【速報】日本人医師がイグ・ノーベル賞を受賞。

2015年9月18日。日本人医師、木俣肇氏がイグノーベル賞を受賞した。この賞は「笑える」「考えさせられる」研究が対象に選ばれるノーベル賞のパロディ版。一部の人々にはノーベル賞以上に注目されており、奇抜な研究がユーモアあふれる授賞式で発表される。

01.
ちょっとおかしな
トンデモ研究ばっかり!

shutterstock_291986264

この度発表された木俣肇氏の研究の内容は「キス」に関するもの。どんな変な研究かと思えば案外マジメかもしれない。

Psychosomatic Research」に掲載された研究論文によれば、アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎を持つ、それぞれ24人の患者に30分ほどソフトなBGMを聞きながらキスしてもらった。すると、血液の単核細胞が急激に増加。免疫が強化され、腫れもアレルギー反応も抑えられる効果があったという。ちなみに、セックスにも同様の効果があることを発見。
まさに、愛の力でアレルギーを抑制できることを証明した科学者となった。

02.
その他の受賞研究は?

shutterstock_218845399

その他にもどんな偉大な受賞者がいたのか気になるところ。ちなみに今年のテーマは「LIFE」だそうだ。以下に紹介する。

■化学部門
半熟卵を作れる化学的レシピを確立。
■物理学部門
哺乳類の膀胱が21秒で空っぽになることを立証(誤差±13秒あり)。
■言語学部門
「はぁ?」という言葉が全言語に存在することを発見。
■経営学部門
ビジネスリーダーのほとんどが、子供の頃から緊急時にリスクをとる選択をしていたことを発見。
■経済学部門
バンコク警察が、賄賂を受け取らなかった警官にボーナスの支払いを決断。
■医学部門
熱烈なキスやセックスの生理学的効能を調べた研究結果。
■数学部門
モロッコの皇帝がどうやって888人もの子供を作ったのか、数学で実証。
■生物学部門
ニワトリのお尻に棒をくっつけると、恐竜みたいに歩くことを発見。
■診断医学部門
車で道路の縁石に乗り上げた時の痛みで盲腸を診断する方法を確立。
■生理学部門
体のどこを蜂に刺されたら一番痛いかを立証。痛みの弱い箇所:頭頂部、つま先、上腕部。痛みの強い箇所:鼻の穴、唇の上、陰茎。

中には、かなり無茶に思える研究もあるが、ファンの期待を裏切らない結果は「今年もロックしていた」とインターネットで揶揄されている。

授賞式の様子を記録した動画も終始奇天烈な雰囲気だ。興味がある人はチェックしてみては?

Reference:Improbable Research,(YouTube),Psychosomatic Research

2015年10月6日に発表されたノーベル賞のプレスリリースで、東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長がノーベル物理学賞を受賞したことがわかりました。岐阜県にあ...
ノーベル賞受賞者本人に連絡がとれない!そんなことあるの?って感じがするけど、ミュージシャンである彼を知っている人たちからすると、“らしさ”を感じたり、今回...
12月10日に行われたノーベル賞授賞式の場に姿はなかったものの、晩餐会に向けた受賞スピーチ(代読による)で、世界の人々を魅了したボブ・ディラン。2016年...
「言葉は人の生き方を決める」。そう語るのは、ノーベル生物学・医学賞を受賞した大村智さん。彼は周りから「メモ魔」と言われるほど、本やテレビを見ていて感銘を受...
ノーベル医学・生理学賞を受賞した、大村智・北里大特別栄誉教授の「人間力」が話題になっている。受賞理由となった「イベルメクチン」の開発はもちろんだが、彼の魅...
2016年2月16日(日本時間)に発表された、第58回グラミー賞の「ベスト・オペラ・レコーディング」に、小澤征爾が指揮を担当したサイトウ・キネン・オーケス...
あなたは、自分の息子に好きな相手ができたことを打ち明けられたとき、どう答え、何をアドバイスしますか?ここで紹介するのは、ショーン・アッシャーさん編集の『注...
ホロコーストを生き延び、平和に至るまでの苦しみを長く世界に訴えかけてきた、ノーベル平和賞作家のエリー・ウィーゼル。2016年7月2日、彼はNY・マンハッタ...
2015年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智さん。彼には人の話、本やテレビで感銘を受けた言葉、自ら思いついた言葉を「腹中有書」と題した備忘録に書き留...
このたび、トロント・ブルージェイズからフリーエージェントとなった川崎宗則が「ムネノリ・カワサキ賞」を受賞しました!…と言われてもピンとこない人がほとんどの...
2016年2月29日(日本時間)に行われたアカデミー賞授賞式で、俳優のレオナルド・ディカプリオが「主演男優賞」を受賞しました。これまで5度ノミネートされた...
2年連続でグラミー賞を受賞しているアメリカのアカペラグループ「ペンタトニックス」って知っていますか?ダンサブルな曲をカバーすることで知られていて、ライブで...
サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル...
2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智さんは、北里大学の特別栄誉教授であり、学校法人女子美術大学名誉理事長として、81歳になる今も教育に携わっ...
「シエナ国際写真賞」は、文化発信や芸術発展のために広く作品を募集している大きなコンテストのひとつ。ここでは、世界中から集まった50,000点の写真の中から...
第58回目のグラミー賞授賞式で、テイラー・スウィフトが2度目の「年間最優秀アルバム」を受賞しました。女性アーティストとして史上初の快挙となります。そのほか...
玉ねぎを切ると、涙が出てくるのは周知の事実。では、みなさんはそれをどう回避していますか?「包丁と玉ねぎをよく冷やしておく」「割り箸を口にくわえる」など、“...
「一風堂」ニューヨーク支店の制服が、かっこ良すぎ!ニューヨークの「一風堂」が新たに取り入れたスタッフ用ユニフォームが、他に類を見ないスタイリッシュなものに...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...