中国の研究者が、「パンダ語」の解読に成功!

絶滅危惧種に指定されているジャイアントパンダ。彼らは、少なくとも13種類の鳴き声を使い分け、コミュニケーションを取り合っていることが判明。“パンダ語”を解読することで、彼らに迫る絶滅の危機を防ぐことができるかもしれないと、研究者らは大真面目です。

「メ〜」と鳴いたら…
“パンダ語”ついに解明

00024852264_Medium

The Telegraph」の記事によれば、中国四川省の「ジャイアントパンダ保護研究センター」で、およそ5年に及ぶジャイアントパンダの研究結果に、一つの答えが出たそうです。鳴き声に特化したこの研究で判明したのは、13種類の“パンダ語”だとか。
たとえば、雄が羊のように「メ〜」と甲高い鳴く。これは、求愛の意思があるサイン。いっぽう雌は、この求愛を受け取る意思がある場合、同じような鳴き声を発するんだそう。

研究者らは、まずパンダの一挙一動すべてを録音していきました。食事の最中も、育児中も、さらにはケンカの最中でも。こうして収集した声紋から分析が始まったようです。

000024981954_Medium

「研究当初は、鳥や犬、猫、羊などの鳴き声を拾い集めて調査しているように思えて、正直に言うと、みな混乱していました」

こう語るのは、研究を指揮したセンター長Zhang Hemin氏。実は、パンダの鳴き声は非常に複雑で、解明のためには録音された声紋を周波数スペクトルを分析して、さらに彼らの行動と照らし合わせて解明していく作業だったようです。
こうして、解明された“パンダ語”ワールドを、BBCがさらに詳しく紹介しています。子パンダが発する「ジー・ジー」という鳴き声。これが意味するところは(お腹が空いた)。さらには、「ワウ・ワウ(悲しい)」「クー・クー(いいね)」など。
こうしたコミュニケーションのほとんどは、母親から学ぶものだとZhang氏は主張します。曰く、大人になると単独行動が常の生き物。そのため、唯一のチャンスが幼少期なんだとか。

パンダ語翻訳が
絶滅を食い止めるカギ!?

Bamboo grove macro

「パンダたちの言語を少しでも理解できれば、絶滅の危機にある彼らを保護することに、必ず役立てると信じているんです」

Zhang 氏の熱意が、このコメントからも伝わってくるはずです。今後は、音声認識技術を用いた「翻訳システム」の構築を実現していきたいとする氏のコメントを新華社が伝えています。
現在、野生のジャイアントパンダが棲息するのは、中国国内のみと考えられ、その数およそ1,800頭とも言われています。彼らの鳴き声からコミュニケーションを把握することが、野生パンダたちの繁殖の一助となる。研究者たちの鳴き声解析が、絶滅から免れる希望を担っているのかもしれませんね。

Reference:The Telegraph , BBC , 新華社

 

最高にゴリゴリのブラックメタルな人たちーー。でも、このイラストの中には、なんとパンダが紛れ込んでいるのです!制限時間は5秒。さあ、あなたは見つけられる!?...
タコが食卓に並ぶことって全然珍しくありません。ここで紹介する仮説が正しいとなると、私たちは「エイリアン」を日常的に食べていたということになります。もしそう...
高速道路が車でパンパン!それもそのはず。この写真が撮影されたのは、1週間ある中国の大型連休「国慶節」の終盤のこと。つまり、帰省ラッシュで料金所に渋滞が発生...
「Good Boy(いい子だね)!」と声をかけたときに、犬が理解しているのは言葉の意味だけではありませんでした。人間と同じく左脳では言語を、右脳ではそのイ...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
運動するおじちゃんおばあちゃんの動画なのだが、みんなすごいパワフル・・・!動画は中国のとある公園の朝の様子を捉えた物だが、その様子は若者よりもエネルギッシ...
この画像に何が写っているのか、分かるでしょうか?なんと、10人中9人が見えていないのだそう…。どうでしょうか?ちょっと目がチカチカしますが、見えない…とい...
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
2015年10月の初旬、「US News 」が発表した、大学ランキングが世界に衝撃を与えた。アメリカの名門校を抜いて、初めて工業研究分野で世界トップの座に...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
大都市を結ぶ鉄道網の整備が急ピッチで進む中国。その作業現場の風景を収めた、貴重な動画を紹介します。舞台は、鉄道橋の架設工事現場。人手をかけて作業にあたると...
喘息(ぜんそく)が完治できるかもしれない。「サウサンプトン大学」の最新の研究調査で喘息の根本的な原因とみられる遺伝子が発見されたからだ。これまでの吸入ステ...
「1日にたった10分でも豊満なおっぱいを見ることで、30分間エアロビクスを行ったことと同じ効果が期待できます」そんなコメントが、スコットランドのタブロイド...
2015年9月3日、中国の北京で終戦70周年のパレードが行われました。しかし、その式典の内容とは別に、その前後で変わった街の空の様子にも注目が集まっていま...
ここは、中国最大のカンフーアカデミー「Shaolin Temple Kung Fu Academy」。動画は、そこで修行を積んでいる36,000人の子ども...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...