彼女に気づかれないように「148日間プロポーズ」し続けた男性

カップルの数だけ感動的なプロポーズがあります。どれが正解って訳でもありません。たとえば、こんな方法で愛を成就させた男性がいます。あえて、結論から先に言うのは、彼のユニークなアイデアを紹介したいから。

ハラハラドキドキ148日間、
“隠し撮り”プロポーズ大作戦

5166be53b8c6defff4482a4b7a43bcaf460e687d

イギリス北東部グリムスビーに暮らすレイ・スミスさん。恋人のクレアさんにプロポーズするのに、あるとっておきの秘策を用意していました。プロポーズは12月25日のクリスマス。その日まで、毎日プロポーズの言葉を書いたメッセージカードを彼女に内緒で写真にしのばせること。

「Will You Marry Me ♡(ボクと結婚してくれる?)」

“絶対にバレてはいけない”プロポーズ写真プロジェクトは、2015年7月31日こうして幕を開けました。

0ac0f8d8ad4d73a234c98c6ae472419fc7a240fb2ed2d00453552b9c77dcf44be9aa9f86fd485ab0

最初は遠目から。クレアさんの死角を巧妙に狙っての撮影が続きます。

Befdaeac1bd9b04250885f758dacd14ae6341d43

レストランではコースターの背後に隠して。これなら、彼女から見えるはずもありません。

67f05c1a73c62311f5316552edb2b2ef781a9c8e

レイさんのプロジェクトには、会社の同僚たちも喜んで参加してくれたようです。

クレア、レイと結婚してあげてね!」

なんと…Wオメデタだった!

613f2c7823beab556a68e6feee4311886d8d3c8c

そして…9月にはこんなうれしいメッセージも。じつは、クレアさんが6月に妊娠したことをキッカケに、彼は正式に結婚を決意したんだそう。後日、クレアさんは「Mirror」の取材に、こうコメントしています。

「産まれてくる赤ちゃんのために、何か思い出を作りたいって言ってましたけど…まさかこんな方法とは」

そうなんです、レイさんはこのプロジェクトを母になる彼女と、産まれてくる赤ちゃんに捧げようとしていました。ゆえに、絶対にバレてはいけない。そして、失敗は許されない。

次第にエスカレートする
メッセージング(笑)

7b9a7bf7af01d5af230c512d7b74ee9dd347acac

さて、毎日の撮影で要領を掴んだレイさん、日を追うごとにメッセージカードの見せ方が大胆になっていきます。

8b3e41effc7aee609cff1464d2927d4b31e04aab

次第に大きくなり始めたクレアさんのお腹。

832c59aa878272c038b608a0d84d0bc859605934

ふたり揃ってのハロウィンでも。

F53061ea7b278c0e919620c2a58d3ae76f7770a4

ときには、寝ている間にこんなイタズラ。

C154358ec037b79b53e8c8846b691667e86a25d7

クレアさん、後ろうしろ(笑)!

もはや、バレないのが不思議なくらい。

Be7923fce8c263f45cd864b3e3f738913794b324

階段をの登るのも一苦労といったところのクレアさん。あれ、メッセージカードが…分かりますか?彼女の背後、“キリン”が加える白い紙。

こんな調子で、おふざけ半分なレイさん。
でも、いよいよプロジェクトは大詰めを迎えます。

サンタへ最後のお願い
そして…運命の日

5266e2abad5276e868de0b7db4c8ef6abfd9cb35

そして、サンタさんに最後のお願い。この日のカードにはこんな一文が添えられていました。

「サンタへ。クリスマスにボクが欲しいのはただひとつ。クレアからの“YES”の言葉です」

C77206996dfffe1a2d762e436257188f2d53a705

プロポーズ前日。5ヶ月を共に過ごし、思い出の詰まったカードとバラ一輪。片膝をついた彼は、最後の自撮りに挑みました。

「ボクと結婚しよう…」

続きは動画で。と行きたいところですが、実は13分45秒に及ぶ超大作は、クリスマスイブを最後に写真はおしまい。プロポーズを受け入れた直後のふたりの素敵な笑顔は、見るまでもないでしょう?

蛇足ですが、クレアさん。この148日間、全く気づかずに写真を撮られていたんですって!


Reference:Mirror, Metro
Licensed material used with permission by Ray Smith
動画に登場するのは、空港で彼氏を待つエリカさんの姿。ここで紹介するカップルは、SNSを通じて事前にお互いを知っていましたが、会うのはこれが初めて。恋人のア...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
40回目の結婚記念日が近づいてきたある日の晩に、彼はタキシードに身を包んで妻の帰りを待ちました。家にピアニストを呼んでおき、驚く彼女をリビングに連れていく...
「この人が運命の人だ」。 そう思ったら急に、彼もそう思ってくれているかな?いつプロポーズしてくれるかな?サプライズもいいけど好みの指輪かな?などなど、いろ...
もしも見ず知らずの外国人から、いきなりプロポーズされたら…。もちろん、これはドッキリ。仕掛け人のCordero Romeoさんは、日本語がしゃべれません。...
ある日、森の中で行われたプロポーズ。結婚を申し込まれた女性は、自分が一番大切にしているモノも全てひっくるめて受け入れてくれた彼の思いに、思わず号泣してしま...
プロポーズの瞬間ーー。パートナーの驚き、喜ぶ顔を一生の記念にしたい。そんなロマンチックな願いを叶えてくれるアイテムが、カメラ付きリングケース「YES CA...
世の中には、たくさんの仕事があります。今回は、NYの街で「プロポーズプランナー」として活躍するアッシュ・フォックスさんを紹介します。なんと彼女、これまで1...
Timothyさんは、Candiceさんと初デートをした1週間後、彼女に最初のラブレターを書きました。以来、ふたりはときどき、お互いの気持ちを手紙に書いて...
これは、20代半ば〜30代半ばのアメリカ人男性に聞いた「結婚しない理由」。日本人男性にも通ずるところは多々あるのではないでしょうか。あなたの彼も、じつはこ...
結婚式といえば、女性が人生で一番輝くとき。そんな最高の日には、一番きれいな自分でいたい、というのが乙女心。Haley Smithさんも、そんな女性のひとり...
結婚を決意するのってどんな時?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。映画のストーリーや両親の経験談だろうか。たとえば、こんな話を聞いたことがある...
ワイドショーなどで、ジャスティン・ビーバーが彼らと格闘している映像をよく目にする。そう、パパラッチのことだ。僕みたいな一般人はな〜んの被害もないから問題な...
落ち込んだときや嬉しいとき。誰かにその体験談を共有できてこそ、痛みが軽くなったり、喜びが倍増するもの。そうして人と触れ合い、互いに刺激し合いながら切磋琢磨...
「彼女にすべて内緒のプロジェクトだからね。ドキドキしたよ」。画家のJared Heidenさんは、恋人Rachelさんへのプロポーズを地平線の見える気球の...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
ドイツ出身のボディ・ビルダーPatrick Huberさんの恋人は、1996年のアトランタオリンピックに飛び込み競技のスウェーデン代表のとして出場したJi...
今年4月に公開されてから2か月余りで動画再生回数300万回越えを達成した、話題のカップルがいます。オーストラリア在住のAnnaさんがプロポーズされて一番驚...
みなさんは恋人を選ぶとき、どんな理想を持っていますか?たとえば、自分の話をきちんと聞いてくれる。浮気をしない。自立していてクリエイティブ。など、いろんな要...
パートナーを“ダマす”行為は、一概に「最低」だと言えるでしょうか?愛するふたりが付き合っている以上、時には相手を裏切ることも必要なのでは?そう主張するのは...