泳ぐだけで「海を綺麗」にする、セクシービキニが話題に!

着ているだけで海をキレイにしてくれる。そんな魔法のようなビキニが、米で話題が沸騰中!

海のゴミを集めてくれる
地球に優しいビキニ

th_スクリーンショット 2015-10-22 15.31.04このセクシーなビキニ「スポンジ・スーツ」は、カリフォルニア大学、電気工学科のMihri Ozkan教授が開発したもの。使用されている素材がキモで、海に漂う石油や化学物質を吸収する特殊なスポンジになっています。

UCR Today」によれば、この素材は本体の25倍の重量まで物質を吸収することが可能。汚染物質は、約537度で熱しない限り放出されることはなく、スポンジ内に留まるため肌に触れることはありません。さらにこのスポンジは交換可能なため、どれだけ吸収しても安心。

動画では、油を吸収する様子(3分30秒)が紹介されています。 

機能だけでなく
デザインも高評価!

デザインを担当したのは、建築設計事務所のEray Carbajo社。 3Dプリンターを使って、何度もデザインと機能性を追求したのだとか。結果、このビキニは2015年に行われたReshape15というウェアラブル・テクノロジーのコンテストで見事優勝しました。

現在、発売日と価格は未定。人が多く集まる海水浴場の方がキレイになる、なんて言われる日がくるかもしれませんね。

Reference : UCR Today
Licensed material used with permission by University of California Riverside / Eray Carbajo

NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
2017年4月、東京からサンフランシスコまで太平洋を泳いで渡る。こんな途方もない計画を立てている男がいる。ベン・ルコント(49)がその人だ。じつは彼、これ...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
世界中から観光客が訪れる有数のリゾート地「モルディブ」を目指して、一人のアクティブガールが海を渡りました。彼女の名前はAlison Teal、ハワイ生まれ...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
これは、7月26日にスウェーデンの警官ミカエラ・ケルナーさんが、自身のInstagramに投稿し、世界中で話題になっている画像です。非番だった彼女は、友人...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
「フロリダ州の財産はキレイな海のはずなんだ」。2013年、デルレイビーチに創業したブルワリーSaltwater BreweryのChris Goveさんは...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
限りなく続く水平線。果てしなく大きい、万物の生命の源・海。海は、夢占いの世界では豊かな生命力、母性の象徴であり、女性、母親、無意識の世界(潜在意識)を表し...
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...
軽さや機能、デザインを追求するばかりがスニーカーじゃない。まったく新しいコンセプトでアディダスが開発を続けてきたフットウェアが、いよいよ一般ユーザー向けに...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられているそうだ。しかし、このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用することが...
これまで見たこともないくらい、ポップでスタイリッシュな「だまし絵」が登場。目の錯覚を引き起こすのは、複雑な描写だけじゃないんですね。このまま額装すれば、部...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...