虜になるセレブが続出!丁寧なおもてなしで話題のファッションEC『Farfetch』がすごい

ECなのに、リアルに
ショップで買った気分!
オリジナルの梱包で届く
特別なショッピング体験

ラグジュアリーなお店でワンランク上のアイテムを手に入れたときのワクワク感。今、ECでありながら、そのワクワク感を存分に味わえるファッションサイトがあるのをご存知ですか?

今回、実際そのファッションECでショッピングをしてみました。購入したのはTシャツやパンツ、スニーカーなど全部で6品。注文完了から5日、遠くのものでははるばるイタリアから商品が手元に届きました。発送元を考えると予想以上に早かったな、という印象です。

さて、届いた箱を早速オープン!

farfetch_1160225

ご覧の通り、を開けると商品がむき出しで入っている訳ではありませんでした。中から現れたのは商品を取り扱うセレクトショップの梱包。まるでギフトのようにリボンがキレイにかけられているショップもあれば、ラッピングペーパーのデザインが可愛いショップもあります。メッセージカードが入っていたりして、ちょっとした特別感が演出されているのも嬉しいポイントです。

ferfetch_006_160222

やっぱり自分へのご褒美や大切な人へのプレゼントなど特別なアイテムは、ECサイトにありがちな味気ない梱包より、暖かみのあるショップのラッピングで手元に届いた方が気分もアガるというもの。多くのECサイトは商品を倉庫で一括管理していますが、このファッションサイトでは顧客のオーダーが各国のセレクトショップに直接入ります。そのため各ショップは商品にオリジナルのラッピングを施して顧客へ届けられるのです。こんな風にリアルなお店でのショッピングに負けない体験ができるのが、UK生まれのファッションECFarfetchファーフェッチです。この名前を聞いた事がある人は、かなりファッション感度が高いと言えそう。なぜなら、ここはいわゆる普通のECサイトとはひと味もふた味も違うんです。

年間購入額5,000万円超えも!?
ファッション好きを“虜”にする
『Farfetch』

160210_ferfetch_001

160210_ferfetch_009

160210_ferfetch_016

『Farfetch』のユニークなところは、サイトにただ商品が並んでいるのではなく、「セレクトショップが出店している」というところ。それも、世界のファッション好きが旅先の街で真っ先に足を運ぶような、厳選されたセレクトショップのみを掲載しています。現在、ニューヨーク、パリ、ミラノなどの都市でトレンドの最先端を行くセレクトショップがこぞって出店を希望しており、『Farfetch』への出店が一種のステータスになっている感も。

実際、その審美眼は世界中の洒落者を虜にしており、1回の購入金額が7万円以上なんていう人はザラ。2015年の1回の買い物の最高記録は約850万円(!)だそうです。顧客のなかには、なんと年間5,000万円以上も買い物をするというセレブもいるんだとか。

そのヒミツは彼らの哲学にあるようです。創業者でありCEOのジョゼ・ネヴェスが「ファッションは、触れた時、着た時の高揚感が大切。それを提供するリアル店舗が今後も主役」と語っているように、『Farfetch』はECサイトでありながら、買い物を「スペシャルな体験」と位置づけて、ファッション愛をくすぐるオリジナリティ溢れるサービスを顧客に提供しています。中にはちょっと普通じゃないサービスも……。

世界のセレブも夢中に!
「そこまでやるの!?」な
おもてなし

160210_ferfetch_004
仮にあなたが年間にかなりの額を『Farfetch』で使う顧客だったとしましょう。するとあなたへはVIPサービスの案内が届くかもしれません。そして、すぐに専属のスタイリスト(!)が付くだけでなく、スタイリストに24時間365日いつでもコンタクトを取ることができ、あなたに合った最新のスタイリングを提案してもらえる、といった具合です。

もちろん、これを享受できるのは選ばれし者のみ。ですが、オンラインショッピングの域を超えて、極めてパーソナルで徹底的に上質なサービスを提供する、そのスタンスが世界中でウケているんです。

商品の受け取りは
優雅に地中海のマリーナで!?

