#ノーパンツデー 下着姿のセクシーな集団がNYの地下鉄をジャック

ええっ、NYの地下鉄で
全員パンツ!?

2016年1月10日、NYの地下鉄に突如、ズボンやスカートを身につけずパンツ姿の集団が現れた。外は真冬の寒さ。寒くない訳がないし、履き忘れて家を出ちゃった!?なんてことももちろんない。彼らは、パンツ姿で地下鉄に乗車するため、脱ぎたくて脱いだ“ノーパンツ族”。

実はこれ、今年で15年目を迎える「ノーパンツデー」なるイベントなのだ。蛇足だが、ここで言うところの“ノーパンツ”は、下半身に下着のみ着用するという意味合い。

世界25カ国、60都市で開催
数万人が“ノーパンツ”の一日

774cfcf0f2ddf8c26a567bd2e4183f4e6cac3784

意味不明のおバカなイベントは、すでに今年で15回目と意外にも歴史が古い。もともと、2002年にNYのいたずら集団「Improv Everywhere」7人のグループが、パンツ姿で地下鉄に乗るパフォーマンスを開始したのが始まりだ。

こう聞くと、何かのチャリティー活動と思いたくなる。が…実際、何の関係もなく、純粋にただのおふざけを楽しんでいるだけ。

D48cb07f5d8b859975ed060ca5bf576c1da70d0f

ところが、そのバカバカしさとお祭り騒ぎが一挙に伝播し、なんと今年は世界25カ国、60以上の都市で「ノーパンツデー」が同時開催されたそうだ。発祥の地NYでは、約4,000人が7つの会場に分かれて参加。NY市地下鉄の11ラインをジャックした。

6b05d6bda046106eccee111e9db55b3b9de9c2f7

突然、車内でズボンを脱ぎ出す参加者たち。

9bf548779690d15f49f4aaf2896ab0025c88f8a1

「一体、何が始まったんだ?」事情を知らない、いぶかしげな表情の乗客。

3385316761e3b8a6e0be981f173a3ff0c8f12093

ドアが開いた瞬間、下着姿の集団がドドド…。これだけノーパンツ族がいれば、もはや恥ずかしさなんて皆無だろう。

62264590575dd12e530e7c93b027483db9b5779b

そのまま出口へ。

F8eab70f2f4d73f0fdbecfbb0eb2e350258292fb

小さい子どもだって(笑)。

5872e19281c0153af1b6133486618de97c3fb549

こんな格好してたって、警察官も素通り。
裸で公共交通機関に乗車することは、法律で禁じられているが、どこにもズボンを着用していなければならないとは、明記されていない。と「Washington Post」までが、ノーパンツデーを大々的に報じる寛容さ。アメリカって、どこまでも面白い!

ウソ!?日本でも…

3cf509452542efc2877b9fe4462b37f5e6494538

なんとなんと、ノーパン族は東京にも!?もしかしたら、1月10日こんな下半身あらわの集団を目にしていたかも?

「我こそは!」という皆さん、来年に向けて下半身のシェイプアップに励んでおこう。

Reference:Washington Post
Licensed material used with permission by ImprovEverywhere.com
ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催さ...
マット・ボルチマーは「eCUSSIONIST」を名乗るドラマー。最近NYを騒がせているお祭り兄ちゃんです。名まえにも現れている通り、エレクトロとパーカッシ...
ニューヨークを舞台にImprovEverywhere.comによって企画されたのは、地下鉄で友人のサプライズ誕生日パーティーを開こうというもの。ある女性は...
NYを走る地下鉄に出現したのは、図書館風にデコレーションされたラッピング車両。移動中も無料Wi-Fiに接続すれば、図書館の本をバーチャルで閲覧することがで...
誰だって人に言えない、だけど本当は人に聞いてほしい悩みを持っているもの。ニューヨークの小学生、Ciroくんもそんな悩みを抱えていた経験があるそうです。11...
バレンタインデーの日。NYの地下鉄でちょっと嬉しいサプライズがありました。女性が意中の相手にチョコを渡すのとは、また一味違ったドキドキ感と幸せがここに。ご...
アメリカ最古の蒸留酒製造所を持ち、2016年には150周年を迎えたアメリカン・ウイスキーの代表格「ジャック ダニエル」。ボリューム感のある四角いボトルに満...
このおじさんの声と表情に注目して欲しいのです。これまでどんな人生を送ってきたのかわからないけれど、なにかが伝わってきて胸を打つ。トリハダものの美声の持ち主...
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
舞台はマンハッタン、女性は帰宅途中に地下鉄の構内で、線路に突き落とす殺人現場を目撃してしまった。この瞬間を境に、彼女の日常に深く根を下ろしたのは、想像を絶...
イギリスのランジェリーブランド「Bluebella」の下着を身に纏って撮影に臨む3人の女性。カメラを前に少し緊張した面持ちですが、それもそのはず。彼女たち...
集団行動がパフォーマンス?と思う人も多いかも知れません。が、YouTubeでは毎年話題!文字通り集団で行動することを指しますが、厳しい訓練のもと、針の穴に...
1930年から70年頃にかけて閉鎖されていったパリの地下鉄のホームの数々。どれも歴史の深い建造物ばかりのようですが、閉鎖されたままにしておいたらもったいな...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
高校生が制作した、乗車マナーの向上を呼びかけるポスターが、ちょっとした話題を呼んでいます。“学生目線”で大人のマナーを指摘するその内容は、的を得ていて深く...
誰もいないニューヨークの街が、水に浸かっている。これは、地球温暖化の進行により、NYが街ごと浸水してしまった場合をシミュレーションした映像だ。もちろんこれ...
NYの女性デザイナー2名が始めた「Nightwood Ny」は、街を徘徊して家具や木材、織物などの廃品を拾い集め、修理したりつくり直して販売しています。口...
ニューヨークの街並みに現れる色とりどりの花。何だろうと近づいてみると…なんと、ゴミ箱。街の風景に、文字通り「花を添えた」のは、NYのフラワーデザイナー、L...
地上200メートルのビルでキャンプができるようになるーー。そんなわくわくするコンセプトが発表されました。環境に応じて中の温度を調節してくれる、セイルボート...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...