その数800通以上!世界すべての国に手紙を書いた8歳の少年

世界中にペンパルが欲しいーー。そんな考えを実現してしまったのが、イギリスのToby Littleくん。書いた手紙は890通、そのうち返信は378通(2016年5月中旬現在)。1年で193ある国連加盟国にはすべて手紙を書いたというのですから、驚きです。

きっかけは思いつき!?

Cf971aa57851012ef74663180da98ae9e27f47ce

地図の緑の部分が、Tobyくんが手紙を書いて、返信があった国。紫は、手紙を書いたけれど返信のない国。

彼が手紙を書き始めたのは、2013年。「A Letter to New Zealand」という、イギリスとニュージーランドで文通を行っている子どもを通して、ポストに投函された手紙がどのように海外へ送られるかを紹介した本を読んだのがきっかけ。本を読んだ後、彼は「ニュージーランドへ手紙を書いてもいいかな?」とお母さんに質問。「そうね…そう思うわ」と答えるとすぐ「世界にある全部の国に書いてもいい?」とTobyくん。ここからプロジェクトが始まりました。

Bc60529eb92c28427f06974b56c2e9bb519d3d14

The Telegraph」によると、最初は友達に送っていただけのものだったそう。それが友達の友達へと広がり、「5通ほどでやめてしまうだろう…」という周囲の予測を大いに裏切る結果に。そこで手紙を送る先をFacebookで募ったところ、3日間で4,000ものメッセージが届いたそうです。

1度に10通書くこともあるというその内容は、どんな人か、どんな場所が好きか、または料理のレシピを送ってくれるかどうかなどをたずねる、簡単なフォーマットなのだそう。

教えてもらったら…
作ります!

A8b22a587b48bce5f4f5e7cc1644286d212e2c28

送られてきたレシピはちゃんと作ってブログにアップ。一番美味しかったのは、オランダのパンケーキの一種「ポッフェルチェ」(写真)で、口に合わなかったのはフィリピンのヤムイモアイスクリーム「ube」なのだとか。

30e7a06ab64aa6cdce8f369a2e565f8b4172285f

送った手紙と返信は
すべて公開

すべての手紙はサイト上で地域・国ごとに管理、公開されていて、これまでイギリスのウィリアム王子とキャサリン妃、フランシスコ・ローマ法王や、南極で研究を行うチームからの返信も。

また有名人ばかりではなく、さまざまな国で普通の生活を送る子どもや社会人などにも手紙を送っていて、日本ではこれまで6人が交換しています。写真は東京のNoémieさんへ出したもの。

7740786863590fa82ec113a66b48e4e6428d6e10

手紙を通じて世界を知る

世界情勢やその国の文化などを、この手紙のやりとりから実体験しているTobyくん。世界には切手やその日の食事さえも買えない人がいることを知り、災害対策の専門家や、チャリティを行っている人たちにも手紙を書き始めました。

それだけではなく、自分で募金活動もスタート。シェルターやブランケット、ストーブ、調理用品など生活必需品と子ども用のおもちゃを送るというもので、これまでに約47万円以上を集め、約9万円するこのセットをすでに4つ寄付しています。

さらに、これまで送ったお便りと返信をまとめた本『Dear World, How Are You?』を2015年に出版!

「あなたの想像力によって世界の大きさは変わる」

8歳にしてこの言葉、さすがです…。

現在もサイト、Facebookで手紙ボランティアを募集しているので、Tobyくんと手紙でコンタクトをとってみたい!と思った人は、こちらから申し込んでみて。

Reference:The Telegraph
Licensed material used with permission by Writing To The World
これは、アメリカのパンクロックスター、イギー・ポップが彼のファンである21歳のローレンスへ送ったファンレターの返事。イギーは普段から義理に厚く、人情深いキ...
Candice Curryさんは、別れた夫の新しい妻(そして、自分の娘の新しい母親)に手紙を送りました。ここで紹介するのは、彼女のブログに掲載された手紙の...
「グレート・ギャッツビー」で知られるアメリカの小説家、F・スコット・フィッツジェラルドは非常に多くの手紙を残しています。その中でも紹介したいのは、ショーン...
子どものころ、両親や家族に宛てて手紙を書いたことがありませんか?それが他愛のない内容であっても、親にとっては宝物。この7歳の女の子は、ちょっとユニークな手...
ビル・ヒックスというアメリカのコメディアンが、テレビで披露したネタに対して、ある牧師からクレームの手紙が送られてきました。それに対してビル自身が書いた返事...
18歳の誕生日を迎えたアビー・バン・メートルさんの元に届いた、誕生日プレゼント。それは100年以上前のものと思われる、木でできた大きな箱でした。そして両親...
「サンタクロースは本当にいるの?」ここで紹介するのは、ニューヨークの新聞紙「ザ・サン」の編集部に送られてきた少女からの手紙と、それに対する編集者フランシス...
Timothyさんは、Candiceさんと初デートをした1週間後、彼女に最初のラブレターを書きました。以来、ふたりはときどき、お互いの気持ちを手紙に書いて...
偉大なる探検家である彼の名前は、ロバート・ファルコン・スコット。イギリス海軍の軍人で、南極探検チームのリーダーを務めました。ショーン・アッシャーさん編集の...
最近、あなたは人に褒められましたか?または褒めましたか? 坂東眞理子さんの著書『すべては書くことから始まる』では、褒める行為について彼女なりの考え方がまと...
先進国では男女平等の意識が高まりつつあるかもしれませんが、世界にはまだまだ「女の子だから」という理由でつらい思いをしている子どもたちがたくさんいます。ガー...
米ジョージア州アトランタに住む、6歳の男の子Leland君が2015年9月に永遠の眠りにつきました。外で遊んでいた彼は突然、バラムチア・マンドリルリス感染...
写真は、8歳の少女が泥棒に宛てて書いた手紙(走り書き)。留守中を狙って空き巣に入られたその窓に、彼女は手紙を貼りました。泥棒がこれを目にすることはきっとな...
1864年、アメリカではそれまで奴隷として扱われていた黒人たちが、リンカーンの奴隷解放宣言により長年の奴隷生活から解放され、自由を手にしました。ショーン・...
マーク・ザッカーバーグCEOが出産報告とともに、夫妻が持つ99%の株式を慈善事業に寄付すると発表し話題になりましたが、投稿には彼が誕生したばかりの娘に向け...
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
この手紙は、イギリスのチャーチル首相宛てに、妻のクレメンティンから贈られたもの。ドイツ軍の侵攻が激しさを増すなか、窮地に立たされていたチャーチルを救い、1...
LINEやメールで手軽にメッセージをやり取りできるからこそ、手書きのぬくもりが見直されている今日この頃。さらにもう一歩踏み込んだ“新種の手紙”が登場し、関...
子育てをしていると、子供が学校からいろいろなお手紙を持って帰ってきます。7歳のネイサンくんも、ある日「学校から」と言ってお母さんに手紙を渡しました。でもこ...
「私はもう、あなたが結婚した女ではないわ」。そんな言葉で始まる、一通の手紙を紹介しましょう。送り主は、ニュージャージー州に住む女性ライター、ローラさん。彼...