つけるだけで、旅を感じられる「マクラメ編み」ってナニ?

レース編みの一種としても知られ、最近は国内でもおしゃれなアクセサリーや装飾品として親しまれている、人気の「マクラメ編み」。身近なものとしては、ミサンガやペンダントトップなどがありますよね。知れば知るほど奥が深いマクラメ編みのルーツ・歴史をたどり、旅ロマンがあふれる魅力に接してみませんか?

マクラメ編みのルーツ!中東〜ヨーロッパと伝わった歴史

362473232

マクラメ編み発祥の地は、具体的な地名ははっきりとは分かっていませんが、中世の時代に繁栄していたイスラム文化圏で、7世紀か8世紀ごろ、ラクダの鞍や袋に付けられていた飾り房がルーツだと言われています。

もともと「マクラメ」という言葉は、アラビア語の「格子編み」を意味する「ムカラム(macrame)」に端を発していると言われており、当時のアラビア人の手によって、イタリアやスペインを中心にマクラメ編みを施した装飾品が伝えられたそうです。
その後はヨーロッパの各地域にて、それぞれ独自の文化と融合しながら発展をとげ、おもに寺院の装飾品や僧侶の衣服、各種房飾りとして大切に受け継がれていきました。

さらに、15世紀から17世紀半ばの大航海時代になると、大勢の人々や物の往来が活発になったことにより、マクラメ編みを施した美しい品々がヨーロッパからアメリカやカナダ、南米といった諸外国に時の経過とともに広がっていたと伝えられています。イタリアのジェノバからアメリカへ、スペインからメキシコへ、フランスからカナダへ・・・といったように。18世紀になると、ヴィクトリア王朝時代を迎えたイギリスでは、王妃や宮廷で流行し、マクラメ編みの装飾品を身につけることが、貴婦人としてのたしなみと考えられていたようです。

日本国内においても、マクラメ編みの影響を感じられる至宝として、国宝・正倉院に収められている聖武天皇の「結び紐」のほか、鎧や馬の鞍などが挙げられます。さらに、茶道の御道具や神聖な儀式を執り行う神輿などにも広がりを見せ、祇園祭りの豪華絢爛な飾り幕に付されている房飾りなどは有名どころのひとつです。

繊細で美しい!マクラメ編みの種類とアクセサリー

264639161

マクラメ編みの種類は数多くありますが、基本的なものとしては、「平結び」、「ねじり結び」、「つゆ結び」の3種類が挙げられます。

なかでも、「平結び」は、もっとも一般的な編み方で、左右のひもを交互に編み合わせていき、平らなベルト状の仕上がりになる編み方です。芯の太さによって編み上がりが細いものから太いものまで、バリエーションに富んでいます。
「ねじり結び」は、基本的な編み方が「平結び」と似ており、らせん状になったねじれ模様が特徴的です。
「つゆ結び」は、小さい結び目を作りながら、2本のひもを結んでいく方法で、ひもの編みはじめの部分や、和風のアクセサリーや装飾品にもよく使われています。
さらに、中級から上級の編み方として知られるものが、天然石などを包み込むフレームを作れる「タッチング結び」や、厚みがある独創的な柄を作ることができる「巻き結び」などです。

マクラメ編みを使ったアクセサリーとしては、ネックレスやブレスレット、ピアスや指輪などが代表的なものとして挙げられます。組み合わせられている天然石やビーズの種類によってもその値段はまちまちですが、だいたい数千円から1万円前後のものが多いようです。最近は、ベルトやバッグ、ショールやストールなどにもマクラメ編みが取り入れられているものも多く、自分なりのファッションコーディネートを演出してくれるおしゃれアイテムのひとつとして重宝しますね。

自分で作ってみよう!マクラメ編みをマスターする方法

00622446

基本的に細いひも状になっていて、結ぶことができる長さのものがあれば、どんなものもマクラメ編みの材料となりえますので、基本の編み方をマスターして、オリジナルのアクセサリー作りやインテリアコーディネートに役立ててみませんか。

