牧師に「言論の自由」を説いた、コメディアンからの1通の手紙

ビル・ヒックスというアメリカのコメディアンが、テレビで披露したネタに対して、ある牧師からクレームの手紙が送られてきました。それに対してビル自身が書いた返事の手紙は、とても興味深い内容でまとめられていました。

ショーン・アッシャーさんが編集した『注目すべき125通の手紙 その時代に生きた人々の記憶』より、一部を紹介したいと思います。手紙を使うことで、このように出会ったことのない人同士が、議論を交わすこともできるのです。

クレームに対しても
誠意とユーモアを

1993年6月8日

 

拝啓 ぼくの特別な「啓示」番組について懸念を記した手紙を拝見し、これはぼく自身がお答えすべきことだと感じました。ご指摘を受けた点についてぼくの見解を明らかにするとともに、ぼくが本当はどういう人間なのかをご理解いただけたらと思います。

 ぼくの国アメリカには「言論の自由」という一風変わった概念があり、これが人類の精神的成長において最も優れた成果のひとつだと感じている人が大勢います。ぼく自身「言論の自由権」を強く支持しています。この概念を本当に理解している人ならほとんどが支持するでしょう。
「言論の自由」とは、自分には承服できない意見を他人が述べる権利を認めるというものです。(自分が受け入れられる意見のみ人に発言を認めるというのであれば、「言論の自由」とはなりません)。世界にはさまざまな信条があり、そのどれか一つに全員が賛成するというのは実質上ありえないことを考えると、「言論の自由」のような概念が実際にどれほど重要な価値を持っているかが見えてくるのではないでしょうか。この概念は、基本的には「あんたが言っていることに賛成もしないし関心もないが、あんたがそう言う権利はきっちり認める、真の自由とはそういうもんだからね」ということです。

 ぼくのネタが「不快」で「冒涜」だとおっしゃっていますね。あなたは今までご自身の信仰について苦情の手紙を受け取ったことが一度もないでしょうし、なぜそんな信仰が許されるのかと問いただされたこともないはずです。賭けてもいいですよ。そういう方がご自身の信仰を中傷された、脅かされたと受け止めた点がおもしろい、とぼくは思っています。(もしそういう手紙を受け取っていたのでしたら、その手紙はぼくが書いたものではありません)。
さらに、1週間のテレビ番組表にざっと目を通してみると、たいていの週にぼくのショーより宗教色の濃い番組がいくつもあるのではないかと思います。ぼくのショーに「特別番組」と銘打ってあるのは、非常に珍しいという事実によるものです。

 「啓示」では、ぼくの見解をぼく自身の経験に基づきぼくのことばで述べているだけです。放送局の敬虔な人が番組を編成するのと大差ありません。ぼくは宗教的な番組を何年も見てきました。好みに合わないもの、自分の信仰にそぐわないものはたくさんありましたが、だからといってもっと強力な検閲を、などと思ったことは一度もありません。チャンネルを変えれば済む話だとぼくは思っています。テレビを消せばもっといいでしょう。

 さて、あなたの手紙でいちばん気になった点について書きます。

 憤慨の裏付けとして、あなたはイスラム教徒が不快と感じるようなネタに対して示すかもしれない「怒り」の反応について、仮想的なシナリオを描いています。そこでお訊きしたいのですが、あなたはキリストのメッセージを知らないどころか、「言論の自由」や忍耐といった観念についても同様になじみがないと思われるごく一部の悪党たちの暴力テロを暗に容認しているのですか?自分の信仰とは異なるものに寛容になれないのは当然だ、称賛に値する、さらには受容や赦しよりも好ましいとほのめかしているのであれば、あなたが本当に信じているのはなんなのかと思いたくなります。

 ぼくのショーを最初から最後までご覧になっていれば、ぼくの考えをまとめたくだりで、ぼくが各国政府に軍事費を削減し、世界の貧困層にもっと食料や衣服や教育を与えてくれと熱く訴えかけているのがおわかりいただけたはずです……。この点ではキリスト教徒らしからぬ訴えとは言えますまい。

 ぼくの番組のメッセージとは、突きつめて言えば、無知よりも理解を、戦争よりも平和を、非難よりも赦しを、恐怖よりも愛をという呼びかけです。ぼくのメッセージはあなたの耳には届かなかったようですが(ぼくの提起のしかたのせいでしょう)、イギリスツアーを行ってみて、何千人もの人々に受け取ってもらえたと実感しています。

