#ノーパンツデー 下着姿のセクシーな集団がNYの地下鉄をジャック

ええっ、NYの地下鉄で
全員パンツ!?

2016年1月10日、NYの地下鉄に突如、ズボンやスカートを身につけずパンツ姿の集団が現れた。外は真冬の寒さ。寒くない訳がないし、履き忘れて家を出ちゃった!?なんてことももちろんない。彼らは、パンツ姿で地下鉄に乗車するため、脱ぎたくて脱いだ“ノーパンツ族”。

実はこれ、今年で15年目を迎える「ノーパンツデー」なるイベントなのだ。蛇足だが、ここで言うところの“ノーパンツ”は、下半身に下着のみ着用するという意味合い。

世界25カ国、60都市で開催
数万人が“ノーパンツ”の一日

Medium 774cfcf0f2ddf8c26a567bd2e4183f4e6cac3784

意味不明のおバカなイベントは、すでに今年で15回目と意外にも歴史が古い。もともと、2002年にNYのいたずら集団「Improv Everywhere」7人のグループが、パンツ姿で地下鉄に乗るパフォーマンスを開始したのが始まりだ。

こう聞くと、何かのチャリティー活動と思いたくなる。が…実際、何の関係もなく、純粋にただのおふざけを楽しんでいるだけ。

Medium d48cb07f5d8b859975ed060ca5bf576c1da70d0f

ところが、そのバカバカしさとお祭り騒ぎが一挙に伝播し、なんと今年は世界25カ国、60以上の都市で「ノーパンツデー」が同時開催されたそうだ。発祥の地NYでは、約4,000人が7つの会場に分かれて参加。NY市地下鉄の11ラインをジャックした。

Medium 6b05d6bda046106eccee111e9db55b3b9de9c2f7

突然、車内でズボンを脱ぎ出す参加者たち。

Medium 9bf548779690d15f49f4aaf2896ab0025c88f8a1

「一体、何が始まったんだ?」事情を知らない、いぶかしげな表情の乗客。

3385316761e3b8a6e0be981f173a3ff0c8f12093

ドアが開いた瞬間、下着姿の集団がドドド…。これだけノーパンツ族がいれば、もはや恥ずかしさなんて皆無だろう。

Medium 62264590575dd12e530e7c93b027483db9b5779b

そのまま出口へ。

Medium f8eab70f2f4d73f0fdbecfbb0eb2e350258292fb

小さい子どもだって(笑)。

5872e19281c0153af1b6133486618de97c3fb549

こんな格好してたって、警察官も素通り。
裸で公共交通機関に乗車することは、法律で禁じられているが、どこにもズボンを着用していなければならないとは、明記されていない。と「Washington Post」までが、ノーパンツデーを大々的に報じる寛容さ。アメリカって、どこまでも面白い!

ウソ!?日本でも…

Medium 3cf509452542efc2877b9fe4462b37f5e6494538

なんとなんと、ノーパン族は東京にも!?もしかしたら、1月10日こんな下半身あらわの集団を目にしていたかも?

「我こそは!」という皆さん、来年に向けて下半身のシェイプアップに励んでおこう。

Reference:Washington Post
Licensed material used with permission by ImprovEverywhere.com
マット・ボルチマーは「eCUSSIONIST」を名乗るドラマー。最近NYを騒がせているお祭り兄ちゃんです。名まえにも現れている通り、エレクトロとパーカッシ...
誰だって人に言えない、だけど本当は人に聞いてほしい悩みを持っているもの。ニューヨークの小学生、Ciroくんもそんな悩みを抱えていた経験があるそうです。11...
バレンタインデーの日。NYの地下鉄でちょっと嬉しいサプライズがありました。女性が意中の相手にチョコを渡すのとは、また一味違ったドキドキ感と幸せがここに。ご...
このおじさんの声と表情に注目して欲しいのです。これまでどんな人生を送ってきたのかわからないけれど、なにかが伝わってきて胸を打つ。トリハダものの美声の持ち主...
1930年から70年頃にかけて閉鎖されていったパリの地下鉄のホームの数々。どれも歴史の深い建造物ばかりのようですが、閉鎖されたままにしておいたらもったいな...
イギリスのランジェリーブランド「Bluebella」の下着を身に纏って撮影に臨む3人の女性。カメラを前に少し緊張した面持ちですが、それもそのはず。彼女たち...
集団行動がパフォーマンス?と思う人も多いかも知れません。が、YouTubeでは毎年話題!文字通り集団で行動することを指しますが、厳しい訓練のもと、針の穴に...
高校生が制作した、乗車マナーの向上を呼びかけるポスターが、ちょっとした話題を呼んでいます。“学生目線”で大人のマナーを指摘するその内容は、的を得ていて深く...
NYの女性デザイナー2名が始めた「Nightwood Ny」は、街を徘徊して家具や木材、織物などの廃品を拾い集め、修理したりつくり直して販売しています。口...
地上200メートルのビルでキャンプができるようになるーー。そんなわくわくするコンセプトが発表されました。環境に応じて中の温度を調節してくれる、セイルボート...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
いま、健康に意識の高いニューヨーカーたちの間で、大ヒットとなっている商品があります。それがこの、サー・ケンジントンの「アボカドマヨネーズ」。そう聞いて「ア...
この方法を試しているのは、小学校3年生に算数を教えているAlycia Zimmerman先生。計算を教えるための道具としてレゴを使っているそうです。とても...
所狭しと高層ビルが立ち並ぶ摩天楼「NY」。そんな街で暮らすニューヨーカーたちの憩いの場「セントラルパーク」に、仰天のコンセプトデザインが提案されました。「...
月給の何倍ものお金をハイブランドファッションに賭し、エレガントに街を歩くーー。そうして精神的に豊かでいることや平和の大切さを謳う集団「サプール」。「服を汚...
アメリカのドラマや映画を見ていると、たとえば失恋・失業などの精神的ダメージを癒やす特効薬として、バケツサイズのアイスなんかがよく出てきます。登場人物が堕落...
「彼女にするなら、おもしろい女の子がいい」という記事が「Elite Daily」で話題を呼びました。外見や女の子らしさ、だけで判断するんじゃなく、みんなを...
ここは、スイス第3の都市バーゼル。毎年、世界最大の現代アートフェアが開催されるなど、同国の中でも知名度の高い街と言っていいでしょう。実は最近、その街中にピ...
2015年以来、女性の美の基準が変わり始めている。その代表例が「プラスサイズ」。すべての女性の体型を公平に扱おうという動きは、欧米のアパレル業界やメディア...
大寒波が日本列島を襲った2016年1月下旬、同じく記録的な寒波で大雪に見舞われていたのがアメリカNY。二日間降り続いた雪は、セントラルパークでじつに積雪6...