着付けの技で、振り袖をウェディングドレスに。

もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?

とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がないなんて、もったいない!

切ったり、縫ったりせず
振袖がウェディングドレスに?

D26ea6fe4856b035b757f9d68610e6d1240d81dd

でも、そんな振袖を裁断したり縫ったりすることなく、活用できる方法があるんです。

「ザ・オリエンタル和装」では熟練の技で、たった10分ほどで着物をドレス風に着付けてしまいます。

この特別な着付けサービスを提供している有限会社ビギンの代表、村井昭子さんは、浴衣をミニで着付けてスニーカーを履くアレンジをしたりなど、もともと着物をアレンジして着るのが好きだったそうです。

「振袖には、高価なものを身につける感動、モノを大切に扱う思いやり、そして親・祖父母から子どもへの思いがつまっています。それをもっとも表現できる結婚式で、感謝を伝える衣装として着ていただきたいと思いました。」

結婚式のあとも
一生ものの衣装が残る

7ce14131be8ead613a47351278195f7e00a4e0cc

普通だと、結婚式のウエディングドレスは貸衣装を使うことが多く、結婚式が終わったら二度とその衣装を目にすることはありません。

でも、自分の振袖を着つける「ザ・オリエンタル和装」をウエディングドレスに選んだら、結婚式の後も一生手元に置くことができるのです。

結婚式で着た衣装を大切にしまっておいて、いずれは娘に譲る、というのもステキです。

「日本の着物はすばらしい」
オペラ座での撮影が話題に

13147cf6826bdde7088a3bde48e879c8ccc2caae

2013年にパリで、まずは普通に振袖を着付け、その後ウエディングドレス風に着付けたところ、大絶賛を受けたのだそうです。

オペラ座ガルニエ宮の前で撮影をしたときには、そばにいた人たちから驚きの声が上がり、周りにどんどん人が増えて離れなかったほど。

2016年にはハワイにも代理店ができて、オーダーがたくさん舞い込んでいるのだそう。12月にロサンゼルスで開催したショーも、とても盛り上がった様子です。このように海外でも、日本の着物は魅力を発揮しているのですね。

Licensed material used with permission by ザ・オリエンタル和装®
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
花火大会やお祭りの季節が到来です。浴衣で夏気分を満喫したい人、そろそろ着付けの練習を始めませんか?動画と併せて「ここを押さえておけば着崩れしにくい」襟と帯...
エアギター、ビキニ、BBQなどアメリカには、風変わりなコンテストが数知れずあるけれど、その中でもコレは突き抜けている。だって、トイレットペーパーでつくられ...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
「まっしろ」にこだわるのもいいけれど、今こんなアレンジが流行っているみたい。ね、かわいいでしょう。しかも、どうしても地面に擦れることでついてしまう汚れを目...
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
本物のお花を活用した作品を生み出す、マレーシア人アーティスト、LimzyことLim Zhi Weiさん。Instagramにはその多くが投稿されていますが...
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
チュール生地や刺繍など見た目からして、やわらかさを感じるドレスで女性のカラダを包み込む。「Paolo Sebastian」がInstagramで公開した写...
93歳のSylviaさんは、88歳のFrankさんとの結婚を控えていました。「結婚式のパーティーで、どのドレスを着たらいいでしょうか?」彼女は、Faceb...
色鮮やかで個性的なドレスを身につけてポーズを取る、Emily Seilhamerさん。彼女のお手製なんですが、素材はちょっと意外なもの。何だか分かりますか...
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいで...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
世界のあらゆる場所で、ドレスを風になびかせているのは、ロシアのブロガーNinelly。自らのフォトプロジェクト「My Dress Stories」を立ち上...
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...