超極太ニットに包まれてみたい、ほっこり「ニットブランケット」

お家で“ぬくぬく”が、たまらなく恋しいシーズン。これ以上ないくらいあったかくて、おしゃれなプロダクトをご紹介。ウクライナ発、インパクト絶大な超極太ニットです。

体をすっぽり包み込む
ほっこりする暖かさ

-slide-s-2-the-cuddliest-blanket-ever-has-stitches-three

この、ずんぐりしたニットブランケット「Ohhio」はウクライナ人デザイナーAnna Marienko氏によるもの。シンプルなメリヤス縫いだけどここまで個性が強調されるのも、やはり超極太のニットにあります。
ひと目3インチ(約7.6センチ)もある編み込みはインパクト絶大。実はこれ、縫い針を使うのではなく、直接職人が両腕を縫い針に見立てて手で編んでいく、完全ハンドメイドなんだそう。

非常に柔らかく快適なメリノウールの繊維の特性をそのまま生かしてデザインしました。まるで雲に包まれているかのように、軽く柔らかく暖かいオーストラリア産メリノウール100%のブランケット。大きな縫い目の隙間から、冷気が入ってくる心配はないようです。

高い保温性と
ふんわり肌触りの正体は?

3ed19c2ea26375c042f5d0414ec40efb_original

ところで、このメリノウールという素材は羊毛の中でもメリノ種の羊だけが持つ最高品質のウールのこと。他の羊毛に比べ、繊維が細かいのが特徴です。高い保温性と適度な吸湿性があり、しなやかな肌触りが身上。美しい光沢が醸し出す高級感からアパレル界でも注目の天然素材です。

選べる4サイズ7色。
ソファーカバーとして、
ラグ代わりに、寝袋風もOK!

3053745-slide-s-5-the-cuddliest-blanket-ever-has-stitches-three

3053745-slide-s-4-the-cuddliest-blanket-ever-has-stitches-three

 

3053745-slide-s-12-the-cuddliest-blanket-ever-has-stitches-three

3053745-slide-s-11-the-cuddliest-blanket-ever-has-stitches-three

ちなみに、ブランケットはSサイズ(81センチ×122センチ)からLLサイズ(162センチ×203センチ)までの4種類、全7色から用途によって選べます。使い方はまさに自在。安定感があるのでラグとしてもいいし、ベッドやソファーのカバーにも。

3053745-slide-s-10-the-cuddliest-blanket-ever-has-stitches-three

こちらは、首巻き専用のスヌード。太い編み目がインパクト大!これからの季節、ゼッタイ手放したくないぬくぬくアイテムですね。今のところ、「Kickstarter」からの先行予約販売のようですが、日本に入ってきたら、大流行間違いなしかも。

 Reference:Kickstarter
Licensed material used with permission by Manna Marinenko

見た目のインパクト大!な「超極太ニット」。寒くなるこれからの季節に、ブランケットとしても使えると評判ですが、どうやら今年の超極太ニットは、さらにバージョン...
ここで紹介するのは、2016年2月4日(木)に発売された「SPRING 2016 ナイキ テック ニット コレクション」。質感にこだわった新しい糸を利用...
ニットをハンガーにかけておいて、型崩れしたり、伸びたりした経験はありませんか?これからは、その心配は無用。長時間ハンガーにかけておいても問題ない畳み方を、...
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
海を愛する人々の間で人気を集めている日焼け止めがあります。それは、ミャンマー産の天然素材などを使ってできたクリーム「MANDA」。細かく粉砕した「Than...
カップル、親子、家族などの何気ない日常を「ほっこり」描いた人気イラストを集めてみました。キュンキュンするものから、思わず「わかるー!」と言いたくなるものま...
「おじいちゃんおばあちゃん×最新のIT」という組み合わせは、ときに想像の斜め上をいく話題を振りまいてくれます。イギリスのリヴァプールに住む86歳のおばあち...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
いい家具があると空間が華やぎます。いいデザインで環境に配慮していたら最高。「We Do Wood」はそんなプロダクトを提供しています。同社が採用する素材は...
セレクトショップでたまに目にする、ガラス製のプランター。とくに植物を植え込む用に作られたものは「テラリウム」なんて呼ばれています。使い方が分からずに、これ...
その長さ距離にして約2キロメートル。1本の長〜い黒糸と28インチの自転車のリム。道具はこの二つだけ。あとは、リムの外周に200個設置したフック状の錨に、た...
服役している人は、統計的に見ると男性が圧倒的多数です。しかし貧困に苦しむ国では、女性の比率も多いと言われています。女性は男性以上に適切な教育を受けにくく、...
今となってはすっかりお馴染みとなったVR。それが何を指すかは、改めて説明する必要もないだろう。ただし、ここで紹介するコンテンツは、少々補足が必要かもしれな...
よくよく見ると、マットな素材のなかにも上品な光沢が確認できる独特の質感。これらのバッグ、じつはすべて畳の縁の部分「畳縁(たたみべり)」でできているんです。...
プレゼントの中身は大切だけど、入れものだってその一部。ラッピング次第で、持ち運ぶときの気分だって変わるもの。そして、包むといえば「紙」。では、こんなアレン...
「絶景のなかでアイススケートをする美女」。その言葉だけでも絵になりそうな予感がしますが、この動画は間違いなく想像を超えるはず。こんなところで滑れたら気持ち...
生粋のサイクリストが開発した、「竹」をフレーム素材に用いた自転車が注目を集めています。トレンドやファッションとは一線を画す、このエココンシャスな「バンブー...
「MODE」が男性ファッションの歴史100年分を総まとめ!動画に各世代の流行を再現しました。が、全部下着なんですって。かつては、全身を覆うタイプが主流だっ...
月給の何倍ものお金をハイブランドファッションに賭し、エレガントに街を歩くーー。そうして精神的に豊かでいることや平和の大切さを謳う集団「サプール」。「服を汚...
ミリオンヒット7回、CD売上2000万枚という、音楽業界の名プロデューサーという肩書きを捨て、彼が求めた場所はニュージーランドだった・・・。四角大輔(Da...