14通の手紙を通して、3年かけて彼女にプロポーズした話。

Timothyさんは、Candiceさんと初デートをした1週間後、彼女に最初のラブレターを書きました。以来、ふたりはときどき、お互いの気持ちを手紙に書いて交換するように。

そして3年が過ぎた頃、Timothyさんが渡した手紙は、全部で14通になっていました。

幸せな思い出を
振り返ると…

E71fc24b5dbaea4cbc61e76887f5173c5b0cd22c

ある朝、Candiceさんが目を覚まして寝室のドアを開けると、たくさんの花びらとキャンドルが!

喜びつつも不思議に思いながらリビングに向かうと、そこには彼が待っていました。傍らのテーブルには、これまでの手紙。 

一緒に手紙を読み上げ、幸せな思い出を振り返るふたり。そしてすべての手紙を読み終えたあと、彼は手紙を並べはじめました。

14通の手紙、その最初の一文字を繋げて読むと、そこに現れた言葉は… 

「Will You Marry Me(僕と結婚してください)」

「初デートの時から
こうなるって分かっていたの?」

60b6f29a7f043f191e3acbc78b06000bbcccdc24

3年越しのプロポーズ。もちろん返事は「Yes」。以来、ふたりは結婚して幸せに暮らしているそうです。

「こんなに誠実で、思慮深くて、ロマンチックな人が私のことを愛してくれているなんて…。喜びと驚きで、涙が溢れてきました。最初の手紙をもらったのは、初デートの1週間後。そのときから、こうなるってわかっていたってこと。こんなに素敵な人と出会えて、私はとても幸せです」

Licensed material used with permission by Candice, Ann Marie Yuen Photography
カップルの数だけ感動的なプロポーズがあります。どれが正解って訳でもありません。たとえば、こんな方法で愛を成就させた男性がいます。あえて、結論から先に言うの...
40回目の結婚記念日が近づいてきたある日の晩に、彼はタキシードに身を包んで妻の帰りを待ちました。家にピアニストを呼んでおき、驚く彼女をリビングに連れていく...
「私はもう、あなたが結婚した女ではないわ」。そんな言葉で始まる、一通の手紙を紹介しましょう。送り主は、ニュージャージー州に住む女性ライター、ローラさん。彼...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
結婚式といえば、女性が人生で一番輝くとき。そんな最高の日には、一番きれいな自分でいたい、というのが乙女心。Haley Smithさんも、そんな女性のひとり...
動画に登場するのは、空港で彼氏を待つエリカさんの姿。ここで紹介するカップルは、SNSを通じて事前にお互いを知っていましたが、会うのはこれが初めて。恋人のア...
「この人が運命の人だ」。 そう思ったら急に、彼もそう思ってくれているかな?いつプロポーズしてくれるかな?サプライズもいいけど好みの指輪かな?などなど、いろ...
もしも見ず知らずの外国人から、いきなりプロポーズされたら…。もちろん、これはドッキリ。仕掛け人のCordero Romeoさんは、日本語がしゃべれません。...
これは、アメリカのパンクロックスター、イギー・ポップが彼のファンである21歳のローレンスへ送ったファンレターの返事。イギーは普段から義理に厚く、人情深いキ...
世の中には、たくさんの仕事があります。今回は、NYの街で「プロポーズプランナー」として活躍するアッシュ・フォックスさんを紹介します。なんと彼女、これまで1...
ビル・ヒックスというアメリカのコメディアンが、テレビで披露したネタに対して、ある牧師からクレームの手紙が送られてきました。それに対してビル自身が書いた返事...
これは、20代半ば〜30代半ばのアメリカ人男性に聞いた「結婚しない理由」。日本人男性にも通ずるところは多々あるのではないでしょうか。あなたの彼も、じつはこ...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
この手紙は、イギリスのチャーチル首相宛てに、妻のクレメンティンから贈られたもの。ドイツ軍の侵攻が激しさを増すなか、窮地に立たされていたチャーチルを救い、1...
「グレート・ギャッツビー」で知られるアメリカの小説家、F・スコット・フィッツジェラルドは非常に多くの手紙を残しています。その中でも紹介したいのは、ショーン...
結婚を決意するのってどんな時?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。映画のストーリーや両親の経験談だろうか。たとえば、こんな話を聞いたことがある...
世界中にペンパルが欲しいーー。そんな考えを実現してしまったのが、イギリスのToby Littleくん。書いた手紙は890通、そのうち返信は378通(201...
Candice Curryさんは、別れた夫の新しい妻(そして、自分の娘の新しい母親)に手紙を送りました。ここで紹介するのは、彼女のブログに掲載された手紙の...
隣りの花は赤く見える。他人のものは何でも良く見えてしまうことのたとえですが、日々の生活のなかでよくありますよね。たとえば誰かが着ている洋服が気になって仕方...
「reddit」のスレッドには、多くの男性が奥さんとのなれそめを投稿しています。それらをまとめた「WorldLifestyle」Linda Barsi氏の...