突然の息子の死。母の心の支えになったのは、一通の紙ナプキンだった。

私は今まで、この話をすることができませんでした。8月18日のこと、サウスウエスト航空の1076便に乗っていました。その時は、気分がよくなくて、周囲からも具合が悪そうに見えていたと思います。(中略)

 

一人のキャビンアテンダント(CA)が、「大丈夫ですか?」と声をかけてくれました。私は水を頼むと、若い男性が持ってきてくれたのですが、彼の名前を聞いておけば良かったと今では後悔しています。(中略)

 

声をかけてくれた彼に、息子を埋葬するため故郷に帰る途中であることを話しました。すると、お悔やみの言葉のあとに、ミネラルウォーター、氷の入ったグラス、ダイエットコーラを持ってきてくれたんです。だけど、手が震えて飲むことができず、隣に座っていた女性が手伝ってくれることに。(中略)

 

離陸後に飛行機を降りようとしたら、彼に呼び止められて、紙ナプキンを渡され、改めてお悔やみの言葉を伝えてくれました。お礼を言って彼の元を去り、少ししてからナプキンに書かれていたメッセージを読み始めたんです。ふと、気が付いた時には目から大粒の涙が…。

 

私は、祈りを捧げました。だって、彼が天使のように見えたのだから。どうか、この投稿文をシェアしてください。彼の目に止まって欲しい。見知らぬ女に、時間を割いてまで手紙を書いてくれたこと。息子を失ったばかりの私は、優しい言葉に救われたのです。心から感謝していることを伝えたい。

あなたの「やさしさ」が、
誰かの心を動かすこともある

この文章を綴ったTricia J. Belstraの愛する息子さんが自殺したのは、今年の8月12日のこと。名前も知らないCAの男性に、紙ナプキンを渡された直後はそれが自分の気持ちを温かくするものだとは思いもしなかったそう。

彼とは、その後会えていません。もしも、再会できたらハグをして、感謝を伝えたいと言っています。ほんの些細なことかもしれないけれど、Triciaにとっては“生きる支え”になるほど重要なことだったから。

彼女は、メッセージを読んだ人々にも伝えたいことがあると言います。

もしも、あなたの周りに落ち込んでいる人がいたら、迷わずにに話しかけて欲しい。あなたにとって小さなことでも、声をかけられた相手にとっては、かけがえのない一言になるかもしれないから。

最後に、Triciaの人生を大きく変えた“名前の知らない彼”からの紙ナプキンにびっしり書かれた手紙を読んでみてください。

6672678c2fcd0c4197027df3a2c862f4d9a8275656a1868aec1fe284624afa75fe1e132640b33533

今思い出しても辛いことですが、2004年に兄を失いました。ただ、あなたが母親として感じている心の痛みは、僕が理解できるものではないでしょう。

 

でも、悲しみにくれる母の姿をずっと見てきました。今でもそれは変わりません。未来へ続く命を誕生させることができるのが母親というもの。あなたの使命はまだ終わっていません。息子さんがこの世界に生まれたことは、死よりも大切なことだと思います。それは、これからも絶対に変わりません。

 

僕のお母さんは、かつて“心の痛み”を和らげようと、心配になるほど無茶をすることがありました。でも、どんなに無理をしても心のキズが完全になくなることはないと、今ではわかっています。あなたも痛みを和らげるために、無茶なことを追い求めてエネルギーを費やさないでください。その代わり、「喜び」を全力で探してください。

 

家族に会ったり、友人たちと交流したり、いろいろな旅に出ましょう。これは、あなたの人生だから、息子さんのためにも、苦難を乗り越えるべきです。どうか、自分を責め続けないでください。

 

たとえ、今はそう思えなくても、この世界は優しさに溢れているし、あなたのことを気にかけてくれる人だってたくさんいます。僕もそのひとり。あなたの様子が気になるし、気持ちをどうしても考えてしまうんです。もし、この出来事を乗り越えることができたなら、強い人間に生まれ変わったような気持ちになるでしょう。僕はいつでも、あなたのことを応援しています。

Licensed material used with permission by Tricia J. Belstra
偉大なる探検家である彼の名前は、ロバート・ファルコン・スコット。イギリス海軍の軍人で、南極探検チームのリーダーを務めました。ショーン・アッシャーさん編集の...
米ジョージア州アトランタに住む、6歳の男の子Leland君が2015年9月に永遠の眠りにつきました。外で遊んでいた彼は突然、バラムチア・マンドリルリス感染...
ホテルがアタシの人生のすべてだったの。妹の葬儀にだって顔を出さなかった…、そのくらい仕事が大事だったからよ。アンタの父親に初めて会ったのもホテルの宴会場。...
あなたは、自分の息子に好きな相手ができたことを打ち明けられたとき、どう答え、何をアドバイスしますか?ここで紹介するのは、ショーン・アッシャーさん編集の『注...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
「ブーブは、逆から読んでもブーブ♪」そんな歌がいま注目されています。Boobは英語で"おっぱい"という意味。楽曲のアイデアは8歳の少年のものでした。が、参...
世界中を美談として駆け巡っている、イギリスのお話を紹介。主人公は、11歳の少年ベンくん。5歳で自閉症と診断された彼は、昨年、普通の学校から特別養護学校へと...
イスラエルに住むRuthi Gaonさんの息子、Erezくんは、いくつかのハンディキャップを背負って生まれてきました。そのうちのひとつに「congenit...
Candice Curryさんは、別れた夫の新しい妻(そして、自分の娘の新しい母親)に手紙を送りました。ここで紹介するのは、彼女のブログに掲載された手紙の...
18世紀のイギリスで、著名な教養人の一人と称され、大使、閣僚としても活躍したフィリップ・チェスターフィールド卿。一人の男性として、そして、父親として、最愛...
私たちは、幼い頃に両親から教えてもらったことを、どのくらい覚えているでしょうか。大人になったいま、ふと思い返してみると、何気ない些細なひと言や、口うるさく...
英・テレグラフ紙のインタビューで先日、母の故・ダイアナ妃の死がきっかけで心を閉ざし、精神的に苦しい時期を過ごした期間があったことを告白した、英王室のヘンリ...
思春期の少年には、子どもから大人へと成長する過程で、避けては通れない“通過儀礼”がある。母親との衝突だ。母からの無条件な愛は感じるのだけれど、一方、母とい...
これは、アメリカのパンクロックスター、イギー・ポップが彼のファンである21歳のローレンスへ送ったファンレターの返事。イギーは普段から義理に厚く、人情深いキ...
画家でカメラマンとしても活動するTony Lucianoさんには、認知症を患った93歳になる母親(Eliaさん)がいます。2年前、もはや身の回りのことを自...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
いま、アメリカで話題を呼んでいる父と息子の一幕。結婚を決意した息子が、父にその報告をする。たったそれだけのやり取りですが、きっとあなたの心は動くはず!息子...
「私はもう、あなたが結婚した女ではないわ」。そんな言葉で始まる、一通の手紙を紹介しましょう。送り主は、ニュージャージー州に住む女性ライター、ローラさん。彼...
ここで紹介するのは、「Lessons Learned in Life」で掲載された、年老いた母が、娘に贈った手紙という記事。すこし物忘れをしやすくなってし...
チェコ生まれで、現在はノルウェーで暮らしているエヴァさん。今年で69歳になった彼女に、パートナーはいません。ここ数年間相手を探し続けているのですが、なかな...