「Farfetch流おもてなし」の究極の形として、「Farfetch & Away」があります。このサービスは、バカンスの時期、地中海のマリーナで商品の受け取りを行える、というもの。

ここまでくると、ちょっと想像しにくい世界観ですが、そもそもヨットを所有していないと成り立たない、かなりぶっ飛んだサービスです。自家用ヨットで地中海の港や島々を巡る中、パーティーなど華やかな予定も盛りだくさん。なのに持参したドレスと靴やバッグがイマイチ合わなかったり、どうしても新しい服を着たい気分だったりすると、いつもの便利なオンラインショップが恋しくなる。でも旅先では商品を受け取れないし・・・そんな贅沢な悩みに応えようとする、このぶっ飛び具合こそが世界のセレブたちに愛される所以なんでしょうね。

他の追随を許さない圧倒的なユニークネスで、業界を牽引する『Farfetch』。最近では参加セレクトショップが35カ国、400店舗にまで増えてきており、この春にはビューティーとキッズウェアも始まるそうです。今後ますます目が離せません。

ちなみに、日本では売り切れやすいサイズも海外ショップには在庫があるケースが比較的多いようで、そんなところも密かなオススメポイント。あなたもぜひ、スペシャルなショッピング体験を味わってみて!

btn_ferfetch_160210_02

Sponsored by Farfetch

「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
アン・ハサウェイ、リチャード・ギア、ユアン・マクレガーなど、名だたるセレブ達のポートレート。ただ普通と違うのは、1枚の写真のなかに、まったく違うしぐさの彼...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
CAの仕事ではたくさんのお客様にお会いします。接客に正解はありませんが、相手の方の気持ちを考え、人や場に合った気くばりをすることはとても大切。それはサービ...
好きな人が出来たなら、何とかして相手を自分の虜にしたいと思うのが正直なところです。そんなあなたにピッタリの「恋の駆け引き」方法を紹介しましょう。早速今日か...
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
「Amazonで日本の会社に注文したら、こんな手紙が添えられて届いたよ!」ある日Redditに投稿された、一通の手紙。「日本のおもてなしの心って、やっぱり...
映画やテレビドラマではかなり誇張されていますが、現実社会にも「魔性の女」はいます。それは決して、見た目だけではわかりません。ちょっとした言動から、男性を虜...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
(前回のつづき)。じつは私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国「ブラジル」へ行って来ました。ブラジルの有名なバリスタさんが、日本から来た私をブラジルのコ...
思い返してみると、「ケンタッキーフライドチキン」が手掛ける食以外のプロダクトは、面白いものでたくさん。フレイバーまでこだわったマニキュアがあれば、食欲をそ...
見れば「なーんだ、そういうことね」のひと言で終わってしまう。Photoshopを使ってセレブレティとの合成写真をつくっただけ。でもね、結構しっかりユニゾン...
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
相手の行動を先回りして準備するのはおもてなしの基本。しかし、実は先回りのし過ぎも相手に負担をかけてしまうことがあるのです。ここでは、拙著『「また会いたい!...
「とりあえず丁寧に言っておけばいいだろう」「なんか違うような気もするけど、みんなが使ってるからいいか」こうした考えの人が増えると、過剰敬語や誤用が氾濫する...
マカフィーが公表したリストはアヴリル自身が危険というわけじゃなくて、アヴリルの名前や曲名で検索すると、その検索結果にウイルスに感染する可能性のある危険なサ...
こんにちは。クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」でローカルフードを担当している菅本香菜です。副業では、旅するおむすび屋「むすんでひら...
えっ?と一瞬目を奪われてしまうほどのリアルな人魚の写真・・・。ディズニー映画『リトル・マーメイド』のように海を泳いでみたい!と思ったことがある人は多いかも...
白いプリンに赤いソースが華やかなこのスイーツは、イスラエルの「マラビ」というもの。大切な来客のおもてなしや、祭事につくってみんなで食べる、特別感のあるデザ...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...