ノーベル賞作家が、恋に悩む息子に送った「恋愛アドバイス」

あなたは、自分の息子に好きな相手ができたことを打ち明けられたとき、どう答え、何をアドバイスしますか?

ここで紹介するのは、ショーン・アッシャーさん編集の『注目すべき125通の手紙 その時代に生きた人々の記憶』に掲載された、ノーベル文学賞作家が自分の息子に送った素晴らしい手紙。ぜひ参考にしてみては?

もしも、
息子が恋に悩んでいたら…

1958年11月10日

親愛なるトム

 

 手紙は今朝届いた。父さんなりの考えを書こう。もちろんエレインも彼女なりの考えを書くはずだ。

 まず、もし恋をしているのなら、それはすばらしいことだ。誰にとっても、身に降りかかる最高の出来事だと言える。人からばかにされたり、軽んじられたりしないように。

 次に、愛には種類がいくつかある。自分のことしか考えず、卑劣で、貪欲で、傲慢な人はうぬぼれるために愛を利用する。こういう愛は醜くいびつだ。いっぽう、自分のなかにある良いものすべて、優しさや思いやり、尊重する気持ちなどをほかの人に注ぐ愛もある。尊重にはマナーを守るという意味だけではなく、他の人をたったひとりのかけがえのない人として認めるという、より次元の高い意味もあるんだ。前者の愛は不快な感情をもよおし、自分がなさけなく、弱い人間だと思えてくるが、後者の愛は今まで自分にあると気づかなかった力、勇気、高潔さ、そして知恵までもが湧いてくる、そんな力を秘めている。

 この愛はままごと遊びとは違う、とお前は言う。そこまで深く感じているのなら、もちろん、ままごと遊びではないのだろう。

 だが、おまえは自分の感情について父さんに訊いているわけではないと思う。おまえ自身が誰よりもよくわかっているはずだからな。そういう感情とどう向き合えば良いかを知りたいというのなら──それなら父さんも力になれる。

 まずはそういう感情を抱いたことを誇りに思い、喜び、感謝することだ。
 愛の対象は最高で最も美しい。それに応えるよう努力したまえ。

 もし誰かを愛しているのなら、そう告白しても害はないだろう。ただ、なかにはとても恥ずかしがりの人もいる。だから告白するときはその点を考えないといけない場合もあることを覚えておくように。

 女の子はお前の感情を察したり感じ取ったりできるものだが、言葉に出して言ってほしいとたいていは思うものだ。

 自分の気持ちがなんらかの理由で一方通行で終わることもあるが、だからといってその気持ちが価値の低いもの、良くないものというわけではない。

 最後に書いておく。おまえの感情は私にはわかる。私にもその感情があるからだ。おまえにもそういう感情があると知ってうれしいよ。

 父さんたちは喜んでスーザンと会おう。大歓迎だ。だが、お膳立てをするのはエレインだよ。こういうことは彼女の領域だからね。きっと大喜びで準備してくれるだろう。彼女も愛について知っている。たぶん父さんより力になってくれるんじゃないかな。

 それから、失恋を恐れてはいけないよ。別れるのが正解だという場合はそうなるのだから──肝心なのは先を急がないことだ。良いものはけっして逃げていかない。

 

愛をこめて
父より 

恋多き父の
重みのあるアドバイス

この手紙は「怒りの葡萄」や「エデンの東」など、映画化された大ヒット作を世に出し、ノーベル文学賞も受賞した小説家、ジョン・スタインベックが、寄宿学校に通う14歳の息子から送られた手紙に対して書いた返事です。

初めて恋をした息子に対して、父親の目線からエールと助言を送っています。文中に登場するエレインはスタインベックの3人目の妻にあたります。

43bbd80ac4815587361cec602e8376a359d3241f
ホロコーストを生き延び、平和に至るまでの苦しみを長く世界に訴えかけてきた、ノーベル平和賞作家のエリー・ウィーゼル。2016年7月2日、彼はNY・マンハッタ...
これは、アメリカのパンクロックスター、イギー・ポップが彼のファンである21歳のローレンスへ送ったファンレターの返事。イギーは普段から義理に厚く、人情深いキ...
「グレート・ギャッツビー」で知られるアメリカの小説家、F・スコット・フィッツジェラルドは非常に多くの手紙を残しています。その中でも紹介したいのは、ショーン...
偉大なる探検家である彼の名前は、ロバート・ファルコン・スコット。イギリス海軍の軍人で、南極探検チームのリーダーを務めました。ショーン・アッシャーさん編集の...
2015年9月18日。日本人医師、木俣肇氏がイグノーベル賞を受賞した。この賞は「笑える」「考えさせられる」研究が対象に選ばれるノーベル賞のパロディ版。一部...
「言葉は人の生き方を決める」。そう語るのは、ノーベル生物学・医学賞を受賞した大村智さん。彼は周りから「メモ魔」と言われるほど、本やテレビを見ていて感銘を受...
ビル・ヒックスというアメリカのコメディアンが、テレビで披露したネタに対して、ある牧師からクレームの手紙が送られてきました。それに対してビル自身が書いた返事...
米ジョージア州アトランタに住む、6歳の男の子Leland君が2015年9月に永遠の眠りにつきました。外で遊んでいた彼は突然、バラムチア・マンドリルリス感染...
「サンタクロースは本当にいるの?」ここで紹介するのは、ニューヨークの新聞紙「ザ・サン」の編集部に送られてきた少女からの手紙と、それに対する編集者フランシス...
ノーベル医学・生理学賞を受賞した、大村智・北里大特別栄誉教授の「人間力」が話題になっている。受賞理由となった「イベルメクチン」の開発はもちろんだが、彼の魅...
2015年10月6日に発表されたノーベル賞のプレスリリースで、東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長がノーベル物理学賞を受賞したことがわかりました。岐阜県にあ...
Tricia J. Belstraの愛する息子さんが自殺したのは、今年の8月12日のこと。乗っていた飛行機で声をかけられた名前も知らないCAの男性に、紙ナ...
この手紙は、イギリスのチャーチル首相宛てに、妻のクレメンティンから贈られたもの。ドイツ軍の侵攻が激しさを増すなか、窮地に立たされていたチャーチルを救い、1...
12月10日に行われたノーベル賞授賞式の場に姿はなかったものの、晩餐会に向けた受賞スピーチ(代読による)で、世界の人々を魅了したボブ・ディラン。2016年...
1864年、アメリカではそれまで奴隷として扱われていた黒人たちが、リンカーンの奴隷解放宣言により長年の奴隷生活から解放され、自由を手にしました。ショーン・...
イギリスで三人の子どもを育てるRachelさんがFacebookに綴った投稿が、大きな話題を呼んでいます。内容は、次男に与えられた「皆勤賞」を断った理由で...
ノーベル賞受賞者本人に連絡がとれない!そんなことあるの?って感じがするけど、ミュージシャンである彼を知っている人たちからすると、“らしさ”を感じたり、今回...
いま、アメリカで話題を呼んでいる父と息子の一幕。結婚を決意した息子が、父にその報告をする。たったそれだけのやり取りですが、きっとあなたの心は動くはず!息子...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
世界中を美談として駆け巡っている、イギリスのお話を紹介。主人公は、11歳の少年ベンくん。5歳で自閉症と診断された彼は、昨年、普通の学校から特別養護学校へと...