イルカの目から見た人間の姿はこんな感じだった・・・

アメリカとイギリスの合同研究チームが、人類史上初めてイルカが超音波を使って物体を捉えている証拠を視覚化することに成功しました。彼らが捉えている人間の姿、これがビックリするくらい鮮明だったのです。

これが、イルカから見た人間の姿

スクリーンショット 2015-12-11 13.09.07

イルカは、仲間とのコミュニケーションや餌を捕る際に音を使い分けます。この音に合わせて出す超音波を使って、物体の存在を測定する能力をエコーロケーションと言います。合同研究チーム「SpeakDolphin」は、イルカがどうやって海の中で、そのエコーロケーションを使って物体を視認しているかを、ついに突き止めたのです。
上の写真は、目の前にいるダイバーをイルカが捉えた際のノイズから、2Dプリントした画像です。輪郭だけとはいえ、四肢がしっかり表れています。

イルカ特有のクリック音を前方に向けて発し、物体からの反響を聴くことで、対象物の位置や形、大きさを把握しているんだそう。それにしても、スゴい!

イルカの発する音を集めて
3D画像で視覚化

56674694c46188de408b45f2

SpeakDolphinのリリースによると、研究者らは、イルカのエコーロケーションノイズを収集。そこから雑音を取り除いていき、まずは2Dでイメージを印刷しました。
さらに、イメージの全体像を把握するためそれを3D画像へと変形。これにより、イルカたち海中で超音波を発することで認識している物体の全容が把握できるんだそう。写真に写る円形のレリーフのような造形は、イルカが発した超音波を3D化したものです。

実験は人間だけに限らず、他にも立方体(写真奥左)、植木鉢、さらにはプラスチック製の「+」シンボルをエコーロケーションを用いて行われました。ぼんやりとですが、それぞれの形が認識できるのでは?

「92%の正確さで物体を認識」
想像以上のインテリ動物?

566746acc36188ef0a8b45d2

この実験に協力してくれたのは、彼が“アマヤ”と名付けたメスイルカ。エコーロケーションを収集すべく、水中聴音機を構えたダイバーに向かって、超音波を発射しました。酸素ボンベからの排気泡すらもノイズとなるため、熟練ダイバーによる素潜りで集音されたそうです。

SpeakDolphinの創設者Jack Kassewitz氏は、これまでイルカのコミュニケーション方法について、調査研究を続けてきた第一人者です。彼は、10年前イルカが発する超音波を3D画像化することで、彼らの生態系を突き止める方針に大きく舵を切っていました。

「イルカが発している超音波に違いがあることに気づいたとき、私たちは物体を識別しているのではないかと思ったのです。実際、彼らは超音波を使って92%の正確さで識別していきました。その音が何を意味しているか、それを調べるところからスタートしていったんです」

Microsoft Word - Dolphin3DPrintPressReleasev4 Jack TM 2 (Autosaved).docx

研究者たちの次なる調査は、イルカ同士が超音波を使いながら、より視覚に近い言語形態を持っているのではないか?という仮説の証明。

もしかしたら、イルカは人間の想像を遥かに超える、知的で優れた動物なのかもしれませんね。それを解明するには、科学の方がまだ、追いついていない部分もある、と世紀の大発見を紹介した「Discover」は、イルカのモノを認識する能力の未知なる可能性に言及しています。

以下の動画は、イルカの発するエコーロケーションノイズが、実際どんなものかを聴くことができます。

Reference:Discover
Licensed material used with permission by SpeakDolphin

2007年に米ルイジアナ州のカルカシュー川で、世にも珍しいピンク色のイルカが発見され話題になりました。そんなピンクイルカが、およそ8年ぶりに姿を現したと米...
イルカは頭が良く、人なつっこい生きものというイメージがありますよね。彼らが「夢」に出てきたことがありますか?イルカと泳ぐ夢、背中に乗る夢…。イルカと夢の相...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
これから紹介するのは、「紳士」と「イルカ」の大決戦。バハマへのクルーズ中に出会ったことをきっかけに、世紀の“水鉄砲対決”が始まったようです。やるかやられる...
なんとも貴重な映像が、ドローンによって撮影されました。舞台は北極。驚くべきことに、映っているのは約2,000頭ものシロイルカの群れです。しかもこの撮影、ど...
ひと口にティーバッグといっても、いろんなタイプがあります。御守り型の平べったいもの、円形、ピラミッド型、お団子タイプなど。でも、これは斬新。何よりカワイイ...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
Flóra Borsiさんは、アイデンティティ、人間関係、感情や夢にテーマを絞った作品を手がけるハンガリーのフォトグラファー。姿形が全く違う動物と人間なの...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
テクノロジー系の裏技を紹介する人気YouTubeチャンネル「Mrwhosetheboss」から、簡単ながらも、驚きのテクニックを紹介しましょう。まずは、以...
大人気のラテアートですが、もう「描く」のは古いのでしょうか。もはや、彫刻とも言えるほど進化した3Dラテアートを紹介しましょう。きゃー可愛い!チョコレートソ...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
2016年2月12日、人間の細胞をもとにつくられた小型の脳が開発されたと発表されました。人間の細胞から作られてるため、より正確な化学実験が行えるというのが...
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...