お酒を楽しんだ後の定番「シジミ」のパワーって?

よく二日酔いには「シジミの味噌汁がいい!」なんて言いますが、その他のシーンでもシジミは食卓の味方・健康のお供として愛されています。そんなシジミに含まれる成分のなかでも、ここで注目したいのはオルニチンというアミノ酸です。

01.
数多くのアミノ酸のなかで
オルニチンの特徴とは?

35b8734ba7bd9c7d716b83f1ac134f650c18179f

一口にアミノ酸といっても、多種多様です。なかでも、オルニチンはシジミに含まれているというだけでなく、大手メーカーも着目するほど。その理由は、多くのアミノ酸がたんぱく質の中に存在しているのに対して、オルニチンが血液に溶け込んで、アミノ酸の状態のまま存在するからだそうです。

つまり、体内で活躍する特徴を持っているわけです。

02.
ただし、シジミに含まれる量は
ごくごくわずか……

df319ff19917180373cda602037881e9ea356402f

ただし、オルニチンを多く含むと言われているシジミでも、100g(約35個)にたった10.7mg〜15.3mg程度しか含まれていないと言われています。つまり、食事でこのオルニチンを摂取するのは、とても難しいということ。

ちなみにオルニチンの1日の摂取目安は、一説には400mg〜800mgと言われています。この数字をみても、シジミだけでオルニチンを摂ることの難しさがわかります。

03.
医薬品原料メーカーによる
サプリなら、一粒にシジミ300個分!

123_305188400

オルニチンを効率的に摂るために、医薬品原料メーカーが開発したのが『協和発酵バイオのオルニチン』です。このサプリメントは、一粒にシジミ300個分のオルニチンが含まれているというスグレモノ。

同社はオルニチンの研究に力を入れていることでも知られており、昨年はテレビCMでも良く見かけましたよね

朝食にシジミの味噌汁もいいですが、すでに150万人が体験したという大ヒットサプリメント『協和発酵バイオのオルニチン』も試してみる価値がありそうです!

btn_moist_160124_03

Sponsored by 協和発酵バイオ

定期購買するギフトボックス。毎月なにが届くかわからない楽しみは、女性だけのもの。そんな節が正直どこかに。でも、それが男性をターゲットにした朝食や酒のつまみ...
1月といえば新年会、新年会といえばお酒。忘年会シーズンに引き続き、飲み過ぎが続いている…なんてことはありませんか?お酒を飲んでいると、新年を迎えて「今年こ...
愛想づかしも金からおきる──、なんてことわざもあるように人の縁に金銭問題が少なからず影響を及ぼすことは言うに及ばず。では、「お酒」はどうでしょう?こと恋愛...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
仕事がうまくいかない。恋人にフラレてしまった。生きていれば、良くないことが一つや二つ、起きてくるもんだ。そして悪いことって大抵重なって起こる。それでも僕た...
今やコンビニでもどれにしようか選べるまでになったクラフトビール。もちろんこの夏もクラフト熱は冷めやらない。キンキンに冷えたビールも確かにうまい。けれど、今...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに据え、「地方と食」にフィーチャーした様々なプロジェクトを展開する「DINING OUT(ダイニング・アウト)」...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
クエンティン・タランティーノ監督作品『イングロリアス・バスターズ』で、世界的な脚光を浴びた女優メラニー・ロランは、近年監督業でも注目されている。彼女が、俳...
週に2回以上はお酒を飲んでいるという人に目を通してほしい記事を「Elite Daily」で発見しました。それは、ライターのLauren Kroetschさ...
ときには心の癒しとなり、ときにはコミュニケーションを円滑にしてくれる、お酒。1万年以上の歴史を誇るだけあって、文化的にも重要な存在であることは言うまでもあ...
賑やかなジャズの生演奏に、フランスやスペイン植民地時代の名残を残す建築、バーガーやピザとはまったく異なる独特の食文化といった、ユニークな文化要素で有名なア...
暑い夏の定番カクテルといえば、キンキンに冷えた「モヒート」をおいて他にありません。ライムとミントの爽快な味わいは、この上ないベストマッチングですが、ライム...
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...
非常に真面目に醸された、“遊び心のある日本酒”が話題になっています。そのボトルには、お酒には似つかわしくない「メガネ専用」の文字。これって一体、どういうこ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...