デザイナーにしかわからない「15のコト」

ファッション、グラフィック、ウェブ、インテリア、環境、都市、空間など。これらに続く下の句「デザイナー」。あらゆるデザイナー職の人たちが、共通して抱えている悩みを、当のデザイナー集団「Creative Market」が、イラストに興しています。
彼らならではの“あるある感”。きっと、分かる人には分かるはず!

01.
想像力、ときどきランチ
デザイナーの頭の中

designer-problems-comic-seth-roberts-brian-hawes-creative-market-24__700

想像力、価格設定、Helvetica以外のフォント、PANTONEの色見本、空想、ショートカット、それとランチなどなど。

02.
フォント(書体)選びすら
絶対手を抜かない

designer-problems-comic-seth-roberts-brian-hawes-creative-market-30__700

バリエーション豊富で、今日の世界で広く使用されている書体のひとつが、「Helvetica(ヘルベチカ)」だと言われています。これ以外の書体を見つけようと、必死で探しているウェブデザイナー、すでに6,532フォント見終えた頃には…。

03.
デザイナーという仕事は、
発明家に近い?

designer-problems-comic-seth-roberts-brian-hawes-creative-market-33__700

「クライアントがさあ、ロゴを新しい色に変えてくれって言ってきたんだ。それも、まだ誰も見たことないような色にしろだって!」
「仕事中に私たちが飲んだって、許してもらいたい理由はまさにそこよねー」

04.
子どもの出産に立ち会える確率?

designer-problems-comic-seth-roberts-brian-hawes-creative-market-41__700

「先生、お願い!もう50ドル払うから、あんまり時間かけずに赤ちゃんを取り出してくれないか?」

05.
PSDファイルはレイヤーの束

designer-problems-comic-seth-roberts-brian-hawes-creative-market-31__700

「キミ、相当いたんでるね。大丈夫かい?」
「そうなんだよ、もうこの夏だけで50回は書き換えられてるからね…」

06.
つねに、“無茶ぶりの嵐”
それがデザイナーという仕事

designer-problems-comic-seth-roberts-brian-hawes-creative-market-23__700

「しっかし、クライアントもここから『ゾウにしろ』だなんて、よく言うよ!まったく。しかも、明日までだぜ」

07.
常に時代の先端を捉えている、
そのイメージに苦しむことも

designer-problems-comic-seth-roberts-brian-hawes-creative-market-19__700

「あれだろ、今も家で作業する時だってオシャレしてんだろ?」
「もちろんさ。もう身についた習慣みたいなもんだよ」

08.
視覚に入ってくるものを
ビジュアルとして捉えてしまう

designer-problems-comic-seth-roberts-brian-hawes-creative-market-28__700「おい、何だ?いったいあのフォントは?しかも、ちゃんと文字間隔まで調整してあるじゃないか!」

09.
状況によっては、
クライアント意見優先

designer-problems-comic-seth-roberts-brian-hawes-creative-market-32__700

「あと、ほんのちょっとだけロゴを大きくできないかな?」
(もう十分大きいでしょうが…)