自分の都合に合わせて気軽に習ってみたいという方は、地元のカルチャースクールや手芸店などが主催しているワークショップに顔を出してみるのもおすすめです。
たとえば、編みものなどで有名なスクール「ヴォーグ学園」は、「マクラメ講師」によるマクラメ編みアクセサリーを製作するコースを設けていますので、公式ウェブサイトをチェックしてみるのもひとつです。
さらに、趣味の領域では飽き足らず、本格的にマクラメ編みをマスターしてみたい方は、約20年以上の活動歴を持つ「日本マクラメ普及協会」主催の研究会や講習会に参加したり、「マクラメアクセサリースクール」で、マクラメ講師の認定講座を受講し、資格を得ることもできますよ。

マクラメ編みの歴史や背景を知り、それらを取り入れた芸術品やアクセサリーを見るだけで、壮大なロマンを感じますよね。どことなく異国情緒を感じさせるマクラメアクセサリーを積極的に取り入れて、なにげない日常の中にも、ふと旅気分を感じられるひとときを楽しんでみませんか。

西オーストラリア・パースに暮らすライターCamha Pham氏は、ヨーロッパを単独で旅した経験の持ち主。当時、彼女には付き合っていた彼氏がいました。でも、...
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい目を持つことにある」ーマルセル・プルースト(作家)旅に出る前と帰ってきたあとを比べて、自分が「ちょっ...
今すぐ旅に出たい。じゃあ、日々の仕事や生活を放り出してでも、それを叶えることができるか?と問われれば、なかなか叶えられるものじゃありません。それでも、旅の...
青木優 Yu Aoki現在、明治大学5年生の青木優さん。2011年大学4年生の時に大学を休学し、Facebook、TwitterなどのSNS(ソーシャルネ...
他の人よりも明らかに旅をしている機会が多い人がいます。彼らを称して、“旅好き”とカテゴライズしてしまうのは早計。なぜなら、それは単なる欲求ではなく、遺伝子...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
アンナ・フレンチは、数年間パートナーがいないまま旅をしていた女性。異国の地に初めて足を踏み入れると、今までに気をつかっていたことがバカみたいに思えるほどの...
海外への一人旅はあなたを大きく成長させてくれるもの。とはいえ女性の場合、男性にはない危険を伴うのも事実ですよね。そこで旅好きの女性ライターIzabella...
あなたが今すぐにでも旅に出た方が良い理由を、Elite Dailyのライターが自身の経験から綴っている。今回は彼の経験談から、その理由を紹介する。「1年間...
猫を連れた女性の旅、と聞いて思い出すのは『魔女の宅急便』。キキとジジは空を飛んでいましたが、ここで紹介するのは「海」を旅するリジィと愛猫アメリアです。小さ...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
2016年4月23日(土)から『Volez, Voguez,Voyagez - Louis Vuitton (空へ、海へ、彼方へ ── 旅するルイ・ヴィ...
女子旅の必需品として、おしゃれよりも重要なものがあるとしたら?「Elite Daily」女性ライターCharlotte Barron氏が、世界各地を旅する...
01.意外な万能選手「ブラックドレス」は1着あれば着回しが効く!ハイエンドなスポットに行く予定のない旅でも、何が起きるかわかりません。クラブに行く時、パー...
「編み込み」好きが高じて研究に研究を重ねた結果、もはや趣味の域を超えアートとしか言いようのないヘアアレンジを、毎朝ひとり娘に施すママがいます。まずは、いく...
安藤 美冬/Mifuyu Ando1980年生まれ、東京育ち。慶應義塾大学卒業後、集英社を経て現職。ソーシャルメディアでの発信を駆使し、肩書や専門領域にと...
あなたの周りにいる旅好き女子。もし、今パートナーがいないのであれば大チャンスかも!?ライターKimberley Chan氏がまとめた記事によると、彼女たち...
ビー玉のような実がついた、どんぐりモチーフのアクセサリー。かさの部分は本物のどんぐりが使用されていて、「レジン」と呼ばれる透明樹脂で出来た実の部分には、本...
小野美由紀( @MiUKi_None )ライター。朝日新聞出版「AERA」、観光庁運営の旅行情報サイト「VISITJAPAN」、ウェブマガジン「ジセダイ」...