スウェーデンが「脱・化石燃料」に向け、650億円もの予算を投入

2015年9月16日。スウェーデン政府は翌年の再利用可能エネルギー開発費に、45億クローネ(およそ650億円)の投資を予定していると発表しました。最終的に国内の運営を100%再利用可能エネルギーにより賄う方針です。

世界初を目指し
化石燃料の"依存脱却"へ

Medium 45cd34ac422cfa72cb973473c044a56e47ab8deb

「スウェーデンは、世界で初めて化石燃料を脱却するかもしれない福祉国家の一つになる

エコロジスト誌にはステファン・ローベン総理大臣のこんなコメントが。予算が使用されるのは、スマートグリッドや再利用可能エネルギーの蓄電技術、電動バスなどのグリーンカー助成金や、環境対策などなど。

ブルームバーグ・ビジネスウィークの予想では、2050年頃の目標達成になるのではないかと言われており、一部ではハワイでの移行計画やその他の国家の事例と比較し、世界初の脱化石燃料を実現する可能性があるとの声も。

Medium 522c087802e169513a25e862e72f4ebcce0e202c

再生利用可能エネルギーへの移行を目指す国は幾つかあります。たとえば、コスタリカは80%ものエネルギー需要を水力発電で賄っている国。2014年12月から、水力と地熱発電により75日もの間、化石燃料を使わずにエネルギーをまかなうことに成功しています。

メトロ紙に掲載された国営コスタリカ電力協会の統計によれば、2014年の化石燃料による発電はたったの年間7%ほどに留まっていたのだとか。ただし、これは大雨がもたらした偶発的なものでもありました。

2015年7月10日のガーディアン紙にも、同様に偶発的なケースが掲載されています。デンマークの風力発電が突発的な強風によって国の電力需要の140%にも及ぶエネルギーを生んでいたことがわかっています。

その他にも、2015年6月8日には新しい州法がハワイで承認され注目を集めました。これは、2045年までに再利用可能エネルギーへと100%移行するために作られた法案です。

この度発表されたスウェーデン政府の投資も含め、化石燃料に依存しない持続可能なエネルギーインフラの整備は、少しずつ前進しつつあるようです。

「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
塩と水の化学反応で発電し、デバイスの充電ができる!と話題なのが、モバイルチャージャー「JAQ」。残念ながら、自分で塩水を注いで無限に充電できるというわけで...
使っているものが壊れたら、修理せずに買い換える。その方が安いし、新品の方が優秀だーー。スウェーデンはそんな“使い捨ての仕組み”を変えようとしている。「修理...
カナダの企業「Carbon Engineering」が開発したのは、空気をフィルタリングすることで二酸化炭素濃度を削減することができる新しいシステムだ。加...
電話をかけると、スウェーデンにいる誰かにランダムでつながり、話せる。そんなちょっとドキドキわくわくするサービス「The Swedish Number」を、...
洗練された「北欧スタイル」は、なにもインテリアに限った話ではありません。1960年代スウェーデンのフィッシャーマンスタイルを現代風にアレンジした、シンプル...
ここで紹介するのは、スウェーデンで“YES”を意味する言葉。なんでも独特な言い方で、ちょっと難しいのだとか。「シュッ」これがスウェーデン式のYES!これは...
スウェーデンの田舎町に誕生した一軒のコンビニ。24時間営業で店員はゼロ。この完全無人化を実現したシステムの背景には、現在日本でも問題視されている、地方特有...
クリスマス・ソングをヤギが歌うーーなんじゃそりゃ!と言わずに聞いてみてください。話題になっているかどうかはおいておいて、その衝撃はホンモノ。いやいや、それ...
フィリピンのおよそ7,000の島々では、現代でも電力インフラが不足しており、明かりのない生活をしている人々が多いらしい。これまでは、石油ベースのオイルやロ...
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
会期を1日延長して、どうにか採択を迎えたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締結国会議)。アメリカ、中国、インドなどを含めた196カ国が温室効果ガス削...
2015年11月24日。アマゾン社のジェフ・ベゾス氏が創設した航空宇宙企業「Blue Origin」社が、再利用可能なロケットを打ち上げ「垂直着陸」させる...
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
12月の平均日照時間がわずかに6時間半ほどしかない、北欧スウェーデン。そんな自然環境だからこそ、暗闇を快適に過ごす便利グッズのクオリティには、思わず唸って...
すべての国民が、最低限の生活を送るのに必要な額の現金を、政府が無条件で定期的に支給する。ベーシックインカムと呼ばれるこの所得補償制度を、福祉国家フィンラン...
台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。なんだ...
南米初の五輪は2016年8月21日(日本時間22日)、熱戦に幕を下ろした。来月7日からはパラリンピックが開幕するが、歓喜と感動を生んだ会場は、その後どう生...
アウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」が開発を進める、新製品のアウタージャケットに、いま世界のアパレル業界が注視してい...
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...