 ご質問に対し、いくらかは答えになっているとよいのですが。それから、あなたとのやりとりをいつでも歓迎するという招待状としてこの手紙を受け取っていただければと思います。もしよろしければ、コメントやご意見、ご質問を気兼ねなくぼく個人宛に送ってください。送るつもりはないというのでしたら、これから放映されるぼくの特別番組2つを楽しんでください。番組タイトルは「まぬけなモハメッド」と「デブの仏陀」です(冗談ですよ)。

 

敬具
ビル・ヒックス

本当の意味での
「言論の自由」とは

F5333d3aefcc92e63881fa37ce8330684e443add

意見の内容は人それぞれですが、このように自分の思ったことをはっきりと、曲げずに主張したビルの姿勢は現代人が見習うべきものなのではないでしょうか。「言論の自由」は、自分の言いたいことを言うだけでは不十分です。自分の意見に対する反対意見を聞き、議論を交わす。これが本当の意味での「言論の自由」になるのでしょう。

そして、「手紙」にはそれを助ける力があるのです。

これは、アメリカのパンクロックスター、イギー・ポップが彼のファンである21歳のローレンスへ送ったファンレターの返事。イギーは普段から義理に厚く、人情深いキ...
「グレート・ギャッツビー」で知られるアメリカの小説家、F・スコット・フィッツジェラルドは非常に多くの手紙を残しています。その中でも紹介したいのは、ショーン...
偉大なる探検家である彼の名前は、ロバート・ファルコン・スコット。イギリス海軍の軍人で、南極探検チームのリーダーを務めました。ショーン・アッシャーさん編集の...
「サンタクロースは本当にいるの?」ここで紹介するのは、ニューヨークの新聞紙「ザ・サン」の編集部に送られてきた少女からの手紙と、それに対する編集者フランシス...
この手紙は、イギリスのチャーチル首相宛てに、妻のクレメンティンから贈られたもの。ドイツ軍の侵攻が激しさを増すなか、窮地に立たされていたチャーチルを救い、1...
1864年、アメリカではそれまで奴隷として扱われていた黒人たちが、リンカーンの奴隷解放宣言により長年の奴隷生活から解放され、自由を手にしました。ショーン・...
Timothyさんは、Candiceさんと初デートをした1週間後、彼女に最初のラブレターを書きました。以来、ふたりはときどき、お互いの気持ちを手紙に書いて...
世界中にペンパルが欲しいーー。そんな考えを実現してしまったのが、イギリスのToby Littleくん。書いた手紙は890通、そのうち返信は378通(201...
Candice Curryさんは、別れた夫の新しい妻(そして、自分の娘の新しい母親)に手紙を送りました。ここで紹介するのは、彼女のブログに掲載された手紙の...
「私はもう、あなたが結婚した女ではないわ」。そんな言葉で始まる、一通の手紙を紹介しましょう。送り主は、ニュージャージー州に住む女性ライター、ローラさん。彼...
マーク・ザッカーバーグCEOが出産報告とともに、夫妻が持つ99%の株式を慈善事業に寄付すると発表し話題になりましたが、投稿には彼が誕生したばかりの娘に向け...
あなたは、自分の息子に好きな相手ができたことを打ち明けられたとき、どう答え、何をアドバイスしますか?ここで紹介するのは、ショーン・アッシャーさん編集の『注...
LINEやメールで手軽にメッセージをやり取りできるからこそ、手書きのぬくもりが見直されている今日この頃。さらにもう一歩踏み込んだ“新種の手紙”が登場し、関...
子どものころ、両親や家族に宛てて手紙を書いたことがありませんか?それが他愛のない内容であっても、親にとっては宝物。この7歳の女の子は、ちょっとユニークな手...
「Amazonで日本の会社に注文したら、こんな手紙が添えられて届いたよ!」ある日Redditに投稿された、一通の手紙。「日本のおもてなしの心って、やっぱり...
招待状もメールで済んでしまう時代ですが、あえて手紙を出したくなるーー。そんなきっかけになるのが「切手のこびと」。ぺたっと押すだけで手紙をより印象的にしてく...
Tricia J. Belstraの愛する息子さんが自殺したのは、今年の8月12日のこと。乗っていた飛行機で声をかけられた名前も知らないCAの男性に、紙ナ...
アメリカの人種差別撤廃に大きな礎を築いた人物。マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)。彼の一連の言動には、「現代のビジネスマンが教訓にすべき...
米ジョージア州アトランタに住む、6歳の男の子Leland君が2015年9月に永遠の眠りにつきました。外で遊んでいた彼は突然、バラムチア・マンドリルリス感染...
18歳の誕生日を迎えたアビー・バン・メートルさんの元に届いた、誕生日プレゼント。それは100年以上前のものと思われる、木でできた大きな箱でした。そして両親...