仲間の信頼を失いかけていたチャーチルを救った「妻からの手紙」

この手紙は、イギリスのチャーチル首相宛てに、妻のクレメンティンから贈られたもの。ドイツ軍の侵攻が激しさを増すなか、窮地に立たされていたチャーチルを救い、1940年7月から開始された有名な「バトル・オブ・ブリテン」でイギリスを勝利に導いたのは、この手紙だったのかもしれません。

知られざる歴史の真実を偉人たちの手紙から読み解く、ショーン・アッシャーさん編集の『注目すべき125通の手紙 その時代に生きた人々の記憶』より、チャーチル首相の意識が変わったとも言われる貴重な手紙を紹介したいと思います。

仲間の信頼を
失いかけたチャーチルに
妻からの「エール」

ダウニング街10

ホワイトホール

1940年6月27日

最愛のあなた

 

このような手紙をおゆるしください。あなたも知っておくべきと思われることを書かせていただきます。

あなたの側近のひとり(忠実な友人)から直接伺ったのですが、あなたはきつい皮肉や威圧的な態度のせいで仲間や部下から嫌われそうになっているらしいですよ。政務秘書官たちが結託して男子生徒のようにふるまい、「当然の報いを受け」、肩をすくめてあなたの前から姿をくらます──たとえなんらかの意見が(会議などで)提案された場合でも、どうせあなたはばかにして、意見が良くても悪くても却下するだろうと考え、さらに肩をそびやかすように思われます。お話を聞いて驚きました。悲しくもなりました。あなたが共に働いている方からも、あなたの下で働いている方からも愛されているという状況に私は長年慣れ親しんでいたからです──その点を申し上げましたところ、こう言われました。「重圧のせいにちがいありません」

私のいとしいウィンストン──じつはあなたの態度が変わり、今までほど優しくなくなったことも申し上げなければなりません。

命令を下すのはあなたです。誰かが失態を演じた場合、国王とカンタベリー大主教と下院議長を除いて、あなたは誰でも解雇することができます。これほどの権力を有しているのですから、礼儀と優しさと、そしてできればオリンピック級の冷静さを持って対処しなければ。あなたはよくこの言葉を引用していましたね。「On ne regne surles ames que par le calme」(人の心は冷静さによってのみ支配できる)。我が国に、そしてあなたに仕える方たちが、あなたを称賛も尊敬もせず、愛してもいないという状況は私には耐えられません──。

それに、癇癪を起こし乱暴な態度をとっていたら、良い結果は得られません。人の反感を買うか、人を精神的に隷属させるか、どちらかです──(戦争中に反旗を翻されるなどぜったいになりません!)

愛情深く献身的で注意深い妻をどうぞおゆるしください。
クレミー

 

この間の日曜日にチェッカーズでこれを書き、破りましたが、やはりお渡しすることにします。

言いづらいことを言えるのも
信頼関係があってこそ

91d0962269f688fc9d241bb12f92fd95dd5f0a85

どんなに偉大な指導者でも、辛い時はあります。

忙しさや責任の大きさのあまり、周りが見えなくなり、仲間や部下に見捨てられそうになった時、戒めてくれるクレメンティンのような伴侶を持つことも、成功するためには必要なことなのかも知れませんね。

これは、アメリカのパンクロックスター、イギー・ポップが彼のファンである21歳のローレンスへ送ったファンレターの返事。イギーは普段から義理に厚く、人情深いキ...
「グレート・ギャッツビー」で知られるアメリカの小説家、F・スコット・フィッツジェラルドは非常に多くの手紙を残しています。その中でも紹介したいのは、ショーン...
偉大なる探検家である彼の名前は、ロバート・ファルコン・スコット。イギリス海軍の軍人で、南極探検チームのリーダーを務めました。ショーン・アッシャーさん編集の...
ビル・ヒックスというアメリカのコメディアンが、テレビで披露したネタに対して、ある牧師からクレームの手紙が送られてきました。それに対してビル自身が書いた返事...
「サンタクロースは本当にいるの?」ここで紹介するのは、ニューヨークの新聞紙「ザ・サン」の編集部に送られてきた少女からの手紙と、それに対する編集者フランシス...
1864年、アメリカではそれまで奴隷として扱われていた黒人たちが、リンカーンの奴隷解放宣言により長年の奴隷生活から解放され、自由を手にしました。ショーン・...
Timothyさんは、Candiceさんと初デートをした1週間後、彼女に最初のラブレターを書きました。以来、ふたりはときどき、お互いの気持ちを手紙に書いて...
Candice Curryさんは、別れた夫の新しい妻(そして、自分の娘の新しい母親)に手紙を送りました。ここで紹介するのは、彼女のブログに掲載された手紙の...
「私はもう、あなたが結婚した女ではないわ」。そんな言葉で始まる、一通の手紙を紹介しましょう。送り主は、ニュージャージー州に住む女性ライター、ローラさん。彼...
世界中にペンパルが欲しいーー。そんな考えを実現してしまったのが、イギリスのToby Littleくん。書いた手紙は890通、そのうち返信は378通(201...
LINEやメールで手軽にメッセージをやり取りできるからこそ、手書きのぬくもりが見直されている今日この頃。さらにもう一歩踏み込んだ“新種の手紙”が登場し、関...
マーク・ザッカーバーグCEOが出産報告とともに、夫妻が持つ99%の株式を慈善事業に寄付すると発表し話題になりましたが、投稿には彼が誕生したばかりの娘に向け...
あなたは、自分の息子に好きな相手ができたことを打ち明けられたとき、どう答え、何をアドバイスしますか?ここで紹介するのは、ショーン・アッシャーさん編集の『注...
子どものころ、両親や家族に宛てて手紙を書いたことがありませんか?それが他愛のない内容であっても、親にとっては宝物。この7歳の女の子は、ちょっとユニークな手...
米ジョージア州アトランタに住む、6歳の男の子Leland君が2015年9月に永遠の眠りにつきました。外で遊んでいた彼は突然、バラムチア・マンドリルリス感染...
招待状もメールで済んでしまう時代ですが、あえて手紙を出したくなるーー。そんなきっかけになるのが「切手のこびと」。ぺたっと押すだけで手紙をより印象的にしてく...
ラスベガス国際空港のトイレで、一匹の子犬が捨てられているのが見つかりました。名前はChewy、生後3ヶ月だったそうです。彼女の横には一通の手紙が。そこには...
「Amazonで日本の会社に注文したら、こんな手紙が添えられて届いたよ!」ある日Redditに投稿された、一通の手紙。「日本のおもてなしの心って、やっぱり...
Tricia J. Belstraの愛する息子さんが自殺したのは、今年の8月12日のこと。乗っていた飛行機で声をかけられた名前も知らないCAの男性に、紙ナ...
18歳の誕生日を迎えたアビー・バン・メートルさんの元に届いた、誕生日プレゼント。それは100年以上前のものと思われる、木でできた大きな箱でした。そして両親...