「なぜ、私の大事な息子を笑うの?」母親の投稿に、何万人もの人が心を打たれた

イスラエルに住むRuthi Gaonさんの息子、Erezくんは、いくつかのハンディキャップを背負って生まれてきました。そのうちのひとつに「congenital melanocytic nevi(先天的メラニン母斑)」と呼ばれる肌の異常があり、顔も含めて身体中にホクロがあるのです。

どうしても、Erezくんには視線が集まってしまいます。ときには、嫌な思いをすることも。そんなとき、お母さんはこんな風に教えました。

「イヤな視線は無視しよう。そして、ポジティブなことに目を向けるの」

どうして、私の大事な息子を
笑うの?

8歳のErezくんも、お母さんの教えを守り、たとえ注目されたとしても、ポジティブに生きてきました。しかし先日、親子は余りに心ない言葉をかけられたそうです。

「ただただ、非情な言葉だったわ。その言葉を再現することなんてできないくらい、残酷なものだったの」

Medium 9baa2be01ed38303e05ea4b15ba89c2f4a9cb1f9

そしてRuthiさんは、Facebookにこう投稿しました。

「視線を集めてしまうことや、陰口を言われることには慣れているわ。私たちがどれほど統合教育や受け入れの話をしようとも、排除しようとする人はたくさんいるし、注目されてしまうの。ときには、それがポジティブなこともあるけど、意地悪な人がいるとき、私は本当につらい。どうして私の大事な息子を笑う人がいるのでしょうか」

投稿には、自分の顔にもたくさんのホクロを描いて、Erezくんと一緒に写った写真も添えて。

みんな、Erezの友だち

Medium e595980de46c7d7edd107e82f07e092aa71ea6f3

Ruthiさんの投稿は68,000回の「いいね!」を集め、10,000シェアされました。そして、まったく知らない人までも、自分の顔にホクロを描いて投稿し始めたのです。

その後、Erezくんのために#friendsoferez(Erezの友達)というハッシュタグまででき、たくさんの人がホクロを描いた写真を投稿しています。Twiigyという、イスラエルの子ども番組向けエンターテイナーが賛同してくれたことも、大きな後押しとなりました。

心ない言葉をかけられて傷ついた親子は、たくさんの「友達」からの応援される存在になりました。ふたりのこんなに仲良しで楽しそうな笑顔を見たら、思わず応援したくなってしまいますね。

Licensed material used with permission by Ruthi Gaon
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
いま、アメリカで話題を呼んでいる父と息子の一幕。結婚を決意した息子が、父にその報告をする。たったそれだけのやり取りですが、きっとあなたの心は動くはず!息子...
私たちは、幼い頃に両親から教えてもらったことを、どのくらい覚えているでしょうか。大人になったいま、ふと思い返してみると、何気ない些細なひと言や、口うるさく...
米ジョージア州アトランタに住む、6歳の男の子Leland君が2015年9月に永遠の眠りにつきました。外で遊んでいた彼は突然、バラムチア・マンドリルリス感染...
科学博物館にいた、見知らぬ少年へあなたが誰か知りませんが、私の息子(Kaden)と遊んでくれて本当にありがとう。Kadenが床に落ちていたボールを拾えない...
18世紀のイギリスで、著名な教養人の一人と称され、大使、閣僚としても活躍したフィリップ・チェスターフィールド卿。一人の男性として、そして、父親として、最愛...
「ブーブは、逆から読んでもブーブ♪」そんな歌がいま注目されています。Boobは英語で"おっぱい"という意味。楽曲のアイデアは8歳の少年のものでした。が、参...
夢に自分の子供が出てくると、どんな展開であれ、気になるものです。特に子供が幼い場合はそうでしょう。子供が夢に出てくるのは、子供に関することを暗示する場合と...
世界中を美談として駆け巡っている、イギリスのお話を紹介。主人公は、11歳の少年ベンくん。5歳で自閉症と診断された彼は、昨年、普通の学校から特別養護学校へと...
「1円たりとも無駄にしない」という言葉がありますが、1円玉は、お金の「最小単位」だからこそ、どのように扱うかによって、その人の価値観や哲学、人生観がありの...
奥さんに対して「子どもと一緒に自宅でゴロゴロしてるだけなのに、なんであんなに疲れてるんだろう。理解できない…」なんて思っていませんか?口にしないまでも、心...
現在マサチューセッツ州在住のジェフリーさんは、ビザや経済的な理由からアフリカ・ガボンに住む家族に会えず、弟とは4年、母親とは10年、顔を合わせていませんで...
現在、日本ではダウン症の赤ちゃんが過去15年間で約2倍に増えていると推計されている。2014年、2月9日。とある一通の手紙が、未来のママより届いた。「ダウ...
「私はもう、あなたが結婚した女ではないわ」。そんな言葉で始まる、一通の手紙を紹介しましょう。送り主は、ニュージャージー州に住む女性ライター、ローラさん。彼...
親が年をとり、その言動についイライラしてしまう人も多いのではないでしょうか。何で分からないんだ、なぜ何度も言わなきゃいけないんだ…。でも、あなたが子どもの...
チェコ生まれで、現在はノルウェーで暮らしているエヴァさん。今年で69歳になった彼女に、パートナーはいません。ここ数年間相手を探し続けているのですが、なかな...
ときどき、驚くほど打たれ強い人にお目にかかることがありますよね。「自分もそうなりたい」と思うものの、なかなか思い通りにいかないこともあります。具体的に、打...
友情。それはかけがえのないもの。一生付き合える友達は、何にも代えられない宝のような存在だ。でも知り合う全ての人と仲良くすることはできない。誰が果たして本当...
誰かを愛するということは、必ずしもハッピーな気持ちだけでいられるワケではありません。時には辛さや痛みを伴うし、それは万国共通の感情のようです。「愛すること...
ここでは、11歳の息子を持つパパブロガーの愛情こもったメッセージを紹介します。子どもの成長って本当に早いものですよね。とにかく小さくて、触ったら壊れちゃい...