【上司必見】部下に、自腹でも買いたい「2万円のノート」って?

効率化のためのメソッドは世の中にあふれていますが、道具にこだわることでも、仕事の効率は変わってくるものです。それが部下や後輩を率いる立場なら尚更。膨大な作業や無数の会議をこなしていくには、優秀なツールの存在は欠かせません。

ここで紹介するのは『CamiApp S(キャミアップ エス)』というノート。実売価格で2万円近くするという代物ですが、これがキャリアのあるビジネスマン&ウーマンから支持を集めているんです。

見た目は、シンプルなノート。たしかに重厚感のある作りですが、高級感だけに2万円の価値があるわけではありません。彼らが「自分だけでなく、部下にプレゼントしたいぐらい!」と絶賛するその機能とは?

ノートに書いたメモ
即データ化→スマホへ保存

20151103_tabilabo2367

『CamiApp S』を一言で表すなら、「最新式のデジタルノート」でしょうか。このノートに記入したメモは、撮影やスキャンをしなくても、即データ化することが可能なんです。

使い方は簡単。書き終わったらノート右下のマス目に付属の専用ペンでチェックマークを記入する、以上。これだけで、スマホやタブレットにメモがデータ保存されます。

探す手間は一切ナシ
すぐにファイルが見つかる!

IMG_9738のコピー

さて、いくらメモをデータ化してくれても、スマホやタブレットに保存された大量のファイルから、必要な時にサッと取り出せなければ意味がありません。その点でも『CamiApp S』は、優れた機能を発揮してくれます。

まずは、文字認識機能。スマホやタブレットに保存すると同時に、ノートに書いた内容を文字データとして認識してくれるというもの。つまり、手書きの文字でも検索できるわけです。メモやファイルを探す、アノ無駄な作業時間……これでなくります!

2つ目は自動タグ付け機能。0〜7までの数字を「0はA社」「1はB社」などに設定しておけば、あとはノートに番号を書き込むだけ。データ化された際、しっかりとファイル整理ができています。定期的にファイル整理をしているアナタ、もうそんな作業とはオサラバです。

btn_kokuyo_160321_1※Amazonのページが開きます。

クライアントから好印象もGET!

IMG_9706-04

『CamiApp S』の機能は、思わぬメリットをもたらしてくれます。その1つが、クライアントとの距離感。

商談の場において、PCで議事録やメモを取ることにネガティブなイメージを持っている人は意外と多いものです。ミーティング中に目線が合うことも少なく、自然と心の距離ができてしまう……。

一方、ノートへの書き込みに対して、嫌悪感を持つ人はほぼ皆無。PCへ事務的に打ち込むよりも、内容を咀嚼して、要点を見極める必要性も出てくるので、姿勢だって自然と前のめりに。もちろん『CamiApp S』ならメモの内容はデータ化されているので、普段PCで作業する人も、抵抗なくメモ書きができるはずです。

とくに若手社員にオススメ
その理由とは?

アナログなノートの良さとデジタルの利便性をイイトコ取りした『CamiApp S』。冒頭の通り、このノートはその価格から、ある程度キャリアのある人にウケていますが、彼らは“若手社員にこそ使って欲しい”と感じています。

それは、例えばこんなシーンが減るから。

上司:「提案書、どうなってる?」
部下:「すみません、今作っているんですが……」

部下からの報告・共有が遅くてイライラするというのは、どこの企業でもある風景。でも、これは完成度の高い成果物を提出しなきゃと、パワポなどで資料を作り込んでいるから遅くなっているだけかもしれません。

『CamiApp S』を使えば、わざわざ形式的に整えなくても、手書きでの図やイメージを使ったラフ状態での共有が可能。その方が早い段階で軌道修正も効き、より良いものが仕上がるのでは? コミュニケーションもスムーズになるはずです。

詰まるところ、どういうポジションでも『CamiApp S』は、有効ってコト! いっそのことチーム全員で、このノートを使ってみるのはいかがでしょう?

btn_kokuyo_160321_2※Amazonのページが開きます。

Sponsored by KOKUYO

一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
「Rekonect Notebook」は、冊子の真ん中にあるノド部分から各ページを自由に着脱できるノートです。まずは以下の動画を見てみましょう。ノドの盛り...
普段、何気なく使っている道具。しかし、誰だって手に馴染んだ替えの効かないものや、仕事に使うならこれでなくてはダメだというものが1つや2つあることだろう。も...
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどアーティストたちに愛されてきた伝説のノート、モレスキン。黒い表紙をゴムで留めるデザインはシンプルで2世紀以上愛されている...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
左利きのあなた、こんな悩みがありませんか?利き手が左の人にとっては避けられないジレンマ。ノートの書き方を変えるわけにもいかず、悩みの種ですよね。でも、そん...
すべての社会人必見の記事が「Inc.com」にまとめられていました。現在、部下を抱えている人も、将来的に部下を持つことになる人も、目を通しておいて損はない...
以前、TABI LABOの記事でも紹介した、代々木八幡の『HININE NOTE(ハイナインノート)』は、表紙や中身の色や素材、綴じ方はもちろん、ノートを...
ノートの中身を見られるのはすごく恥ずかしい。僕は、仕事でミスしたことやもらったアドバイスを書いているから、誰にも読まれたくない。その内容が日記だと、なおさ...
子どもの頃、塗り絵が好きだったという人も多いかもしれませんが、近頃海外では大人の間でブームになっているそうなんです。没頭することでストレスを発散し、リラッ...
いい上司と悪い上司。両者の違いはどこから来るのでしょう?ここでは、いわゆる“ダメな上司”の特徴を紹介。とくに03.は、ちょっとしたことですが、当てはまる人...
人の行動を変える専門家として活動している永谷研一さんの著書『できたことノート』では、物事がプラスに転じる方法を紹介しています。気がつくとマイナス思考になっ...
まるで三面鏡のような形をした追加スクリーン「Slidenjoy」は、パソコンに取り付けるだけで、簡単にスクリーンを増やすことができるというもの。複数人で映...
手書きの質感が大好きなアナログ派におすすめしたい、スマートデバイスがあります。ペンも紙も自前でOK。それなのに描いたものがちゃんとリアルタイムで保存できる...
統計によると理想の上司がいる人は3割程度だそうです。これを多いと思うか少ないと思うかは、理想の上司が周りにいるかいないかによって変わってくると思います。人...
インターン生を指揮するにしても、ビジネスをするにしても、あなたの部下が仕事をうまくこなせるかどうか、あるいは、あなた自身の身を守れるかどうか。それは「リー...
「上司がこういう言い方をしてくれたら」「部下がこんなふうに行動してくれたら」。働いていると、目の前の人に変わってほしいと思う場面に何度か出くわすことがある...
どうせ働くなら「あの人のために働きたい」「一緒に働きたい」と思われたいもの。でも実際、慕われる上司とそうではない上司の違いって何だろう?「inc.com」...
普段使いのノートとして、〈コクヨ〉の測量野帳をいつもカバンに入れています。その名のとおり、もともとは屋外での測量用として誕生したこのノート。1959年に発...
2014年にアメリカで行われた調査によれば、2020年までにミレニアル世代(1980年前後から2005年ごろにかけて生まれた世代)が労働人口の40%を占め...