新年を気持ちよく迎えるために、大掃除の後にやりたい「10のコト」

2015年もそろそろ終わりに近づいてきて、年賀状の準備や周囲の整理などやることがたくさん。もちろん家の大掃除もそのひとつですが、それだけではなく、2016年をより新鮮な気持ちで迎えるために、お部屋のインテリアを変えてみるのはいかが?

生活のベースとなる場所の雰囲気をガラリと変えてみると、本当の意味で気持ちを切り替えることができるんです。
でも、それって家具を買い換えるといった話じゃなくて、ちょっとした小物類をチェンジするだけでOK。

01.
簡単に清潔感を演出したいなら
ホワイト×ブルー

もちろん、トイレは清潔感が命。インテリアで装飾するよりも、シンプルを心がけている人がほとんどでは? それはそれで間違いではありませんが、簡素なだけでは殺風景。
よく考えてみると、お客さんの目につく、という意味では寝室よりも“オープンな空間”であるわけで…。

オススメは小物をホワイトとブルーに統一するテク。第一優先事項である清潔感はキープしつつ、お客様向けのお洒落感、リラックス感も得られるというワケです。

→トイレアイテムはコチラ

02.
リラックスタイムに
大切なのは統一感

nitori01

バスルームは1日の疲れを癒やす空間だから、それなりのこだわりが必要。でも、シャンプーやコンディショナー、ボディーソープなど、色合いがバラバラなボトルやバスチェアやスポンジのせいで雑多になりがち。これじゃあ全然落ち着けませんよね。

nitori09_01

そこでちょっとひと工夫。市販のボトルから入れ替えて、同じ色合いのバスグッズに揃えてみては?統一感があるだけで、最高のリラックスタイムを過ごせます。

→バスアイテムはコチラ

03.
隠すだけが収納じゃないッ

バスタオルや洗剤、掃除道具など、狭いのに置くものがたくさんある洗面所。この空間を使いこなせてこそ、真の収納上手です。ヒントは「見せる収納」と「隠す収納」を使い分けること。

見せる収納はお部屋のインテリアにもなり、お洒落な空間を作ることができます。でも、もちろん女子には隠しておきたいものもあるでしょうから、ボックスやバスケットを活用して隠す収納も。

→シェルフはコチラ

04.
料理上手のキッチン整理術

nitori06

料理は段取りがキモ。だから料理上手な人のキッチンは、よく使う調味料は手の届く場所にまとめて、スプーンやフォークなどのカトラリーは引き出しの中に小分けして、など無駄のない動きができるように整理整頓されているのです。
「来年は自炊を頑張る!」って人はまずここから初めてみてはいかが?

→キッチンの収納はコチラ

05.
品のある和食器で
ちょっと背伸び

普段使う食器も、新年を迎える前に新調しませんか?今は北欧モノが主流だけど、人と差をつけるなら和食器をチョイス。クラフト感、手作り感といった温もりのある質が、徐々に注目を浴びています。

三が日を過ぎたら使わなさそう…と思うかもしれませんが、日本人のソウルフードは和食ですから、日常での出番もなにかと多め。「職人」や「匠」といったイメージがあるから高価かと思いきや、じつは手頃なものもいっぱいあるみたい。

→和食器はコチラ

06.
グリーンやアロマで
玄関を爽やかに

クリスマスにはリース、お正月は鏡飾り。イベント時には、玄関に小物を置いたりするけれど、普段は何もない無機質な空間。
そこに観葉植物やアロマディフューザーが1個あるだけで雰囲気がパッと華やぎます。

→インテリア雑貨はコチラ

07.
心地良いライティングで
眠れない夜にお別れ

ライティングも空間作りに大切なもののひとつ。たとえばお洒落な間接照明を置いてみるのはどう?普段とはひと味違う、ほんのり温かみのある空間が完成します。就寝前にゆっくりしたい時、映画を見る時などにぴったりですね。

→間接照明はコチラ

08.
リビングは思い切って
テーマチェンジ

家の中で一番多くの時間を過ごしたリビングは思い切ってテーマを変えてみては?

でも、そこまで手の込んだことをする必要はなくて、クッションカバーやラグを変えるだけでOK。ちょっと色合いが変わるだけで、新鮮な気分で1年を迎えられます。

→リビングコーディネートはコチラ

さて、ここで紹介した小物はすべて一人ひとりの個性と暮らしに合ったインテリアショップ「ニトリ」で販売している商品。
他にはどんな商品があるの?気になった方は下記ボタンからチェック!

btn_nitori_151207

Sponsored by ニトリ

気がつけば2016年ももうすぐおしまい。今年こそはキレイな家に住もうと思っていたはずなのに、なかなかうまくいかない…。そんなあなた、大掃除で家の中にあるも...
できることなら、年明けはきれいな家で、新たな気持ちで過ごしたいものです。年末にやりかけていた掃除のあとが目に入ると少し残念な気持ちになりますよね。今回は、...
いよいよ年の瀬も迫り、忙しい毎日をお過ごしの方も多いかと思いますが、年末年始の予定はお決まりでしょうか。クリスマス、忘年会、大晦日、正月、新年会とイベント...
毎日使う場所だからこそ、汚れやすいトイレ。しかし、トイレには便器や換気扇など、様々な設備がついているだけに、掃除も一筋縄ではいきません。意外と知られていな...
朝起きるのが時間ギリギリだと、その後の予定も常にバタバタしがち。突発的な“何か”が入ったときには、もうオシマイです。そこで、「Power of Posit...
海外のデキるビジネスマンに共通すること。それは、朝早く起きることだ。スタバのCEO、ハワード・シュルツ氏は4時30分に起きて6時前に出社して誰よりも早くオ...
大好きな人と付き合い始めたら、ついつい盲目になってしまって彼氏のことしか見えなくなってしまいますよね。彼氏のことを大好きすぎるがあまり、とんでもない行動を...
新たに迎える年には、今までと違った自分になるために、目標や抱負をしっかりと立てて頑張りたいと固い決意を持っておられる方も多いと思います。そんなみなさんのた...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
ライターRania Naim氏が「Thought Catalog」にまとめている内容は、年末のこの時期にピッタリ。というのも、新年を迎えるにあたってサヨナ...
「Power of Positivity」で紹介されているのは、人生の転換期を迎えているサイン。記事によると、どうやらほとんどの人は、人生の舵を切るタイミ...
コートニー・シーターは、ソーシャルメディア上の共有を快適にするツール「Buffer」のコンテンツ制作に携わっています。彼女が書いたのは、言葉選びの重要性と...
言い訳は、聞き飽きたここで紹介するのは、新しい1年に挑戦するための決意の数々。今年こそはーー。01.自分の中に毒をもつ!岡本太郎氏の名言にもあるが、人間、...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
「Thought Catalog」のライターJames S. Fell氏は結婚26年目。その大ベテランの彼曰く、離婚率が高くなった現代社会において、25年...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
米・ライフスタイルメディア「PureWow」に、デスクワーカー必見の記事がまとめられています。1日中PCで仕事を行っていると、健康上のいくつかの問題が発生...
悠長に朝食を摂れる余裕なんて夢のまた夢。乱れた髪は満員電車でさらにグシャグシャ。小走りで息を切らしてはやっとこさオフィスに到着。したかと思えば、デスクトッ...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...