スピーチ(代読による)で、世界の人々を魅了したボブ・ディラン。2016年...
2015年10月6日に発表されたノーベル賞のプレスリリースで、東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長がノーベル物理学賞を受賞したことがわかりました。岐阜県にあ...
2016年2月16日(日本時間)に発表された、第58回グラミー賞の「ベスト・オペラ・レコーディング」に、小澤征爾が指揮を担当したサイトウ・キネン・オーケス...
「言葉は人の生き方を決める」。そう語るのは、ノーベル生物学・医学賞を受賞した大村智さん。彼は周りから「メモ魔」と言われるほど、本やテレビを見ていて感銘を受...
あなたは、自分の息子に好きな相手ができたことを打ち明けられたとき、どう答え、何をアドバイスしますか?ここで紹介するのは、ショーン・アッシャーさん編集の『注...
ノーベル医学・生理学賞を受賞した、大村智・北里大特別栄誉教授の「人間力」が話題になっている。受賞理由となった「イベルメクチン」の開発はもちろんだが、彼の魅...
ホロコーストを生き延び、平和に至るまでの苦しみを長く世界に訴えかけてきた、ノーベル平和賞作家のエリー・ウィーゼル。2016年7月2日、彼はNY・マンハッタ...
2016年2月29日(日本時間)に行われたアカデミー賞授賞式で、俳優のレオナルド・ディカプリオが「主演男優賞」を受賞しました。これまで5度ノミネートされた...
このたび、トロント・ブルージェイズからフリーエージェントとなった川崎宗則が「ムネノリ・カワサキ賞」を受賞しました!…と言われてもピンとこない人がほとんどの...
レゲエ好きでなくても、その名前といくつかの名曲は知っているでしょう。ここでは「I Heart Intelligence」に掲載されたボブ・マーリーの言葉を...
2015年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智さん。彼には人の話、本やテレビで感銘を受けた言葉、自ら思いついた言葉を「腹中有書」と題した備忘録に書き留...
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオは、サウンドを可視化した斬新な映像作品だ。特定の周波数が生み出す音の...
「ブーブは、逆から読んでもブーブ♪」そんな歌がいま注目されています。Boobは英語で"おっぱい"という意味。楽曲のアイデアは8歳の少年のものでした。が、参...
「ディジュリドゥ」という楽器がある。オーストラリアの先住民族アボリジニが、数万年前から儀式などの伴奏に用いてきた世界最古とされる管楽器だ。そして、日本を代...
第58回目のグラミー賞授賞式で、テイラー・スウィフトが2度目の「年間最優秀アルバム」を受賞しました。女性アーティストとして史上初の快挙となります。そのほか...
サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
今年は梅どころか桜の開花もだいぶ早めの予報ですが、そろそろ家庭菜園のプランを考え始めるのがこの時期。さすがに気がはやいと思うでしょう、でも種まきからいくな...