代替エネルギーは台風!世界初「プロペラのない風力発電機」を町工場が開発

東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。それも圧倒的なエネルギーを短期間でもたらす「台風」を利用する。

東京・下町の町工場から
世界初「台風発電」への挑戦

その人物こそが、「株式会社チャレナジー」の代表・清水敦史氏だ。東京都墨田区に拠点を置く、研究開発型のものづくりスタートアップ企業は、世界初となるプロペラのない次世代型の「風力発電機」の実用化に向けて、町工場(株式会社浜野製作所)と共同で試作機開発や実験を行っている。地熱や太陽光が生み出すエネルギー資源量と比較しても、圧倒的な量を誇るのが風力発電だ。

Medium fde0f022a59e65878a10184ba10bb7b471f51db9

まずは、このグラフに注目。
赤は地熱発電、黄色は太陽光発電を示している。陸上風力だけでも太陽光の約2倍、洋上ならば約10倍近いエネルギー資源を得ることが、理論上は可能な計算になる。

そもそも風力発電といえば、大きな風車型の発電機が一般的。日本各地に設置されたプロペラがそれだ。ところが、株式会社チャレナジーによると、こうした発電機は台風による強風があだとなりプロペラが変形、折れ曲がるなどの故障の危険性があるため、台風接近時には運転を停止する必要があるのだそう。

大型の台風のエネルギーは、日本の総発電量の約50年分に相当する(国土交通省中部地方整備局調べ)というのに、エネルギー源となる台風がどれだけやって来ても、そのパワーを得ることができなかった。

プロペラのない発電機

Medium db92544437093d19655f9baf311e6c319202fef2

「原因はあの大きなプロペラにある」

清水氏は、そこにイノベーションの必要性を感じた。そして、プロペラではなく、円筒を気流の中で自転させた時に発生する「マグナス効果」に着目した。

つまり、サッカーの「ブレ球」や野球の「ナックルボール」のように、空気抵抗を受けることで、回転方向に沿った空気の流れが発生し、物体の軌道が曲がる効果だ。

この、マグナス効果を応用して、世界初の実用化を目指しているのが「垂直型マグナス風力発電機」。舌を噛みそうな名まえだけど、次世代風力発電のカギを握る装置だ。清水氏によれば、プロペラ式と比較しても、安全性の向上、低コスト化、静音化が期待できる。そして、理論上は大型台風等の強風下でも、発電可能だ。

台風でも「壊れない」から
台風でも「発電できる」へ

Medium 98fa478096f76cb11db3551499bb224a7f4bb5d3

試作機での屋内テストを繰り返し、いよいよ2016年夏、沖縄県南城市でフィールドテストを実施予定。試作品はおよそ直径3メートル四方。台風を受け、発電量などのデータを得ることで、さらに大型の量産機の開発を目指す。

既存のプロペラ式風力発電機でも、台風時に壊れないものはある。が、真のエネルギーシフトを可能にするためには「発電できる」ことが、イノベーションを起こすための絶対条件。さらに、この実験を成功させ、台風の通り道に暮らす、東南アジアの無電化地域を電化することも目標のひとつだ。

クラウドファンディングサイト「Makuake」にはこんなメッセージがある。

「脱原発を模索し次の世代に持続可能な社会への道筋を示すことは、私たちの世代の責務です」。

「目標金額に達しない場合でも、台風発電の実証実験は実施します」。

下町から世界へ、町工場の挑戦はまだ始まったばかりだ。

Licensed material used with permission by Makuake
どんな場所にも持ち運びのできる“モバイル風力発電機”が、Kickstarterで出資を募っています。災害時や旅行の際にも大活躍の発電機「Trinity 5...
持続可能なエネルギー社会の実現は、21世紀を生きる私たちにとっての至上命題。官民一体となっての代替エネルギー開発が進んでいます。環境にやさしいことは、まず...
これまでネガティブな印象しかなかった「貧乏ゆすり」を、まさかの逆利用で発電させてしまう、画期的な椅子が登場。あの無意識のストレス発散が、周囲の人にもエネル...
震災などの影響もあり、環境に配慮したアイテムを好む人たちの間では、「ちょっとオシャレな発電器」のブームが続いています。パーソナルなソーラーパネルや、手回し...
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
「Lucid Energy」が開発した発電システムは、インフラのひとつ「水道管」にタービン発電機を設置したもの。流れる水の力で発電できる。しかも、水質セン...
英ウェールズ南部のスウォンジー湾で進んでいる「人工ラグーン」プロジェクトを知っていますか?それによると、潮力エネルギーによって155,000世帯の電力を生...
再生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそ...
再生可能エネルギーで生活できる街をつくろう。という計画は、実験段階ではあれど世界中で始まりつつあります。フロリダ・フォートマイヤーズもそのひとつ。エジソン...
将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。まさに...
経済産業省の発表によると、日本における太陽電池生産額は約1兆円マーケット。民家の屋根にパネルを設置している風景も目新しいものではなくなりましたよね。小型、...
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
塩と水の化学反応で発電し、デバイスの充電ができる!と話題なのが、モバイルチャージャー「JAQ」。残念ながら、自分で塩水を注いで無限に充電できるというわけで...
高架橋の柱と柱の間に見える時計の針のようなものがついたいくつもの丸い穴。かなり奇抜なデザインだが、それだけではない。その機能性に注目だ。「Solar Wi...
米・企業「SolarWindow Technologies, Inc」が開発しているのは、建物の窓ガラスが太陽光発電できるパネルになる優れもの。その見た目...
買い物もできて、位置情報も確認して、SNSをチェックもすれば、サクサク動画も見れてしまう。一日中フル稼動するスマホの充電、そりゃどんどんなくなるワケだ。だ...
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
会期を1日延長して、どうにか採択を迎えたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締結国会議)。アメリカ、中国、インドなどを含めた196カ国が温室効果ガス削...
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
2015年9月16日。スウェーデン政府は翌年の再利用可能エネルギー開発費に、45億クローネ(およそ650億円)の投資を予定していると発表しました。最終的に...