「ヒゲ界」の猛者たちが、一堂に会するとこんな感じ

言ってしまえば、ただのヒゲ面の男たち。それなのに、どんどん画面をスクロールさせ、先を急ぐ自分がいる。さあ、次はどんなヒゲだ?

斜め上をいく
超個性的なヒゲの数々

20f15452557a0bbe43fd4c859c8a9128ecd31aea4082a6f85a18f6000e2ffc6521cdae31b5a70aba28bba5c6567a38f4faf10b908e8b485cccaf4760233265085c0ea9b782a70994bd2e4d4ae3121f6e091b12e7ec724df1663287b48f0abe085025631f615c5805ee04654835ecc6f5c85c34a1bad93fc5E33dc75f23bd66ad356887e7b5fed4a28be5f372Cb5d6cd4028f356bca4559dbc581220af625edf3A0a36ede214945df68e54d23e4ab9580eb06ded72c46f3fc99ba640595b21bd3fa332031f71e899b8c1f30f34cb1dc956a8f894bdaf6ff1434a692dfFe879a03472b4a9714fd25f81e0385a3d262263d997cf99d7418295c90b2b25b12c4349ca43702f946ea109814ff7abe5ea3a063999fdb9c60ae6ab126f58c4dc69e6687cf97df93e3646592faa90ebb

彼らは、テネシー州・ナッシュビルで開催された「ヒゲコンテスト2016」の参加者。我こそは!と思う精鋭が集うこの大会は、なんと1990年から開催されているのだとか。

単体で見ると十分すぎるほど個性的なのに、周りのインパクトに負けて埋もれてしまっている人。ヒゲコンテストなのに、コスプレに注力しすぎな人。さまざまなヒゲ男たちが独自のスタイルを楽しんでいる。

こうしたコンテストに本気になれるアメリカ、なんだか羨ましい。

Licensed material used with permission by @gregandersonphoto
「Elite Daly」で、恋愛相談コーナー(エロ多め)を持つ、女性ライターGigi Engle氏。このたび、「ヒゲ男子」の魅力を、彼女らしい“性の視点”...
ヒゲを生やした男性をどう思いますか?米・ニューヨーク在住の女性ライターGigi Engleさん曰く、彼らは男性としての魅力を兼ね備えていて、パートナーとし...
アメリカ、ポートランドを拠点に活動するアーティストBrian DeLaurentiとJonathan Dahl。このゲイ2人組による「The Gay Be...
アメリカの幼稚園や小学校には、「Donuts with Dad」という学校行事があります。平たく言えば、普段忙しく働くお父さんを対象にした授業参観。親子で...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
最近、世界的にも増えている「ヒゲ男子」。男らしさだけではなく、ナチュラルなライフスタイルの象徴として捉えられることも多くなってきました。となると、もちろん...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
ポートランドの街を歩けばしょっちゅう目にするのが、豊かなヒゲを蓄えた男たち。あのヒゲ、手入れはしているのか?それとも伸ばしっ放しなのか? 今回は、全米で2...
朝、口一杯のワサビで起きるって・・・かなり危険な匂いがしますが、動画は安定の面白さです。必見! Reference :Wasabi Wake Up Prank 
「偶然」とは、なんて素敵なのだろうと思わせられる一瞬の数々。2016年の「The Comedy Wildlife Photography Awards」に...
会社やサークルの忘年会では、普通の飲み会とは違って一年の締めくくりとして大事な会となります。みんなが楽しめて素晴らしい会にできるように、幹事が注意すべき点...
公式HPに飛ぶと、メガネをかけた男女二人の外国人モデルが登場。彼らはそれぞれ、電車の中、喫茶店で本を読んでいる。ただそれだけなのに、なるほどたしかにセクシ...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
アスレジャーなんて流行語を引き合いに出すまでもなく、スポーツというキーワードがライフスタイルと密接になってきた。今やフィットネススタイルはカジュアルの一ジ...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
イケアが「ソフトトイお絵描きコンテスト」を開催中。自由な発想で描かれたキャラクターを募り、そのうち10の作品を商品化して世界中の店舗やオンラインショップで...
2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わっ...
真っ裸のもの、宙吊りになったもの、思いっきりブレてるもの、足だけのもの、仮面をかぶったもの。じつは、これらはすべて婚約写真というから目が点になった。確かに...