匿名で寄付されたウエディングドレス。そこに貼られていた「手紙」に、世界中が涙

イギリスのあるチャリティーショップに、匿名で寄付されたウェディングドレスが話題を呼んでいます。その理由とは?

思わず涙!
ドレスに付けられた感動的なメモ

wedding-dress-1

件のウエディングドレスは、イギリスのリーズにあるSt Gemma’s Hospice charity shopsというチャリティーショップに匿名で寄付されたもの。このショップは、終末期のがん患者などを受け入れているホスピスによって運営されています。
花柄のレースが素敵なドレスですが、そこには1枚の手紙が貼ってありました。

「このドレスを手にする女性が、愛する人と素敵な人生を送れますように。ちょうど僕が56年間、幸福な月日を過ごしたようにね。妻のような女性と結婚して、僕は本当に幸せものだよ。」

チャリティーショップは、この男性を探し出そうとFacebookにドレスとメモの写真を投稿しました。1950年代に作られたものにも関わらず、状態も良く美しいドレスは、すぐに話題の的に。Facebookには
「なんて素敵なドレスなんでしょう。そこに添えられた手紙も、本当に素晴らしいわ」
「とても素敵ね…、思わず涙がこぼれたわ」
と、心温まるコメントが数多く寄せられています。

 遂に男性を発見!
このドレスは6/19まで販売中

そして遂に、チャリティーショップはその男性を発見。しかし、当の本人はその注目の高さに驚き名前を伏せたままにしておきたいと申し出たとか。彼はこのホスピスに、ドレスの売り上げが運営の助けになれば嬉しいとだけ伝えたそうです。

wedding-dress-2

そして、このドレスは、現地時間の6月19日までebayで出品されています。売り上げはもちろん、ホスピス運営のために使われるとか。
次にこのドレスを手にする女性には、男性の願い通り幸せな結婚生活を送ってほしいですね。

Licensed material used with permission by St Gemma’s Hospice

動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
Candice Curryさんは、別れた夫の新しい妻(そして、自分の娘の新しい母親)に手紙を送りました。ここで紹介するのは、彼女のブログに掲載された手紙の...
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
ロンドンのとあるバーに貼られていたという、一枚の紙。そこに書かれていたのはとてもネガティブな「文章」でした。pic.twitter.com/q3BReod...
世界中にペンパルが欲しいーー。そんな考えを実現してしまったのが、イギリスのToby Littleくん。書いた手紙は890通、そのうち返信は378通(201...
美しいドレスですが、これ、「紙」でできているんです。タイトルは「World Brides」。ロシア人アーティストAsya Kozinaさんによる作品です。...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
つい先日、2ヶ月間もの育児休暇をCEO自ら取得したことで話題になったマーク・ザッカーバーグ氏ですが、またまた驚きの展開が…!2015年12月2日の朝、同氏...
お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられ...
「サンタクロースは本当にいるの?」ここで紹介するのは、ニューヨークの新聞紙「ザ・サン」の編集部に送られてきた少女からの手紙と、それに対する編集者フランシス...
夢の中の自分が泣いていた…。何か不幸の予感のように思えますよね。ところが、実際はその逆でなく夢は「吉夢」、つまり幸運の予兆。夢の中の涙の意味を解明していき...
科学博物館にいた、見知らぬ少年へあなたが誰か知りませんが、私の息子(Kaden)と遊んでくれて本当にありがとう。Kadenが床に落ちていたボールを拾えない...
「グレート・ギャッツビー」で知られるアメリカの小説家、F・スコット・フィッツジェラルドは非常に多くの手紙を残しています。その中でも紹介したいのは、ショーン...
「私はもう、あなたが結婚した女ではないわ」。そんな言葉で始まる、一通の手紙を紹介しましょう。送り主は、ニュージャージー州に住む女性ライター、ローラさん。彼...
世界中を美談として駆け巡っている、イギリスのお話を紹介。主人公は、11歳の少年ベンくん。5歳で自閉症と診断された彼は、昨年、普通の学校から特別養護学校へと...
マーク・ザッカーバーグCEOが出産報告とともに、夫妻が持つ99%の株式を慈善事業に寄付すると発表し話題になりましたが、投稿には彼が誕生したばかりの娘に向け...
Facebook内でよく動画を見ますか?今では1日になんと80億回も動画が再生されており、急成長しているとFacebook社は伝えています。しかし、この発...