【注文殺到】宙に浮かぶ盆栽「Air Bonsai」が大人気のワケ

近年、日本よりも世界での注目度が高い盆栽。身近なインテリアや芸術作品として、自然を凝縮した「BONSAI」に傾倒する外国人が急増。そんな彼らでなくても、「これは欲しい!」と叫びたくなる盆栽が「Kickstarter」に登場。まさか、宙に浮くなんて…。

この盆栽、
本当に浮いている

5c2f5025b5f1e69848268f458c94ff58a3b09914

まずは、じっくり見てください。
苔玉に植わったハゼの木が、くるくると回転しながら表情を変えていきます。しかも、台座からほんの数センチではあるものの、しっかりと宙に浮いているではありませんか!ネーミングもそのまま「Air Bonsai」。

ひとつの鉢に“自然”を閉じ込める空間芸術。枝ぶりひとつで表情をつくり出し、世界観を演出するあの盆栽が、いよいよ宙に浮く時代がやって来た!?

秘密は「磁気」による反発力

Medium a2ecbbd4c14bc3fe5e3e5cbf9f203c30984dce734ebc498104f46a908e6c953a0678c4227ff6fa73

仕掛けはいたって簡単。この台座と「苔玉」や「軽石」の中にはそれぞれマグネットが仕込まれていて、互いに反発する力が宙に浮く秘密。台座の上でそっと手を離せば…ご覧のとおり、ゆらゆらふんわり盆栽がゆっくり回転を始めます。

生ける木々の量や重さによって回転スピードが微妙に変わる、世界に一つだけの浮遊盆栽。こんな奇想天外で斬新なアイデアを思いついたのは…なんとこれ「Made In Japan」の製品でした。

台座は伊万里焼製。
九州の文化が凝縮

Medium f24a3fefdb9f621f8286b509ada7175d3d2b976bMedium bb8f562023320d4794c4ec5a197ffb33e084ac96

Air Bonsaiの開発メーカー「Hoshinchu Air Bonsai Garden」は、九州に拠点を置く企業です。この商品、たしかにアイデア勝ちではあるものの、そのコンセプトはまさに九州の伝統文化を凝縮したもの。

たとえば、マグネットを入れた台座は、佐賀県の伊万里焼窯で1点ずつ焼き上げたもの。軽石は、鹿児島県の桜島から産出したものをくり抜いて鉢にするこだわりよう。

自分で「生けて愛でる」楽しみ

Medium ef0106861e9b71c5c2cef074b6a4b31892e70fb8

Air Bonsaiもうひとつの楽しみ。それが、自分で「草木を生けて愛でる」ことができる、DIYキットであるということ。専門の知識がなくても、花瓶に花を生けるイメージで手軽に四季折々の植物を生けることができる。この盆栽カルチャーを誰でも気軽に体験できるのが、Air Bonsaiの良さなのかもしれませんね。

36bae6b0820fa9cb34f073d927e582a28cf518a2

苔玉が付いた「ベーシックセット」は200ドル(約24,000円)。伊万里焼の「ハンドメイドセット」は500ドル(約60,000円)から。既に目標額を500%も超える出資が集まったAir Bonsai。手作りの浮遊感を楽しめる日も、そう遠くないはず!

Licensed material used with permission by Hoshinchu Air Bonsai Garden
自然の風景の断片を切り抜き、鉢の中に閉じ込める盆栽。ハサミを手に、難しそうな顔つきで剪定する“年配者の趣味”くらいにしか思っていないかもしれませんが、近年...
作品は、日本人アーティストの相羽高徳氏によるもの。海外では「Bonsai Tree House」とも呼ばれて話題になりました。盆栽模型とジオラマが組み合わ...
パスタやカルパッチョ、アヒージョなど、イタリアンやスペイン料理に使われることが多いオリーブオイル。各国の料理に頻用されていることからわかるように、オリーブ...
伊勢の源流にたたずむ三重県・大台町。野鳥やシカが住む里山、カジカガエルの鳴き声が響く川、ほかでは見られない風景がここにはあります。 しかし今、近代化の流れ...
ジェットスキーヤーのフランク・サパタ氏が考案し、GoogleのCMでも話題となった、水噴射圧を利用して水上を飛んだりはねたり。あのフライボードの進化版とも...
ゲストを驚かせるにはもってこい。こんなふうに目の前に置かれたら「えっ!」と声が出ちゃいそう。なんで倒れないか不思議ですよね。クアンタムロッキングという複雑...
現代で花見といえば、もちろん桜。しかし、約1000年前に愛でられていたのは梅なんです。和歌でも数多く詠まれるなど、早春の花として認知されていますね。そん...
あなたの部屋には観葉植物がありますか?「ない」と答えた人の理由としては、「育てるのが難しそう」「どんな種類を買えばいいのかわからない」といったものが多いは...
空気が読めない人、身の回りにいませんか?全く、一体どういう神経をしてるんだ!…と思うこともあるでしょう。ここでは、そんなときに役立つ空気が読めない人の特徴...
アンチエイジングや生活習慣病予防など、健康効果も注目され日本に定着したオリーブオイル。ですが、生産量となるとどうでしょう?日本のオリーブオイル消費量は年間...
深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...
ここで紹介するのは、クロワッサンとマフィンを掛け合わせたハイブリッドスイーツ、その名も「クラフィン」!クロワッサン×ドーナツから成る、ニューヨーク発のクロ...
近い将来、ストリートダンスが日本のお家芸になるかもしれません。2015年8月19日、アメリカ・ロサンゼルスで行われた世界規模のダンス大会「World of...
ベルリンに、長蛇の列をつくっているお騒がせな“ハコ”があるとか。ただし、一度に入れるのはほんの数人だけ。え!一体どんなノリなの?その名も「teledisc...
NYの女性デザイナー2名が始めた「Nightwood Ny」は、街を徘徊して家具や木材、織物などの廃品を拾い集め、修理したりつくり直して販売しています。口...
もう3年も前に公開された動画だから、あまり新鮮味はないかもしれない。だけど、夏の終わりが訪れると、なぜだか思い出したようにまた見たくなる大好きな動画です。...
モロッカン陶器ができるまで幾何学模様の組み合わせでできたゼリージュや鮮やかな色……日本でも人気の高いモロッカン陶器。フェスは陶器の代表的な産地だ。「フェス...
いつもどおりの賑わいを見せる店内に現れたひとりの男性。彼はレジの横にラジカセをドンと置き、BGMに合わせながら注文を開始した。今回このドッキリに参加したの...
マンハッタンにある繁華街、ノリータ(North of Little Italy)は、ニューヨークで暮らすミュージシャンやモデルたちに愛されているエリア。そ...
ビールを飲みたいけど、カラダを鍛えているからちょっと控え中。そんな方に朗報です。米でいま話題になっているのは、プロテインが入っているビール「Supplem...