10.
色見本帳やカラーIDが
インプットされている

designer-problems-comic-seth-roberts-brian-hawes-creative-market-26__700

「色違いが欲しいんですけど。えっと、Pantonの18-1438番がいいんだけど」

11.
ときには、
接待交際費がかさむことも

designer-problems-comic-seth-roberts-brian-hawes-creative-market-36__700

「ああ、それ?確かクライアントとの接待ですよ。彼らにだいぶ飲まされちゃって…」

12.
職業柄、すぐに
プロダクトが分かってしまう

designer-problems-comic-seth-roberts-brian-hawes-creative-market-29__700

「まあ、キレイなバラ!」
「な〜んだ、彼、パピルス使ったのね」

13.
古代壁画の時代から
クリエイティビティは
発揮されていた!はず。

designer-problems-comic-seth-roberts-brian-hawes-creative-market-27__700

「う〜ん、なんだろう。いまいち、ドキドキするようなものに欠けている気がするんだよね」

14.
重要な案件を扱っていても
なかなか、理解されにくい

designer-problems-comic-seth-roberts-brian-hawes-creative-market-25__700

「悪いけど、誰かがあなたのPCに触れたからって、クビにすることなんてできないわ」
「本気で言ってんのかい!?」

15.
お客さんとのミーティング中は…

designer-problems-comic-seth-roberts-brian-hawes-creative-market-34__700

(もう、今までに60バージョンも代案出してきたってのに。この仕事辞めてバーテンダースクールにでも通うか〜?遅いかな?)

簡単には理解されにくい、デザイナーという専門職。そもそも、このイラストだけで、彼らのすべてが言語化できている訳でもありません。やっぱり、この職種はプロダクトで魅せる。そこに尽きますよね。

Licensed material used with permission by Creative Market

いま、Instagramでブレイク中のこのお皿。なんでも、盛りつけるだけで料理写真が誰でも“かわいらしく”撮れるんだそう。しかもこれ、日本の「かわいい文化...
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
トルコのグラフィックデザイナー「Tolga Girgin」さんが描く文字は、なんと紙からジャンプして飛び出てきそうな3Dカリグラフィー!影の印象を上手く利...
ニカラグアのデザイナーFabio Pantoja氏がつくったコカ・コーラのロゴ。そこに隠されたメッセージが、反響を呼んでいます。タイトルは「Uncover...
ファッションは自分を主張するツールのひとつ。けれど、どうして病院のガウン(病衣)は、みな一様に同じ色、同じかたちのものなのか?大人だったら、こんなこと考え...
旅の思い出を記録に残す方法は写真や動画が一般的。それ以外では、せいぜいスケッチといったところですよね?でも、ファッションデザイナーのTERESA LIM氏...
「I Heart Intelligence」において、ライターのEevee G氏が、クリエイティブな人の19の特徴について書いています。人とは違った視点で...
〈Made in Italy〉にこだわり、イタリアならではのクラシカルな雰囲気とモダンな感覚をMIXさせた〈オロビアンコ〉。ミラノの象徴、Piazza D...
ヨーガン レールの名前を知っている人がどのくらいいるでしょう。衣・食・住すべてにおいて、心安らぐ手仕事のモノの価値にこだわり、今日のライフスタイルショップ...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp世界的な建築家と数多くのプロジェクトを作りあげてきた...
その器量良い風貌は、努力のにおいを感じさせない。しかしその内実は、挫折とパッション、人間味に溢れていた。彼女の名前は、安田あや。コスメ会社AYAの社長とし...
TABI LABOでは、月に一回「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催しています。今回ReTHINKするのは「HOUSE=家」...
 ずっと探していたんです、こんなふうにボリューム感のあるブレスレットを。ところが、どこにでもあるようで、いざ探してみるとないんですよ。編んでいたり、エッジ...
私は17年間のサラリーマン時代、10年以上をプレイングマネジャー(中間管理職)として働いてきました。そこで気づいたのは、実はマネジャーには、みんなをグイグ...
「外見はシンプルかもしれないけど、小さなディテールまですごく考えて作り上げたんだ。そして、パーフェクトな形と機能になったのがコレだよ」シンプルな物こそ、完...
Iñaki Aliste Lizarraldeさんは、スペイン在住のインテリアデザイナー。映画やドラマ好きが高じて、名作に登場する家の「間取り図」を描き起...
赤ちゃんにどんな名前をつけるかは、楽しみでもあり悩みどころでもありますよね。命名サービスをインターネットでも見かけますが、29,000ドル(約320万円)...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
絆創膏と言えば、モイストヒーリングなものからキャラクターものまで、さまざまな種類があります。どれも衛生のため、密着個別包装されているのが基本です。でも、オ...